« Bookmark | トップページ | 韓国隊、ガンガプルナ南壁に新ルート開拓 【Korean team established new route on south face of Gangapurna】 »

本わらび粉でわらび餅を作る

先日の ワラビの根を掘る の続き。

『本物のワラビ餅を作ろうプロジェクト!』イベントで掘り起こしたわらびの根。
主催者で、地域おこし協力隊として山形県・戸沢村 角川(つのかわ)地区に赴任している鈴木さんのご尽力の結果、約1kgの本わらび粉が完成。

 せっかくの貴重な本わらび粉、地域の方々への振る舞いや作業に協力された方々への分配もある中、鈴木さんから粉50gを送っていただきました。ありがとうございました。

 で、さっそく試食です。

P5
 鍋に入れた本わらび粉。
 公立図書館で調べた和菓子作りの書籍はどれも「わらび餅粉」(でんぷん粉を配合した物)の使用例ばかり。
 ネットでいろいろ調べた結果、本わらび粉50gに対して水200ccにして鍋で加熱してみる。

P6
 水50cc入れた段階で「あれ、水多すぎんじゃね?」と勝手に思い込んだ私。
 かき混ぜるうちにどんどん塊ができて大慌て。
 
 結局予定どおり水200cc入れ、かきまぜる。
 動画サイトでみた和菓子職人の真似をして木べらでかきまぜていたが、鍋が小さくてうまくいかない。
 そうこうするうちに、どんどん塊ができていく。
 「あ!やべーよやべーよ、やっぱりお願いしていい?」
 と、結局カミさんに助け船をお願いする。

 カミさん、小ぶりのゴムべらで順調にかき混ぜていく。
 
P7
 カミさんのかきまぜの結果、和菓子職人が作ってたような粘度になってきました。
 あー、しばらくカミさんに頭があがらんな・・・

P8
 いい感じに固まってきた、自作の「わらび餅」。

P11_2
 素直にカミさんと娘の連合軍の指示に従い、あら熱をとった「わらび餅」を氷水に入れて冷やす。

P9
 動画サイトでみた、和菓子職人がクルッと餡を包む動画が忘れられず。
 粒あん原理主義の私、カミさんが止めるのも聞かずトロッとした「わらび餅」で餡を包んでみました。
 どうみても 『 両 生 類 の 卵 』 です。

P10
 娘は上手に黄な粉をまぶして食べてました。

 本わらび粉の「わらび餅」、食感は口の中でとろっとして流れていきます。

 飯豊連峰山麓の小国町では昔々、不純物が混じった本わらび粉「クロコ」と呼ばれ、御飯にまぜて団子にしたり、胡桃をすったもの又は黄な粉をかけて「クロコ団子」となり、子供のおやつになったそうです。
 
 山奥の子供達のお菓子から、かつては醍醐天皇が好物だったという上品な和菓子まで、人々に徹底的に利用されたワラビ。
 今回途中の工程はだいぶ鈴木さんにお任せしておりましたが、こうして根掘りから体験してみて、あらためて先人のたくましさを感じた次第です。

『本物のワラビ餅を作ろうプロジェクト!』イベント主催の鈴木英策様、参加された皆様に深く感謝申し上げます。

 数ある「本わらび粉」使用のわらび餅動画で、あこがれた動画がこちら↓

« Bookmark | トップページ | 韓国隊、ガンガプルナ南壁に新ルート開拓 【Korean team established new route on south face of Gangapurna】 »

アウトドア」カテゴリの記事

山岳ガイドの甘味処」カテゴリの記事

民俗・風土」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/64389405

この記事へのトラックバック一覧です: 本わらび粉でわらび餅を作る:

« Bookmark | トップページ | 韓国隊、ガンガプルナ南壁に新ルート開拓 【Korean team established new route on south face of Gangapurna】 »