« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

書評 『斧・熊・ロッキー山脈』

Ax クリスティーン・バイル著 『斧・熊・ロッキー山脈』 築地書館刊 を読む。
結論から書く。自然に関わる人々のみならず、万人にお勧めする本である。

 著者クリスティーン・バイルは大学で文学を専攻、大学院進学を前にしてカネ目当てのバイト感覚で国立公園の「トレイル」整備作業に従事する。時給12ドル。
 現場作業員、通称「トレイルドッグ」と呼ばれる、早い話が土木作業の荒くれ男たちに囲まれながら、彼女は16年にわたりグレイシャー国立公園、デナリ国立公園で厳しい肉体労働に従事する。本書はその記録である。

 読売新聞の書評では、1万人の子供達に対して体験学習を続けてきたという評者が、「本書は書店の分類的には“ネイチャー物”の書棚に置かれると思うが、まず手に取って欲しいのは頭でっかちの教育者だと思った。」とお書きになっているが、私はそのように思わない。

 本書は「女1人○○」と題して冒険だかビジネスだかで自慢げな行動主義者の自慢話でも、環境保護の啓発本でもない。

 素晴らしい本である。
 斧、チェンソーといった道具について詳細に語られるが、道具だけではなく、その道具を使う人々、その人間関係が描かれていく。
 使い方もおぼつかない著者はやがて斧やチェンソーの名手になり、時を経て後輩達に教える立場になる。
 私自身、土建業の現場作業部門に所属しているため、著者の心境に共感する場面が度々あった。

 繰り返すが、本書は女だてらに肉体労働を続けた自慢話の本ではない。
 大自然の中で、道具や仕事を通じて、その人間模様を繊細に描いた一級のルポルタージュである。

 大自然の中で生きていく。
 そこに人は、特に登山やアウトドアに親しんでいる方なら、憧れを感じるだろう。
 遠藤ケイ氏や高桑信一氏らの著書で、山に生活する人々の姿に憧れを感じる方も多いだろう。
 しかし現実はどうだろう。
 会社に勤め、定期的に給与をもらい、企業に勤めることによって医療保険の庇護も受け、ボーナスももらう。
 そんな安定した生活の、何がいけないのか?

 著者は「トレイルドッグ」という医療保険もない非正規雇用・季節労働、そして大学院でキャリアを積むことの狭間に揺れる姿を正直に記している。単なる自然礼賛ではない、著者の人間味をかいま見る。
 著者は「森の生活」を選んだ。それほどグレーシャー国立公園、デナリ国立公園は素晴らしく、自然の様子と同じように、現場作業に関わる人々も魅力的に描かれている。

 やはりトレイルドッグである婚約者ゲイブと結婚、2人はアラスカに移りデナリ国立公園で働き始める。
 時が経つにつれて部下を率いる立場になり、管理業務も増えてくる。その戸惑いと苛立ちは、企業に勤める読者にとっても大いに共感を呼ぶ情景だろう。

 この本は決して「頭でっかちの教育者」だけに薦めるべき本ではない。
 大自然や道具を巡る人々の姿、先輩と後輩、職場の人間関係を描いているからこそ、自然に関わる人だけでなく一般社会の読者にも強くお勧めできる所以である。

 国立公園という素晴らしいフィールドを生活の場にすることにより、当然アウトドア・アクティビティに触れる機会がある。アラスカに移住した著者はこう喝破する。

『それは、ソフトシェルのジャケットやフロントサスペンション付きの自転車やカービング・スキーが似合う場所もあるけれど、そういうもの自体が自然とのつながりを与えてくれるわけではないということを思い出させてくれた。 (中略) 野外で過ごすことは我慢比べでも娯楽でもなく、生きることそのものだということがわかるまで。』

 現在、著者は国立公園整備の小さなビジネスを経営する傍ら、文筆業を生業としている。
 彼女が16年間にわたり非正規雇用・季節労働者として厳しい肉体労働にあけくれた日々の記録。
 自然を舞台に仕事をしようと目指している若者・人々にとって、本書は背中を押してくれる本ではない。そんな人の心に寄り添ってくれる本であると思う。

 自然や野外活動にたずさわる方、土木作業に関わる方には絶対オススメの本です。

著者クリスティーン・バイルも出演、原著『Dirt Work』のデモ動画がこちら↓

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さよなら、ホグロフス。

Img_05161
モンベル仙台店を訪問。

El
『一着残らず、試着してやる!』
(最近「進撃の巨人」に洗脳されてまして)

