« 海外クライマー短報 | トップページ | デナリ改称で微笑むのは誰か »

【映画】 ルイス・トレンカーの伝記映画公開

 山岳映画マニアな方なら名前はご存じであろう、第二次世界大戦前の山岳映画製作で活躍したオーストリアのルイス・トレンカーの自伝的映画 『Luis Trenker』 がドイツにて8月末から公開の模様。

Premiere von Luis Trenker-Film by Tirol.orf.at 2015.8.23

Trenker_movie
劇中のルイス・トレンカー(Tobias Moretti)、レニ・リーフェンシュタール(Brigitte Hobmeier)

トレイラーはこちら↓

 ルイス・トレンカー出演作として「象徴的」なのは、『聖山』でしょうかね。
 この映画の監督は、蔵王の樹氷を世界に知らしめたことで山形県人にはその名が知られているアーノルド・ファンク、出演がレニ・リーフェンシュタール、そしてルイス・トレンカー。
 彼は後に映画製作で活躍することになります。
 そして、レニ・リーフェンシュタールをめぐってアーノルド・ファンクと三角関係に陥ることになります。

Luis_trenker
ドロミテ山群でのルイス・トレンカー( Luis Trenker 1892~1990)

 トレイラーでもちらとナチス旗がみえますが、「日和見的ファシスト」と呼ばれることになるナチスとの関係が描かれていくのは必至でしょうな。
 後年、ヒトラーの愛人エバ・ブラウンの日記を偽造(もしくは改竄)したスキャンダルで晩節を汚したルイス・トレンカーですが、こうして映画化されるところに、ヨーロッパの映画関係者の層の厚さが伺えます。

|

« 海外クライマー短報 | トップページ | デナリ改称で微笑むのは誰か »

山岳ガイドが観る映画」カテゴリの記事

コメント

DLしてようやく観ました。偽日記事件を中心に戦前から戦後を描いてます。リーフェンシュタール、ファンク、ゲッベレスなどの関係を中心にした映画です。批評などを読み返し纏めてみたいと思います。日本で通常の劇場上映をされることはないでしょう。

少なくともこの映画では三角関係ではなく、寧ろ本人のキャラクターゆえのリーフェンシュタールに匹敵するほどの浮き上がった感じが描かれてます。

投稿: pfaelzerwein | 2015.11.27 00:43

re: pfaelzerwein様

 今回も貴重な情報ありがとうございます。

<<日本で通常の劇場上映をされることはないでしょう。
 あれ、それは残念でした。
 ゲッベルスも登場するということは、当然ナチス政権との関わりが描かれると想像しますが、その点に興味をひかれます。

<<寧ろ本人のキャラクターゆえの
日本ではその名前しかよく知られていないルイス・トレンカー、ますます興味沸くところです。

投稿: 聖母峰 | 2015.11.28 14:16

二つの放送局の共同制作として制作されているので、お付き合いの深いNHKが流すかどうかですね。

日本でも、リーフェンシュタール周りの一望と、スキーと登山の歴史的なこれらの人脈との繋がりが、もう一度大きな枠組みで捉え直されることが望まれます。

投稿: pfaelzerwein | 2015.11.28 22:09

re:pfaelzerwein様

<<リーフェンシュタール周りの一望と、スキーと登山の歴史的なこれらの人脈との繋がりが

私の周囲から漏れ聞く情報でも、日本の現況ではまだまだスキーと登山の世界は乖離してますが、pfaelzerwein様にそのような歴史・人物をイメージさせる映画のようですね。
20世紀前半のスキー・登山史はまだまだ日本では知られていないだけに、やはり興味引かれるところです。

投稿: 聖母峰 | 2015.11.29 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/62185176

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】 ルイス・トレンカーの伝記映画公開:

« 海外クライマー短報 | トップページ | デナリ改称で微笑むのは誰か »