« 名護市へ | トップページ | なんぐすく桜見ウォーク »

石敢當 (いしがんどう)

Img_1681
沖縄に来てから、家屋、塀の隅っこに 『石敢當』 と書かれた表札のようなものをよく目にする。

「さすが沖縄、ずいぶん変わった苗字の表札だなあ。なんでこんな塀の片隅に埋め込まれてんのかなあ」

と思っていたのですが、これは 『石敢當』(いしがんどう シーガンタン)という魔除けです。
石は古代中国の実在の人物名、敢當は「あたるところに敵がいない」の意味、とされていますが、諸説あり民俗学の研究者の間でも論争が続いています。

 沖縄本によっては「沖縄特有」とされることもありますが、実際には北海道から鹿児島・沖縄まで日本全国に存在します。
 東北では秋田県が群を抜いて多く27基が確認、山形県では鶴岡市に1基確認されている。

 鶴岡の石敢當、明治時代に道路工事で取り払われそうになったとき、当時の初代県知事・三島通庸(鹿児島出身)が石敢當をよく知っており、そのために道路のルートを変えて石敢當を保存したというエヒソードがあるとのこと。

 中国から伝わってきた魔除けの文化が、おそらく琉球経由であろう、東北にも伝わっているとは知らなんだ。
 山形に帰ったら探してみよう。

« 名護市へ | トップページ | なんぐすく桜見ウォーク »

民俗・風土」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/64819150

この記事へのトラックバック一覧です: 石敢當 (いしがんどう):

« 名護市へ | トップページ | なんぐすく桜見ウォーク »