« 祈り | トップページ | 受験生はこれを履け »

イグルーと汁粉の休日

 被災地での仕事を終えた翌日、山形県朝日少年自然の家のプログラム「巨大イグルーの中、あったかいんだからぁ♪」にスタッフ参加。

 毎年1月に開催される「チューブすべり」は暖冬による少雪で中止。
 朝、自然の家に向かう途上、周囲の積雪の少なさに「これでイグルー作れるのか!?」と心配になる。

P1_2
 少雪の心配は杞憂に終わる。
 積雪はザラメ雪で固まりにくいが、なんとかブロック状に固め、参加者の子供達、保護者の方も懸命にイグルー作り。

 イグルー作りというプログラム、以前経験したときは子供達が途中で飽きてしまい、大人が必死に作る・・・という流れになってしまったのだが、今回は子供達も集中力が途切れず、楽しんでくれた模様。
 その陰には、私は参加できなかったイグルー作り試作や企画段階で尽力された自然の家所員の方々、サポーター(ボランティアスタッフ)皆さんの努力がある。

P2
 同じ月山朝日ガイド協会会員で、スタッフ参加の細谷さんが雪で作るテーブルの水平を出し始める。
 みんなして背後から
 「おぉっー職人技が・・・」と感心する。
 子供達にとっては、ノコギリ(スノーソー)で雪を「切る」という行為がなかなか新鮮だったようです。
 
 雪のブロックを作ったり、組み立てたり。
 「あんた働かないとお汁粉食べられないわよ!」
 と男の子に激をとばす女の子。
 嗚呼、現代社会の縮図が子供達の中に・・・。

 今回のプログラムは通常と異なりサポーター主体による企画。
 社会教育指導員で、先日の山形雪フェスでイグルー製作に関わった沖津雅秀さん、ロングトレイルの第一人者斎藤正史さんがイグルー作りを監修。

 私が担当する1班では、マロこと栗村くんがイグルー内部に入って懸命に仕上げてくれました。

P3
 内部から眺めたイグルーの天井。
 暗黒な雪洞と違い、ブロックの隙間から漏れる光がなんとなく私は好きです。

 さて、イグルーできた後は、
P4
 みんなで炭火で餅を焼きます。

P5
 漫画に出てくる餅のように、プーッとふくれてくれます。
 今は電子レンジやオーブントースターで焼くのが主流かな。
 網で焼くのは風情が違いますね。
 自然の家職員の工藤さん達が炭火を起こしてくださっている間、炭が燃える匂いに
 「あっいい匂いがする!」
 と子供達は敏感に反応しました。
 実際、自分で餅を焼くのは初めて、という子供達も何人かいたようです。

P6
 焼いた餅は所の方で用意していただいた汁粉に入れて食べます。

P7
 自分たちで作った雪のソファにて汁粉を食べる子供達。

子供達の遊び心が大人達を刺激して、大人の遊び心が子供達を刺激して・・・お互いの遊び心が刺激される
本日のスタッフ反省会での、細谷さんの名言でした。

|

« 祈り | トップページ | 受験生はこれを履け »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/63211620

この記事へのトラックバック一覧です: イグルーと汁粉の休日:

« 祈り | トップページ | 受験生はこれを履け »