« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

フォンテーヌブローに油の雨が降る?

 去る9月25日朝、パリ・オルリー空港発、仏領ギアナ・カイエン行きのエールフランス航空ボーイング機にシステムトラブルが発生。
 同機はシャルル・ド・ゴール空港に着陸に際して安全を確保するため、積んでいた航空燃料を空中投棄しました。

 航空燃料を空中投棄した空域が、クライマーにも知られる岩場・フォンテーヌブローの上空のため、物議を醸しています。

Air France plane dumps fuel 'over Fontainebleau forest' by The local.fr 2016.9.26

Un Boeing Air France vidange au dessus de Fontainebleau by Kairn.com 2016.9.25

Airfr
燃料投棄中のエール・フランス機

 報道によればエールフランス航空は投棄場所を明らかにしておらず、民間の航空機軌跡を公開しているサイトによればフォンテーヌブロー上空で幾度か旋回したことが明らかにされています。
 投棄量は数十トン、メディアによっては70tという数字が明らかにされています。

 高度6000フィート(約1800m)付近で投棄された航空燃料の9割は空中で揮発したとみられていますが、残りの1割、7t前後は地上に降ったのではないかと推測されています。

 今のところ森林や岩場への被害の具体例は報告されていません。
 しかしフォンテーヌブローを擁する自治体の市長、自然保護団体は抗議の姿勢を示している一方、航空機が安全に着陸するための当然の措置という意見もあり、議論になっている模様。

 ま、前述のフランスのクライミングサイト Kairn.comに被害事例があがってないところをみると岩場は無事と思われます。
 航空機すなわち人命の安全のためにやむを得ない処置と私は割り切って考えますが、こんな「天災」もありうるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯殿山へ

9月25日、日曜。
山形県朝日少年自然の家の主催事業、『大人の月山トレッキング ~秋の月山縦走~』の登山講師兼ガイドとして参加者を引率。

 気圧配置図に表現されていない秋雨前線の末端が山形にかかるかな・・とイメージしていたが、濃いガスと低温ながらもなんとか天候は保ってくれた。
 月山・八合目駐車場から月山山頂を経て湯殿山へ下りる行程。

 残念ながら、脚を痛めた方と付き添いの方・参加者2名には、自然の家の土屋所長自らリードしてもらい姥沢に下りていただき、本隊は湯殿山へ向かう。
 初心者を意識してペースを落としていたのだが、湯殿山本宮のシャトルバス最終時間から逆算して、かなりタイトなスケジュールとなってしまった。
 金姥・施薬小屋からはあまり余裕もなく、参加者の皆様には体力的にも負担をかけてしまった。
 
 月山の紅葉は大当たりの日だったけれど、紅葉の感動も消え去るほど参加者の皆さんお疲れの様子。
 すぐ後ろについていたお客様は、「月山はいいけれど、ここ(湯殿山コース)はもういい」とおっしゃる。
 私自身は、シーズン中にわたり登山者であふれる羽黒・姥沢の両コースより、人(ひと)気の無い静かな湯殿山コースは好きなのだが。

 湯殿山コースは嫌いになっても、月山は嫌いにならないでください!(前田敦子風)

 今シーズン、正直いえば、コミュニケーション能力の無さにガイドとしての限界を感じていた。
 資格更新も次回は諦めよう。
 そんなことを考えていた。

 もちろん今回の企画のために睡眠時間を削って諸準備に励んできたし、ガイドとしてのモチベーションの低下が今回の山行に表れたとは自分でも決して思わない。
 全ての日程が終わり、自然の家H支配人から「次の企画もよろしくお願いします」とおっしゃっていただいたことは嬉しいことである。

 なんとなく、今のままの自分、今のままのガイドじゃダメなんじゃね?
 そんなことを思いながら、いつものように

 Img_1345
 帰宅途中のセブンでコーヒーとドーナッツを買い、ひとり打ち上げ。
 そして、以前のガイド山行と同様に


 ジプシーキングスの『インスピレーション』を車中で聴きながら自宅に帰る。
 今シーズンも、一つのガイド山行が終わる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山頂エレジー

月山、霧雨。

Img_1325
 山は、秋色。

 もうすぐ山頂神社、というところで一組の中年夫婦とすれ違う。
 
 女性「ふつう、山頂って頂上示す標識があるものなのよ。あなた見落としたんじゃないの?

 旦那さんらしき男性は「あ、ちょっと足場気をつけてね」とさりげなく話題をそらしている(笑)

 地元のガイドとして言っておかなければと思い、立ち止まって振り向いたが、健脚なご夫婦らしく、濃いガスの中をあっというまに下っていった。

 かなり昔の記事でも紹介しましたが、

 月山山頂で熟女を激写したい方へ。

 月山は最高点に神社が鎮座している関係で、他の山のような「○○山山頂」という標識はありません。

 ガイドとして引率した際は、月山神社の入り口(中は御神域のため撮影禁止です)、または標高の数字が入っている山頂小屋の看板前を撮影ポイントとしてオススメしています。

 初めて月山に登る皆さん、山頂標識が見つからないからといって夫婦喧嘩しませんように・・・

 さて、本日の月山は、

Img_1318
ハクサンイチゲがまだまだ見られます。

Img_1321
笹藪の中にひっそりと、今シーズン最後のハクサンフウロかな。

Img_1324
昔、山形県自然博物園でブナ林ガイドやっていたときに紅葉生成の仕組みを教わったのですが・・・
紅葉の成因となる糖分が集まるんでしょうか、カエデの実ばかりが鮮やかに深紅に染まっています。

