« 島へ | トップページ | オークションサイトebayにて、ペツル社ハーネス「ASPIR アスピル」悪質な改造品見つかる »

いきなり黄金伝説。

佐渡島にて怒濤の現場作業。

仕事が順調に終わり時間ができたので佐渡金山を見学。

大事なところなのでもう一度書きます。

仕事が順調に終わり時間ができたので佐渡金山を見学。
(どうも勤務先の人間もこのブログを見ているらしい・・・)

P5
佐渡金山、もう蟻の巣のように広く長いのでいくつかの見学コースがあるのですが、もう夕方で遅かったので30分で見学できる「宗太夫坑(そうだゆうこう) 江戸金山絵巻コース」を選択。

似たような業界なもんで、金鉱採掘の現場として興味深く拝見しましたが、

P4
金鉱労働者達の、休憩と食事の場面を人形で再現した展示。
金の採掘工には様々な職種の人間が携わっているのだが、直接ノミで岩を掘る採掘工は特権的に「むしろに横になれる」権利があったらしい。なんとも過酷な職場である。

ひととおり金鉱跡を見学し、博物館となっている展示資料館を訪れる。
そこにあったのが、

P3
分厚いアクリル板のケースに置かれた、12.5kgの金塊。平成28年4月現在、6200万円の価値です。

で、この丸い孔から手を入れて、何の道具も使わず素手で、30秒以内に金塊をこの孔から取り出すと純金箔カードプレゼント!今まで成功した人は1908人!と書いてある。

で、さっそく挑戦してみました。

P2
・・・・私の腕が太すぎて、指すらも金塊に届きませんでした・・・・

文字通り、自 分 の 金 運 の 無 さ を 痛 感 し た 瞬 間 でした。

P6
佐渡の山は、高いところは雪が残り、山麓は桜はじめ様々な山野草で彩られていました。
昔の金鉱掘りたちも、同じ山野草を眺めて春を感じていたんでしょうか。
そんなことを思うほど、過酷な労働現場を今に残す佐渡金山史跡でした。

参考サイト 史跡 佐渡金山

« 島へ | トップページ | オークションサイトebayにて、ペツル社ハーネス「ASPIR アスピル」悪質な改造品見つかる »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/63537141

この記事へのトラックバック一覧です: いきなり黄金伝説。:

« 島へ | トップページ | オークションサイトebayにて、ペツル社ハーネス「ASPIR アスピル」悪質な改造品見つかる »