 長年にわたり冬のウェアとして使ってきたホグロフスとお別れ。
 以前所属していたガイド団体の御縁でホグロフスを使ってきたが、「私の体型に合わない」という現実はいかんともし難い。
 そもそもゴアテックスの費用対効果に疑問を感じている私。
 今シーズンから、モンベルのリーズナブルなタイプの冬用パンツを使ってみることにする。

 よくタグを見ないまま冬用パンツの「L」サイズを手に試着室に行こうとすると、
 「失礼ですが・・・」
 と中嶋店長がすごく言いづらそうに持ってきたのが「L-S」サイズ。(脚の丈が短いタイプ)

 はいはい、脚が短いことは十分自覚しておりますですよ。

 モンベル仙台の中嶋店長からは、リーズナブルタイプゆえの短所も含め、丁寧に製品の説明をしていただいた。
 レジで会計していると、中嶋店長から
 「今度、山形のイオン天童にモンベルの店できますよ」とも教えていただく。

 というわけで、現在、山形県天童市に建設中の超大型ショッピングセンター「イオンモール山形天童」にモンベル進出予定とのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウトドア、それは愛することを学ぶこと

久々の中国芸能ネタ。

最近は中国のテレビでもアウトドアギアメーカーのCMが放映されています。

昨夏、中国初ともいわれる長編テレビCMが製作され、北京電視台で放映されました。
CMは、既に日本に進出し、徳島県にアンテナショップを開いているアウトドアメーカーKingCamp。

まずは動画をご覧あれ。
(重いことで知られるYOUKUですので、一部スマホユーザーの方はご覧になれません)

CMの日本語訳

父:「ええ、わかりました。」
父:「すぐ会社に戻ります。」
父:「今日、キャンプに行けなくなった。」
父:「ちょっとお婆ちゃんの家に行こう。」
子:「またキャンプに行けないの?」
父:「パパ、急に大事なお客さんと会わなければならないんだ。」
子:「キャンプに行けるんじゃなかったの?」
子:「ママと僕で一週間待ってたのに。」
子:「パパ」
子:「僕は大事なお客さんになれないの?」
子:「お客さんみたいに、毎日一緒にいたい。」
父:「よし、キャンプ行くぞ。」
子:「やったあ、テント張れるぞ。」
父:「今日の会議はキャンセルだ。」
父:「もっと重要な客が待ってるんでね。」
ナレーション
『現実には、忙しさに終わりはありません』
『家族との時間をより多く』
『あなたの人生で家族は最も大切です』
『自然の中へ、家族を連れて行きましょう』
『テントは簡単にたてることができます。』
『大切な人に、あなたの愛情を表現しましょう』
『アウトドア、それは愛することを学ぶこと』

と、こんな寸劇のCMです。
一方、こんなテレビCMも放映されています。
こちらは中国・上海に本社があるアウトドアアパレルメーカーHASKIの2013/14年モデルのCM。

CMの日本語訳
男「 次の駅はどこですか? 」
女「 わからないわ。 」
女「 この先、激しい雨だったなら、 」
女「 あなたは私と行きますか? 」
男「 次の駅は激しい雪 」
男「 気が変わったかい? 」
男「 自分のスタイルを守って 」
女「 全く知らない世界を訪れても 」
男「 スタイルを突き詰める 」
男「 次の駅、あなたはどこに行きますか? 」

 アウトドア(野外活動)で出会う世界を、幻想的な世界になぞらえ、どんな環境下でも自分のスタイルをウェアで確立しようというCM。
 絵画に例えれば、寸劇でアウトドアの魅力を訴えるKingCampのCMは写実派、HASKIのCMは印象派といったところでしょうか。

 アジアでは市場規模からして、日本、韓国、中国が登山・アウトドア用品の三大市場を形成しているわけですが、アウトドアメーカーのCMが制作も放映もされないのって、日本だけですね。
 それだけ宣伝もせずにやっていける需要があるということでしょうか。

 以前にも紹介しましたが、私はアメリカ・REIのこちらのCMが好きです。
 REIも一切ウェブ上で公開していませんでしたが、最近Youtubeに復活したので再掲。

参考記事:山ガールとかいう女どもに見て欲しいCM(当ブログ)2009.12.1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【悲報】独のメルケルおばちゃんが!!