Img_1330
山だけじゃありません。
月山・八合目駐車場に至る県道月山公園線沿いに、ウメバチソウの群落が花を咲かせていました。
花びらも長雨の影響で半透明になりかけながら、花開いています。

本日の月山は、山頂で気温を測定すると9.6度。
9月・10月に東北の山に赴く皆様、天気予報は晴天でも、防寒対策はしっかりとしてお出かけ下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富山滞在日記 2016年9月 その2

9月×日

今日もしつこく「とろろ昆布おにぎり」
現場の帰り、先日より大きいショッピングセンターに立ち寄る。
そこでようやく、見覚えのあるおにぎり発見。

Img_1308
「とろろ昆布おにぎり」

 コンビニのファミリーマートの販売データでは、「とろろ昆布おにぎり」は富山・石川・福井のみの限定販売。
 北陸の中でも、富山、そして福井の敦賀地区で特に売り上げが良く、石川県におけるそれの1.5倍を誇るという。
 仕事帰りのローカルラジオでも、富山県人ならではの食として「とろろ昆布おにぎり」の話題。
 やっぱり美味しいです。
 参考文献: 読売新聞富山支局編 『富山なぞ食探検』 2008

9月×日

現場作業の昼飯はコンビニ食。
近所のセブンイレブンで買い出しするのだが、いつも気になっているのが、販売コーナーの一角を占めている「おわら風の盆」グッズ。
富山特有の盆踊りの一種らしいのだが、カレンダー、楽曲のCD、踊り方DVDなどが販売されている。

富山市内あちこちのコンビニで買い物したが、「おわら風の盆」グッズを売っているコンビニはそのセブンイレブンだけだった。

Img_1312
気になってみたので、手ぬぐいを1枚購入してみました。

Img_1313
こんな柄です。

 コンビニエンスストアは、「識者」と呼ばれるセンセイ方には画一的な店舗・商品として地方文化の破壊者のような扱いをする人もいるようだが、はたして本当にそうなのだろうか。

 日本各地で伝統行事や風習が廃れているのは現実である。 
しかし、先の記事でアップした「とろろ昆布おにぎり」もそうだが、地域の文化というものは私たちが想像する以上にしぶとく生き残るものなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロシア隊、テレイ・サガール北壁を完登

 セルゲイ・ニーロフ、ドミトリー・グリゴリエフ、ドミトリー・ゴロフチェンコら、ロシアを代表するアルパインクライマー3名からなるロシア隊が、9月17日午前9時30分(モスクワ時間)、インドの難峰テレイ・サガール(6904m)北壁の登攀に成功しました。

P1

 セルゲイ・ニーロフら3名は過去にもキジル・アスケルなど辺境のビッグウォール登攀を手掛け、数々のピオレドール・ロシアを手にしている猛者。
 
 テレイ・サガール北壁には、1999年に故アレクセイ・ボロトフ含むロシア・ウラル隊が北壁中央を直上する「ロシアン・ダイレクト」という強烈なルートが開拓されています。
 今回のロシア隊のラインの詳細はまだ明らかにされていませんが、セルゲイ・ニーロフらが挑んだからには当然新ルートからの登攀と推測されます。
 なにぶんロシアのクライミングサイトで公表されているルート図がこれなもんで↓

P6
 この赤いラインから判断するに、北東稜と2003年に開拓された北壁を直上する「One Way Ticket」ルートの中間を開拓したものと思われます。

P2
テレイ・サガール北壁に成功した3名
左からドミトリー・グリゴリエフ、ドミトリー・ゴロフチェンコ、セルゲイ・ニーロフ

P5
9月10日、登攀中のセルゲイ・ニーロフの様子

 幾多ものルートが拓かれたテレイ・サガール北壁ですが、今回のロシア隊の詳細発表が待たれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富山滞在日記 2016年9月

9月×日
 今日から富山で現場仕事。
 ヨレヨレになってビジホに帰る。
 本日の憩い。
Img_1303
 こし餡ですが水分の少ないサラッとした餡なので合格。

9月×日
 今日も疲れて帰る。

Coffee
 富山駅前で、素敵なバリスタお姉さんのいる店でのんびりする

 というのは妄想で、冷たい現実↓
Img_1302
 今夜もビジホにこもって資料の読み込み。

9月×日。
 富山に来て、ずっとコンビニで探していました。
Img_1304
 ファミリーマート、「黒とろろ昆布おむすび」。
 
 以前に金沢に住み込んだ時、とろろ昆布おにぎりの大ファンになりました。
 全国各地を出張で廻ってますが、「とろろ昆布おにぎり」は北陸独自のメニューらしい。

 しかし、日本でも昆布消費量トップクラス富山のセブンイレブンでも、最寄りのスーパーでも、意外なことに「とろろ昆布おにぎり」に巡り会えず。
 あれは金沢だけの販売だったのか・・・とあきらめていた矢先、ようやく富山市内のファミマで発見。
 ビジホに戻って休息を取り、美味しくいただきました。

 お仕事の方は大どんでん返しがあり、予定は未定状態。
 どうも大学受験の時と同様、富山は私にとって何かと「うまくいかない」土地らしい。
 
Img_1305
 ますの寿しも喰って明日もがんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月月火水木金金

9月10日、土曜日、公休。
所用のため午前は山形市内をかけずり廻る。

Img_1300
カミさんと子供は実家に帰り、家には私一人。
近所のパン屋で塩パンを買い、歴史書とコーヒーで静かな昼。

9月11日、日曜。
さすらいの現場作業員、本日より短期ですが富山市滞在。

Img_1301
日中はお仕事なもんで、富山の街並を楽しむ機会は無さそう。
北アルプスも雲の中です。

|

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »