« Nanda Devi 1976 Indian-American Expedition | トップページ | レッドブル、『キム・ジャイン缶』発売 »

ドキュメンタリー番組『K2. Dotknąć nieba』

1986年、世界のトップクライマー13人が命を落とした山、K2。

それから約30年。
夢と野心に憑かれて死んだクライマーの子供達が、K2を訪れ、亡き父・母の想いをふり返る。
そんなドキュメンタリー番組『K2. Dotknąć nieba』 (K2 天空に触れて) がポーランドで製作されました。

„K2. Dotknąć nieba” – niedługo premiera filmu Elizy Kubarskiej by wspinanie.pl 2015.5.21

 1986年、K2のいわゆる「ブラックサマー」で亡くなった13名のうち、タデウシュ・ピオトロフスキー、ドブロスラワ・ミドウィッチ・ヴォルフ、ジュリー・チュリス。
 30年を経て、彼らの子供、ハニア・ピオトロフスカ、ルーカス・ヴォルフ、クリス・チュリスがK2山麓を訪れます。
 なぜクライマー達は全てを犠牲にしてK2に向かったのか。
 そんな大きなリスクを賭けるに値する行為なのか。

P1
『K2. Dotknąć nieba』より Photo by David Kaszlikowski / HBO
 
 自身もクライマーであり番組製作・監督であるエリザ・クバルスカがコメントしています。

「私は過去に英雄たちを映画に収めてきました。そのため、彼らの父や母は今も記録映像の中に生き続けています。子供達も今や大人になりました。 私は情熱の価値というものについて考えています。 このような登山は虚栄心を満たすための行為なのか、エゴイスティックな行為なのか。それとも他の何かなのか。その答えを見いだすことは容易なことではありません。」

 作品は6月にクラクフ映画祭はじめポーランド各地で公開予定。

 残された家族が問う、8000m峰登山の価値、そして死んでいった親達への想い。
 
 NHKの地球ドキュメンタリーあたりで放映してくれたら、会社休んででも視聴したいところです。

|

« Nanda Devi 1976 Indian-American Expedition | トップページ | レッドブル、『キム・ジャイン缶』発売 »

クライミング」カテゴリの記事

マ ス ゴ ミ」カテゴリの記事

山岳ガイドが観る映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/61672517

この記事へのトラックバック一覧です: ドキュメンタリー番組『K2. Dotknąć nieba』:

« Nanda Devi 1976 Indian-American Expedition | トップページ | レッドブル、『キム・ジャイン缶』発売 »