« HOKKAIDO HIGHWAY BLUES | トップページ | 奪衣婆(だつえば) 山形のうば神 »

進撃のグリル

焚き火で調理したいんだけど、「かまど」になる石もなんもねえよ!
という時のために設計されたのがコレ

K1
アウトドア用クッキンググリル『stakes』

 イスラエルの工業デザイナー、Roee Magdassi氏がデザインしたアウトドア用コンパクトグリル。

Roee magdassi pins stakes for triangular outdoor cooking grill by Designboom 2013.12.29

内容は、
K4
チタン製のペグ3本と、三角形を成すワイヤーの網。

K3
最初にペグを打ち込んで、ワイヤーを固定して、

K2
グリルになる網の部分をピンと張って、

K5
網の下の焚き火で調理できるという発想です。

K6
まだ熱いうちに撤収する際のために、ワイヤーをはさむためのシリコングリップ付き。

K8
セットの総重量は300g、コンパクトかつイージーにグリルが設営できるのが売りとのこと。

 使い捨て器具(おそらくカセットガス等)より環境に優しいとうたっているのですが・・・
 既に日本のアウトドアメーカーが製品化している、地面に接しないように焚き火や調理が可能なグリルに軍配が上がるかな?
 まだデザイン化の段階ですが、グリルの網をワイヤーで形作るアイデアに座布団二枚です。

|

« HOKKAIDO HIGHWAY BLUES | トップページ | 奪衣婆(だつえば) 山形のうば神 »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/58868973

この記事へのトラックバック一覧です: 進撃のグリル:

« HOKKAIDO HIGHWAY BLUES | トップページ | 奪衣婆(だつえば) 山形のうば神 »