« 三回忌 | トップページ | ハンスヨルク・アウアー隊、ニルギリ・サウス南壁で事故 »

ハンス・フローリンがナイフをデザインしました

エルキャピタン・ノーズのスピードクライミングで知られるハンス・フローリンがナイフをデザインしていました。

CRKT and world-record setting climber create knives and tools that take technology to new heights. by PRweb 2015.10.29

Hatool

 ハンス・フローリンがデザインしたナイフは3種類あるのですが、注目すべきは特にシンプルに仕上げられた「Niad」と「Hyphenate」ですね。
 マルチツールの「Bivy」とは対照的な2種は、あくまでもシンプルさと軽量性を追求したデザイン。
 丸い孔はカラビナホールになっており、カラビナを通すことによって刃のストッパーも兼ねています。
 「機能美」という言葉が思い浮かぶ一品に仕上がっています。

 同じクライマーでも、ウェリ・シュテックがデザインしたナイフと比べてみると、設計思想の違いが表れていて面白いと思います。


|

« 三回忌 | トップページ | ハンスヨルク・アウアー隊、ニルギリ・サウス南壁で事故 »

アウトドア」カテゴリの記事

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/62568750

この記事へのトラックバック一覧です: ハンス・フローリンがナイフをデザインしました:

« 三回忌 | トップページ | ハンスヨルク・アウアー隊、ニルギリ・サウス南壁で事故 »