« 紫尾山 徐福伝説の山を行く | トップページ | iPhone狂騒曲 »

ヒルナンデス

本日の紫尾山で参ったのが、

P11
山ヒル。

 紫尾山の取り付きにも錆び付いた看板で「ヒル注意」とあったが、行程もさほど長くないし、大丈夫だろうとスパッツを着けずに入山、それが鹿児島特産の黒砂糖より大甘な考えでございました・・・

 紫尾山往復で、両足に吸い付いた20匹以上の山ヒルをはじき飛ばしたり、叩き落としたり。
 奴らは凄い吸着力でトレッキングブーツを這い上り、スマートウールの靴下の上から中から吸血されまくり。

 山形県の山で山ヒルってあまりいないもんで、想像力が働きませんでした。反省です。
 ヒルを叩き落としても、血を吸われた跡はなかなか出血が止まらず、結局傷の洗浄と消毒・止血のため宿に戻る。
 その間、運転中も両足首には滴るくらいに出血し、赤く染まったティッシュの山ができる。

 今でこそ悪者扱いのヒル。

 たしか私が幼い頃、親戚の家で父が背中にヒルを何匹も吸い付かせ、「悪い血をとってもらっている」場面を記憶しています。
 そのままヒルに血を吸わせ、吸い玉(半球形のガラス玉)をヒルごと背中に当てていたことも覚えています。
 いわゆる瀉血(しゃけつ)というやつですね。
 今現在は衛生上の問題で、ヒルを治療に使うことは無くなったようです。

 私の足首からたっぷり血を吸って、まるまるとしたヒルを見てそんなことを思い出しました。

 一週間ぶりに晴天の予報が出たのに、私以外誰一人登山者がいない紫尾山。
 地元の方はヒルの多さを熟知してたのかなあ。

|

« 紫尾山 徐福伝説の山を行く | トップページ | iPhone狂騒曲 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/61808997

この記事へのトラックバック一覧です: ヒルナンデス:

« 紫尾山 徐福伝説の山を行く | トップページ | iPhone狂騒曲 »