« 「誰も行かない道で登攀の真の意味を考える」 キルギス・アクサイ山群コロナ5峰 韓国隊登攀記  | トップページ | 秋の気配 »

キジル・アスケル(Kyzyl Asker 5482m) 2014年2つの登攀

 キルギス、中国・新疆ウイグル自治区国境に位置するキジル・アスケル(Kyzyl Asker 5482m)は近年、ビッグウォールクライマーの関心を集めていますが、今夏はロシア、エクアドルの2隊がトライしました。

R1
2014年ロシア隊の登攀ライン

 まず8月2日、ロシアのドミトリー・ホロフチェンコ、セルゲイ・ニーロフ(2012年、ムスターグタワー登攀でピオレドールロシア受賞)、ドミトリー・グリゴリエフが新ルート開拓めざして南面に取り付きました。

R2
BCにて、スイカ食べてくつろぐロシア隊

R5
凹角を登るロシア隊

R6
ミックス帯を登るロシア隊

R7
取り付いて10日め、8月11日に頂上に到達。

--------------------------
ロシア隊に続き、8000m峰14座無酸素登頂を果たしているIván Vallejo率いるエクアドル隊「somos ecuador」がキジル・アスケルに入山。

E2
チーム「somos ecuador」(我らエクアドル)の面々、左から二人目が隊長のIván Vallejo。

E3
エクアドル隊は8月28日に取り付き、19時間登り続け、翌日8月29日には稜線に到達。
登ったルートは「Sal con cebolla」(オニオン・ソルト)と命名、高度差1100m 26ピッチ、 ED2、5.12a,、M6 +、WI5 +、 AI2) というグレードが報告されています。
なおメンバー中で紅一点のCarla Pérezは、このままポストモンスーンのチョーオユーにトライするとのこと。

エクアドルのメディアが報じた動画がこちら↓

|

« 「誰も行かない道で登攀の真の意味を考える」 キルギス・アクサイ山群コロナ5峰 韓国隊登攀記  | トップページ | 秋の気配 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/60317803

この記事へのトラックバック一覧です: キジル・アスケル(Kyzyl Asker 5482m) 2014年2つの登攀:

« 「誰も行かない道で登攀の真の意味を考える」 キルギス・アクサイ山群コロナ5峰 韓国隊登攀記  | トップページ | 秋の気配 »