« 風に吹かれて、ナオミ・ウエムラ。 | トップページ | さすらいの作業員、関東へ »

デニス・ウルブコ、ポーランドの市民権を取得

 去る2月12日、ロシア(時にはカザフスタンと記される)のデニス・ウルブコがポーランドの市民権を取得しました。

 Denis Urubko obywatelem Polski by wspinanie.pl 2015.2.13

Denis
 2月12日、ポーランドのドルヌィ・シロンスク県、トマッツァ・スモラザ知事からポーランド憲法、国旗、パスポートを受け取るデニス・ウルブコ。

 移民等で人々の往来が激しいヨーロッパでは日本の場合と異なり、「国籍」と「市民権」は法的に別れていますが、私自身法律には詳しくありませんので、当ブログ記事タイトルでは無難に「市民権取得」と訳しました。
 報道では「パスポートを取得した」とありますので、ポーランド人と表記しても間違いはないでしょう。

 デニス・ウルブコはもともとロシアのスタヴロポリ地方の街 ネビノムイスク出身。その後カザフスタンに移り、2013年にはロシア国籍を取得、現在の住まいはイタリアと各地を転々としてきました。

 インタビュー記事ではもともとポーランドの人と風土、登山を続ける上での環境にシンパシーを寄せていたようですが、もちろんそれだけではなく、将来的に冬季K2を狙うポーランド隊に加わる可能性をwspinanie.plの記事は示唆しています。
 もっとも、登山を追求するために軍に入隊、様々な生活環境を転々とし人生の全てを登山に賭けてきたようなデニス・ウルブコの生き方を知る者ならば、今回のポーランド市民権取得もさほど驚く事ではないでしょう。

|

« 風に吹かれて、ナオミ・ウエムラ。 | トップページ | さすらいの作業員、関東へ »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/61132354

この記事へのトラックバック一覧です: デニス・ウルブコ、ポーランドの市民権を取得:

« 風に吹かれて、ナオミ・ウエムラ。 | トップページ | さすらいの作業員、関東へ »