« 天は二物を与えた | トップページ | ワラビの根を掘る »

機織りの娘

段ボールで手作りの「手織り機」で編み物をしているウチの娘。

本物を体験させてあげたいなと思い、いろいろ探す。
「米(よね)織り」の名称で知られた、かつて繊維産業で栄えた米沢市に染め物・織物工房を発見。
連休を翌日に控えた夜、「あした織物体験できますか?」と電突。
昼間に6人ほどの団体様が来るのでそれを外せば、、と返事をいただく。

10月9日朝に自宅を発ち、
P9
米沢市の「染織工房わくわく舘」に到着。

申し込み後、さっそく2階の工房に案内される。

P1
糸、糸、糸。

P2
3つの部屋に幾台もの織機「高機(たかばた)」が置かれている。
年代は様々だが、古いものは明治に作られた、100年以上前の織機が現役で使われている。

娘がてがけるのは、コースターを作るコース。

P4
横糸が巻かれている「竹管」
織機には縦糸がセットされているので、体験者は横糸を3種類選ぶことがてぎる。

P3
まず始めに、杼(ひ、シャトル)に自分が選んだ横糸を通す。

P5
工房の方に指導いただき、織機でコースターを織る娘。
本人いわく、自作の織機に比べて足の踏み板で縦糸を上下できるのが楽だ、という。

P6
所定の長さまで織った後は、布地の前後を糊で固め、縦糸がバラバラにならないよう少し織り上げて、手前側をカット。

P8
娘の織り上げたコースター。

織っている様子はこんな感じです。↓

今回お世話になったのは、染織工房わくわく舘
ウェブサイトでは「手織りシルクコースター二枚組み¥2,160」となっていますが、控えめな娘はコースター1枚にしたため、料金も\1,080になりました。
 コースター1枚織るのに、時間にして30分前後です。どうぞみなさんお気軽に。

« 天は二物を与えた | トップページ | ワラビの根を掘る »

民俗・風土」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/64328288

この記事へのトラックバック一覧です: 機織りの娘:

« 天は二物を与えた | トップページ | ワラビの根を掘る »