« 理由も無く、白木山。 | トップページ | 四度目の正直 »

日浦山(ひのうらやま 345m)

白木山から下山した後、JR広島駅に移動。
広島で乗り換え、JR海田市駅へ。

この駅から登れる里山、日浦山(ひのうらやま345m)をめざす。

H1
JR海田市駅からのぞむ日浦山。(奥の山並み)

H2
駅から住宅街を通り抜け、大師寺の山門が登山口となる。

H3
寺の急峻な階段を上り詰めると、墓地がひろがる。
墓の間をすりぬけながら登山道にアプローチ。
登山道も、始めは八十八箇所霊場の石仏に囲まれながらの登高。

やがて気持ちの良いマサ(風化花崗岩)の道へ。

幾つもの木の階段、ちょっとした岩場を乗り越え、1時間ほどで山頂へ。
標高345mという高さのわりに、周囲360度近くぐるりと眺められる展望の良い山頂。

H5
山頂広場は意外にも、地元のグループらしい若者達でにぎわっていた。
その脇に場所を確保し、下界の眺めを楽しみながら行動食を口にし、コーヒータイム。

H4
視界はすぐれないが、広島湾方面をのぞむ。
以前に登った広島の里山、牛田山を登った時に思ったが、広島の山の魅力は、なんといっても「海が眺められる」ことではないだろうか。

帰路は日浦山の稜線を縦走し、JR中野安芸に通じる畑賀地区に下山。
H6
下山路はずっと椿に彩られた道でした。

« 理由も無く、白木山。 | トップページ | 四度目の正直 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/63277123

この記事へのトラックバック一覧です: 日浦山(ひのうらやま 345m):

« 理由も無く、白木山。 | トップページ | 四度目の正直 »