« Berghaus consumel panel 新年のお題は | トップページ | デニス・ウルブコ、ポーランドの市民権を取得 »

風に吹かれて、ナオミ・ウエムラ。

中央ヨーロッパ某国のクライミングサイトでは、故・植村直己氏の特集記事。

 記事トップを飾る画像、「Naomi Uemura」というキャプションがつけられながら、画像は映画『植村直己物語』劇中でモンブランを登っている西田敏行氏だったりする。
 おそらく検索サイトで出てきた画像を、そのまま植村直己氏の画像として引用したものだろう。

早速、画像は日本映画『植村直己物語』の一シーンであること、写っているのは俳優の西田敏行氏であること、を指摘するとともにエベレスト日本人初登頂当時の植村直己氏の画像を添付、訂正依頼メールを送る。

 深夜の作業だったが、時差の関係でクライミングサイトの編集部からは即返信が帰ってきた。
 画像もすぐに差し替えられている。

 今、その国はロシア絡みで戦乱の最中にある。
 訂正依頼のメールの最後に、「平和が訪れることを祈ります」と付け加えていた。

 戻ってきた返事には、その国では日本映画および西田敏行氏は知られていないこと、指摘への感謝、そして最後に、ロシアの横暴・不当な暴力を私たちは克服できると信じる、と明記してあった。

 考えてみれば、もともと旧ソ連圏の国、クライマー同士の交流もある一方で、戦火を交えているのだ。

 極東の島国の、一土木作業員の兼業ガイドには、ただ祈ることしかできない。

 

|

« Berghaus consumel panel 新年のお題は | トップページ | デニス・ウルブコ、ポーランドの市民権を取得 »

expedition」カテゴリの記事

マ ス ゴ ミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/61132426

この記事へのトラックバック一覧です: 風に吹かれて、ナオミ・ウエムラ。:

« Berghaus consumel panel 新年のお題は | トップページ | デニス・ウルブコ、ポーランドの市民権を取得 »