« 札幌暮らし | トップページ | 札幌市 楼蘭 »

神威岳 (かむいだけ 札幌市 983m)

 札幌市郊外、定山渓近くに位置する神威岳(983m)を目指す。
 
 行程の前半は、百松沢林道を1時間ほど歩く。

P1
 先週の砥石山に続き、こちらもニリンソウが満開。

P2
 途中の池に生き物の姿を探す。
 今、山形の月山山麓ではアカガエルの卵がみられるのだが、こちらではもう手足の生えたオタマジャクシが元気に泳いでいる。北海道とはいえ、低山では初夏なのだ。

P3
 登山道に入り、目にとまるのが白いエンレイソウ、オオバナノエンレイソウ。北海道大学のシンボルマークにもなっているとか。

P5
 ドロドロの沢筋を降り、ロープをゴボウで登る所もあり。

P6
 尾根に入り、神威岳山頂が見えてくる。見事な台形のピーク。
 裏側が凹型になっていて、ジクザグの登山道を詰めていきます。頂上直下にまたまたフィックスをつかんで登るところあり。

P7
 林道を歩き始めて2時間半、山頂へ。
 新緑の白樺に囲まれた、平坦な山頂。
 ここから雪をかぶった余市岳や札幌岳など、札幌近郊の名山が望めました。

P12
 本日のおやつは、月寒あんぱん。月寒あんぱんに関しては、5年前に北海道出張の際にブログ記事にしていました
 地元のスーパーでは色んな種類があるんですね。本日は黒糖味をチョイス。
 月寒あんぱんパワーで下山します。

P8
 帰路は花を眺めながら。
 登山道上部を彩るフッキソウ。

P10
 極寒だった先週に比べ、気温は22度。
 日差しも暑いくらいでしたが、吹き抜ける風は涼しい山行でした。
 樹林帯の中で立ち止まり、コーヒーを飲みます。
 にぎやかなセミの声、野鳥の声に、初夏の訪れを感じました。

参考文献:北海道新聞社刊 梅沢俊、菅原靖彦共著『北海道 夏山ガイド1 道央の山々』

|

« 札幌暮らし | トップページ | 札幌市 楼蘭 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/61639097

この記事へのトラックバック一覧です: 神威岳 (かむいだけ 札幌市 983m):

« 札幌暮らし | トップページ | 札幌市 楼蘭 »