ドイツのメルケル首相(59歳)がクロカンスキーですっころび、骨盤骨折とのことです。

メルケル首相が骨盤損傷=スキーで転倒、3週間安静 by 時事ドットコム2013.1.6

当然、ドイツのウェブサイトでは各報道機関がトップで怪我の状況、政局への影響を報じてます。
そもそも、あの体格で(失礼)クロカンスキーでクリスマス休暇過ごすなんて健康的だなあ。

Me
クリスマス休暇にて、クロカンスキーに興じるメルケル首相。
「あの体格で」なんて失礼な事書きましたが、クロカンスキーがいかに普及しているか考えさせられますね。
こちら山形県内を考えても、クロカンスキーは競技が主体で、普及している地域も偏ってますし。

様々なドイツメディアが報じていますが、SPに囲まれながらもきちんと自分でクロカンスキー用具を運び移動している様子が報じられていました。
全治3週間とのことですが、早い回復をお祈り致します。

ヨーロッパの政治家って、スキー好きなんですかね。

Pu
あまりトリプルリフトで乗り合わせたくないような組み合わせ。
(ソチ五輪会場視察中のプーチンとメドべージェフ)

『プーチンはなんであんなにスキー巧いんだ!』
『忙しいのに、いつ練習してるんだ!』
とロシアのウェブサイトで語られてますが・・・ナイターでコソ練やってるらしいという噂も。

Abe
日本の政治家はゴルフ好きだよな。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  


Kim
ま、ただ見学する人よりマシだと思いますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奪衣婆(だつえば) 山形のうば神

Imgp1157
鹿間廣治著『奪衣婆(だつえば) 山形のうば神』(東北出版企画 平成25年3月刊)を読む。

山形県内、幾つかの山には「山姥」の石像がある。
それらはたいてい、奪衣婆(だつえば)の像である。
奪衣婆とは、三途の川で亡者の服を剥ぎ取る恐ろしい存在のはずであるが、実際には信仰の対象として、全国各地に石像や木像が祀られている。
本書では「奪衣婆(山姥と言い換えてもいい)信仰」に関する概要、そして山形県内各地に分布する奪衣婆像が写真付きで掲載されている。

 山形県内の山岳に分布する奪衣婆像については、湯殿山石清水小屋跡、月山清川行人小屋、御所山、水晶山、月山登山道(本道寺)、ブナ峠、面白山、大岡山、蔵王旧登山道、千歳山、龍山前滝コース、龍山姥神コース、蔵王祓川登山道、蔵王坊平登山道、などが収録されている。

 可愛らしい地蔵様のような像もあれば、見るからに恐ろしい像まで様々である。
 惜しむらくは、各地の奪衣婆の写真、位置図、エッセイ風の紀行文が掲載されているのだが、各々の像に関する歴史的な背景や説明があまり記載されていないことである。
 
 山形市近郊の大岡山を登った際に書いたが、その山の立派な奪衣婆像は、北海道の冬山も1人で訪れていた私にとって非常に恐ろしい印象を与える石像であり、カメラを向ける気に全くならない威圧感を持っていた。

 奪衣婆信仰は江戸幕府から禁令が出るほどに、あまりに盛んだった。
 今は苔むした石像が各地に残るだけである。
 山形の山を歩き回る方々にとっては、登山者を見守る奪衣婆、姥神像に関する興味深い参考書となるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

進撃のグリル

焚き火で調理したいんだけど、「かまど」になる石もなんもねえよ!
という時のために設計されたのがコレ

K1
アウトドア用クッキンググリル『stakes』

 イスラエルの工業デザイナー、Roee Magdassi氏がデザインしたアウトドア用コンパクトグリル。

Roee magdassi pins stakes for triangular outdoor cooking grill by Designboom 2013.12.29

内容は、
K4
チタン製のペグ3本と、三角形を成すワイヤーの網。

K3
最初にペグを打ち込んで、ワイヤーを固定して、

K2
グリルになる網の部分をピンと張って、

K5
網の下の焚き火で調理できるという発想です。

K6
まだ熱いうちに撤収する際のために、ワイヤーをはさむためのシリコングリップ付き。

K8
セットの総重量は300g、コンパクトかつイージーにグリルが設営できるのが売りとのこと。

 使い捨て器具(おそらくカセットガス等)より環境に優しいとうたっているのですが・・・
 既に日本のアウトドアメーカーが製品化している、地面に接しないように焚き火や調理が可能なグリルに軍配が上がるかな?
 まだデザイン化の段階ですが、グリルの網をワイヤーで形作るアイデアに座布団二枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HOKKAIDO HIGHWAY BLUES

Hokkaido ウィル・ファーガソン著『HOKKAIDO HIGHWAY BLUES』を読む。九州で英語講師を務めていたカナダ人である著者が、ヒッチハイクという手段によって、九州・佐多岬から北海道・宗谷岬そして利尻まで縦断した記録である。

