« 雪崩事故防止講習会 スタッフ日記 1日目 | トップページ | 「私は機械じゃない」 ウーリー・ステック、韓国で語る »

雪崩事故防止講習会 スタッフ日記 2日目

疲れていようが、スタッフとして迷おうが、朝はやってくる。

ポレポレファームで朝食後、再び弓張平パークプラザに皆で移動。

昨日、ゾンデ棒が凍結で折りたためなくなった方がいたので、弓張平パークプラザの乾燥室に置いてもらっていた。

そのゾンデ棒が気になっていたので乾燥室を訪れると、既に持ち主の参加者の方が自力で折りたためていたようで一安心。

二日目の朝一で、北村山公立病院の國本医師から、医師としての立場からの雪崩対応、低体温症に関する講義を受講。その後、実際の救助の現場を踏まえて消防署員の笹原氏からの講義。

 そして午前から昼をはさんで、各班に分かれ、雪崩現場・埋没事故を想定したセルフレスキューの実習。

 私はスタッフとして、月山朝日ガイド協会会長の奥山さんと共に雪崩想定地域の設定、ペナント設置、雪崩現場の設定、ダミー人形の埋め込み等々・・・
 参加者達は
 「6~7名でスノーシュートレッキング中、雪崩事故発生。1名が埋まったので、捜索・掘り出しを行う」
 という設定で実習。

 その間、奥山さんがストップウォッチを持ち、私はひたすら参加者皆さんの動向を記録。
 ビーコンサーチ開始、プロービング開始、だけでなく参加者各人がどんな声掛けをしていたか等々細かく記録する。
 終了した後は、私の記録を発表、参加者全員で感想意見を述べ合う。
 以上を繰り返す。
 ブログ用の画像を撮影する時間など、無い。
 2回目からは2人が埋没していると想定してダミー人形を2体埋め、再び実習。
 回数を重ねていく毎に、参加者皆さん個人個人がどのように動けばよいか、自身で把握していくのだろう、目に見えて捜索時間が短縮されていく。

Img_0857_2
 レスキュー実習の後、初心者の方も多いのであらためてプローブの使い方の説明を受ける。
 それから、消防署員の笹原氏を講師に、実際の遭難者搬送についてデモンストレーション。

 ガイドの師匠から
 「大滝くん、ちょっとここ寝てみてよ」
 「え?オレですか?」
 というわけで、C班をリードしなければならない割に無口な私、最後は雪中から掘り出されて搬送される遭難者役と、最後まで無口で通しますよ、はいはい。

 屋外での実習が終わり、参加者皆さんが各班で「想定」雪崩現場とダミー人形と一緒に記念撮影。
 その間、私はセルフレスキューに使用した様々な用具片付けに着手。
 背後から
 「大滝さん!こっち入って!」
 と記念撮影に入るよう促される。
 C班の皆さん、ありがとう。皆さんの学習意欲に、私も強く刺激される二日間でした。

--------------------------------

 雪崩講習というとやたら熱く語る爺が多いので話を避けてきたのだが。
 2010年、蔵王で発生した雪崩死亡事故に関して現場調査に同行した際、現実の死亡事故現場で巨大なデブリ群に足を踏み入れ、あらためて自然の猛威と無力さを痛感した私。 
 その衝撃は大きく、「雪崩講習に参加する意味があるのか」と感じる程の衝撃だった。

 それから6年が経過。
 ビーコンの性能も、プロービングのやり方も、事故者の掘り出し方もガラリと変わった現在。
 このまま立ち止まってていいのか? スタッフとして能力低かろうが「登山を通じて社会に貢献したい」という俺の想いはどこにいったんだ?
 と言い聞かせてスタッフとしての二日間。
 黒子としての下働きする合間をぬって、講師の皆さんや他のガイドがどんな指導を行い、どんな風にリードしているのか盗まなくてはならない。

 講習全日程が終了後、仙台方面の高速バスに乗る参加者お二人をバス停にお送りしてから帰宅。
 帰路の車中は、気を静めるためにエンヤの楽曲をエンドレスで聴く。
 明日からまた、現場作業員の日々に戻る。

|

« 雪崩事故防止講習会 スタッフ日記 1日目 | トップページ | 「私は機械じゃない」 ウーリー・ステック、韓国で語る »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/63082457

この記事へのトラックバック一覧です: 雪崩事故防止講習会 スタッフ日記 2日目:

« 雪崩事故防止講習会 スタッフ日記 1日目 | トップページ | 「私は機械じゃない」 ウーリー・ステック、韓国で語る »