« ハンス・フローリンがナイフをデザインしました | トップページ | このろくでもない、すばらしき世界。 »

ハンスヨルク・アウアー隊、ニルギリ・サウス南壁で事故

 オーストリアのハンスヨルク・アウアー率いるチームがニルギリ・サウス南壁で事故に遭った模様です。

27-jähriger Tiroler nach Absturz in Nepal vermisst by kleinezeitung 2015.10.29

Nil
 各地の大岩壁、高峰に困難なルートを開拓していることで知られるハンスヨルク・アウアーをリーダーに、同じオーストリアのAlex Blümel、Gerhard Fieglの3名で構成されたチームは、10月21日に登頂したものの、下降中にメンバー1名が800m転落して死亡と報じられています。

 海外メディアでは事故者の名前が明らかになっていませんが、オーストリアメディアでは「27歳のチロル出身のガイド」と報じていますので、メンバーのGerhard Fiegl (1988年、チロル州ウムハウゼン出身)と推察されます。

 今回ニルギリ・サウス南壁を目指したAlex Blümel、Gerhard Fieglの二人は、2013年、アラスカのムースズ・トゥース山群で「トゥース・トラバース」と称される約8kmにわたる縦走クライミングの第2登に成功していた若手実力者でした。
 まことに残念な報道です。

|

« ハンス・フローリンがナイフをデザインしました | トップページ | このろくでもない、すばらしき世界。 »

expedition」カテゴリの記事

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/62574075

この記事へのトラックバック一覧です: ハンスヨルク・アウアー隊、ニルギリ・サウス南壁で事故:

« ハンス・フローリンがナイフをデザインしました | トップページ | このろくでもない、すばらしき世界。 »