 今「Cool Japan」とやらで、日本のマスゴミには「ニホン、ダイスキ!」というガイジンが売国放送局NHKを中心にわさわさ登場している。
 著者ファーガソンはそういった姿勢とは異なり、出会う風景、出会う人々に対して、シニカルな姿勢を崩すことなく、ヒッチハイクという他人の好意に依存した手段によって旅を続ける。
 その一見矛盾した姿勢が反発を招くのだろう、この本の書評は見事なまでに賛否が分かれている。

 日本海側を北上する彼。
 新潟市内を歩いた時は「チャールトン・ヘストンの「オメガマン」のようだ」とこきおろす。
 (この本べた褒めしてる英語かぶれの人で、映画「オメガマン」知ってるマニアな人どれくらいいるんだろう?)

 そして我が山形県温海町(現・鶴岡市)へ。
 魚を指して「スシ?」「スシ?」と漁師の爺ちゃんに聞いても、そりゃ相手びっくりするだけですよ、皮肉屋のファーガソンさん。

 「鶴岡は城下町だったが、今はTDR(注:TDKの間違い)という工場の企業城下町である。TDRが何を作っているのかはわからない。靴ひもかもしれないし、ボタンかもしれないし、赤外線誘導ミサイルかもしれない。」

 「鶴岡と酒田は鏡写しのように似たような街だ」
 
 などとバッサリ斬っている。

 著者ファーガソンは傲慢だ人種差別的だといわれるが、私は次の点でこの本をおおいに評価する。
 秋田市内にたどりつき、東北でも知られた秋田市の歓楽&風俗街「川反(かわばた)」について、飲んだくれながらも詳細な描写をしていることだ。
 カネに目の色変えたメディアや観光業界の奴らは Cool Cool とうるさいが、日本人の生活、日本人の社会って、そんなにCoolかよ?
 フツーに仕事して、たまに繁華街で飲んで・・・それがフツーの日本人じゃね?

 シニカルだ、差別的だ、傲慢だ、といわれる本書。
 たしかにファーガソンの表現には暖かみのカケラもない時があるが、彼の眼に映る日本の風景に私は思う。
 「実際の日本て、そうだよな?」
 この本にあるのは、Cool Japan などではなく、Real Japanなのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年を迎えて

11
 2014年。
 山や自然を愛する皆様にとって、今年も安全で、良い年でありますように。

 毎年書いておりますが、当ブログは遠方にお住まいの山岳部OBに酒席でお話するような感覚でテキトーに書いております。

 しがない兼業山岳ガイドのちゃらんぽらんな日記ブログの割に、日アクセス数がたまに4桁台に突っ込んでるようで大変恐縮です。
 でも前述のとおり山岳部OBに酒の話題にする感覚で書く姿勢は変えるつもり無いもんでして、暴走してる時にはどうぞ御意見お寄せ下さい。

---------------
 アクセス数が増え、以前ガイド山行でご一緒した方からも聞かれた、このブログの題名。
 ちょっと誤解されてるようですので、きちんと書いておきます。

 当ブログのタイトル『月山で2時間もたない男とはつきあうな!』、
 
 ブログ立ち上げる前、会社の仕事で私のコミュニケーション能力の無さから大失敗した事がありました。
 ほぼ鬱状態になっていたんですが、なにがあろうと仕事して喰っていくしかありません。
 この先何十年、社会人として生きていくには、自分のコミュニケーション能力を人並みにするしか、ありません。

 ビジネスセミナーの類やビジネス啓蒙書に頼るよりは、自分の好きな事でトレーニングしたい。
 そう考えた私は、会社の休日には月山山麓にある山形県自然博物園のブナ林ガイドに志願、口下手ながら色んな人相手にブナ林ガイドをつとめました。

 月山の自然博物園の観察コース、巧いガイドなら2時間位かけて参加者を楽しませるのですが、私が引率すると一時間半くらいで帰ってくる(笑)
 人ともっとコミュニケーションとれる人間になろう。
 山の魅力を語れる人間になろう。
 そういう自戒をこめた、

『月山で2時間もたない男とはつきあうな!』

 というタイトルなんです。

 決して、「月山で2時間程度も歩けない軟弱な奴は山に来るな!」というサディスティックな意味合いではありません。
 2時間も歩けない、という人でも、自然を楽しむ方法や場所は幾つもあると私は考えています。

 そんなわけでして、適当な日記ブログですが今年もどうぞよろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »