« Berghaus社 consumer panel 日記 9月 | トップページ | 来シーズン、冬のカラコルム »

おしくら まんじゅう

さすらいの作業員、本日から群馬県に滞在。

群馬といえば粉物、小麦粉食文化のエリア。

今滞在しているのは群馬でもひっそりとした田舎町ですが、さっそく私の嗅覚が見つけました。

Img_0924
渋川名物・手作りおしくらまんじゅうの店「おしくら」

Img_0929
左の黄色がかっているのが「たんさん」、右が「酒まんじゅう」。
「たんさん」とは生地に重曹を配合しているまんじゅうで、ここ群馬伝統の菓子。
餡はもちろん「粒あん原理主義」の私の好きな粒あんです。

群馬といえば、酒まんじゅう。

大学山岳部に入った最初の年。
初めての冬の北アルプスに備え、冬用プラスチックブーツを買うべく訪れたのが、群馬のICI石井スポーツ。
ここでブーツの足合わせをしたのだが、店のおじさん、やたら高圧的。
でも「いい人」なんだろう、初めて訪れた私に「ほれ喰えよ」、と勧めてくれたのが、酒まんじゅう。
バリバリのクライマーのセンセイ方と違い私は遠慮深いので、ちょっと遠慮すると
「何遠慮してんだよ!喰えよ!」
と、怒られた(笑) ぼく、客なんですけど・・・
初めての冬靴選びで頼りなく見えたのだろう、押しすすめられたまま、酒まんじゅうを食べた、当時10代の私。

(あ、酒まんじゅうってホントに酒の風味がするんだ)

 緊張したまま酒まんじゅうパクつきながら、プラスチックブーツのサイズ合わせをするという怪しい状況を経て、購入したブーツで北アルプスをトレースした10代の冬でした。


|

« Berghaus社 consumer panel 日記 9月 | トップページ | 来シーズン、冬のカラコルム »

山岳ガイドの甘味処」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/60331891

この記事へのトラックバック一覧です: おしくら まんじゅう:

« Berghaus社 consumer panel 日記 9月 | トップページ | 来シーズン、冬のカラコルム »