« 読図、読図、読図・・・ | トップページ | ピオレドール・ロシア2014ノミネート »

クリスタルピーク2014ノミネート

ロシアのクライミングアワードの一つ、『クリスタルピーク2014』にノミネートされたクライミングが発表されました。

 今年も、西ヨーロッパ・アメリカ偏重の日本の山岳メディアではとりあげられない素晴らしい数々のクライミングがノミネートされています。ノミネートされたチームは次の通りです。
 
1.Svarog (4960m)北壁初登 1500m 6B A3 パミール・アライ Ashat渓谷 8月6~14日
マルケビッチ・コンスタンティンら4名

Sv1

未踏の北壁中央に、約15mにおよぶ大オーバーハングが立ちはだかります。
Sv2

Sv3
ハングを越えるクライマー

Sv4
ビバーク地点でのメンバー

2.キジル・アスケル(5842m)南東壁『戦争と平和』ルート開拓 1150m 6B 天山山脈 キルギスタン領 8月1~12日
セルゲイ・ニーロフ、ドミトリー・ゴロフチェンコ、ドミトリー・グリゴリエフ

Kz1

ドミトリー・ゴロフチェンコいわく、「トランゴネームレスタワー、ムスターグタワーに匹敵する困難な登攀」とのこと。
Kz2
19ピッチ目を登るクライマー

3.タムセルク(6623m)南西壁中央バットレス初登 1900m 6A/6B ネパール・ヒマラヤ 4月27日~5月4日
アレクセイ・ロウチンスキー、アレクサンドル・グコフ

Tam1
紫のラインが1964年ヒラリー率いるニュージーランド隊、緑のラインが1979年日本隊(細貝栄氏が登頂)、中央赤のラインがロシア隊

ロシア隊、タムセルク南西壁中央バットレス初登 by 当ブログ

当ブログで紹介したように当初は北壁を目指していた二人ですが、カトマンズ現地で既に日本隊(山学同志会隊)が登っている事を知り、急遽南西壁に計画変更したもの。なお帰国後のインタビューによれば79年日本隊による南西壁~西稜の登山記録も把握していたようです。

Tam3
タムセルク南西壁の核心部ともいえる11~12ピッチめ、Ⅵ級+A2、 M4~M5というグレードが付けられています。

4.ベゼンギ(Bezengi Wall ) 冬季初縦走 コーカサス山脈 2013年12月27日 2014年1月7日
ビクトル・コヴァル、ニコライ・トトミャニンら4名

Bz1
Bezengi Wall縦走ルート全景

Bz2

Bz4
Bezengi Wall山脈の縦走は1930年代から試みられてきましたが、冬季縦走は過去に死亡事故も起きている困難な課題でした。-30度の過酷な低温下に成し遂げられた縦走登山で、メンバーのニコライ・トトミャニンはジャヌー北壁直登でピオレドール受賞、2007年のK2冬季隊のメンバーという猛者。今冬は冬季ナンガパルバットを目指す予定。

5.中央コーカサス Chanchahi峰(4461m)北壁新ルート開拓および同峰冬季初登頂 1065m 6A 中央コーカサス山脈 2014年2月4~9日 ジマ・ベンスラボフスキーら4名

Ch1
Chanchahi峰(4461m)北壁

Ch2
左から、ジマ・ベンスラボフスキー、ウラジーミル・ロシュカ、ニコライ・シンカ、ミーシャ・ミランチャック

6.ロブジェ東峰(6119m)東壁・右側直上ルート『二本の矢』開拓 1000m 6A ネパール・ヒマラヤ 2014年4月23日~4月30日 ユーリ・キリチェンコ、マキシム・ペレバロフ、ユーリ・ワシェンコ、ピヨートル・ポベリジニ(ウクライナ・オデッサ山岳会) 

Ro1
左より、1.86年ジェフ・ロウ、ヘンリー・ケンダル、2.92年韓国隊、3.90年チェコ隊『アベ・マリア』ルート、4.2014年ウクライナ隊、5.84年トッド・ビブラー、キャサリン・フレア

Ro_route
2014年ウクライナ隊のライン

Ro2
ビバーク中のウクライナ隊
国は違えど食事タイムの山屋さんは表情が活き活きしてます。

7.ゴールデン・センチネル(5200m)北西壁初登・『サムライの娘』ルート開拓 1020m 6B(VI、A2~A3) インドヒマラヤ・ザンスカール地域 2014年9月18日~25日 マリナ・コプティバ(ウクライナ)、ガリーナ・シビトーク(ロシア)

Go0
ゴールデン・センチネル北西壁

Go1
マリナ・コプティバ(左)、ガリーナ・シビトーク(右)

概要はこちら→ ゴールデン・センチネル(5200m)北西壁 『サムライの娘』ルート開拓 by 当ブログ

8.ランシサ・リ(6427m)北西壁 中央バットレス初登 『雪の女王』ルート開拓 2350m 6A ネパール・ヒマラヤ 2014年10月17日~23日 ミハイル・フォミン、ビチャスラフ・ポリジャイカ、ニキータ・バラバノフ(ウクライナ・チェルカースィ山岳会)

La1
 ロシアのクライミングサイトのインタビューにおいて、メンバーのビチャスラフ・ポリジャイカ氏も、その美しい登攀ラインを自負しています。ルート名『雪の女王』は山の美しさ、登攀ルートの美しさから命名したものとのこと。

La2

La4
 このランシサ・リ北西壁遠征は、ウクライナ中部の街チェルカースィの山岳会が世界各地の名峰・大岩壁を巡る長期プロジェクトの一環として計画されたものです。

9.Нож(Knife) 峰(2540m) 北面・Штык(銃剣)峰東稜からの初登頂 総登攀長1200m 6A A4 ロシア・ブリヤート共和国バルグジン川源流 2014年4月12日~4月15日 アレクサンドル・クレピコフ、ワシーリー・イリンスキー

Bay5
シベリア奥地にある鋭鋒で、2011年にようやくクライマーが開拓を始めた山域

Bay6

Bay7
シベリア奥地の山だけあって、アプローチにも労力を費やした様子。

Bay2
本峰手前のピナクル「銃剣」もなかなかの迫力です。

10.セイル(4850m) 北壁中央ルート5B 780m パミール・アライAshat渓谷 2014年3月1日~2日イリヤ・イフレーモフら7名

Se1

Sei3
フレーク状の岩が特徴的な5~6ピッチ目

11.レーニン峰(7134m)スクラトフルート単独初登 パミール アレクセイ・チュルポ

Le1

Le3
登山活動中のアレクセイ・チュルポ

|

« 読図、読図、読図・・・ | トップページ | ピオレドール・ロシア2014ノミネート »

expedition」カテゴリの記事

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/60701650

この記事へのトラックバック一覧です: クリスタルピーク2014ノミネート:

« 読図、読図、読図・・・ | トップページ | ピオレドール・ロシア2014ノミネート »