« UP AND ABOUT | トップページ | 嘉津宇岳はシークヮーサーの香り »

ひんぷん山羊料理店

名護市内から作業現場への通勤。

毎朝すっげえ気になるのが、国道沿いに貼ってある「ヤギ汁」 「ヤギさしみ」の看板。
沖縄の人はヤギも好んで食べるらしい。

で、やってきました。
Img_1814mini
ひんぷん山羊料理店

出張で来ているらしいサラリーマンの団体様で小さい店はいっぱいでしたが、カウンター席になんとか座らせてもらう。

本日は、
Img_1812mini
山羊汁をいただきます。

ネットでは「臭いがダメ」という声も多くみられますが、私は大丈夫でした。
中国・ネパールあたりで羊・山羊喰った経験があったからでしょうか、さほど抵抗なく食べられました。
中身はヤギの骨付き肉、内臓、皮付き脂肪など、ほとんどの部位が入っているようです。
底に沈んでいた、たぶんフーチバ(ヨモギ)が見た目にも味わいにも良いアクセントになってます。

店は二人のおばちゃんでやっており、日曜の夜、お客さんいっぱいだったせいか、ちょうど私のヤギ汁でご飯が品切れ。
おとなりのサラリーマン団体様は「ヤギのさしみ」で話がもりあがってました。
ヤギのさしみは、今度来たときの楽しみにとっておきます。

沖縄の人々にとってヤギは売買の対象ではなく、農閑期や年中行事での栄養食という位置づけ。
飼育頭数は昭和10年の15万4千頭をピークに、平成11年のデータでは1万4千頭とされている。
一方、現在のヤギ肉の輸入量はヤギ7千頭に相当する180t。
研究者によれば、沖縄県におけるヤギ肉の需要は減少しているとは一概に言えないという。
現に、スーパーの食品売り場ではオーストラリア産のヤギ肉やレトルト山羊汁があったりと、まだまだ人気は根強いようだ。

 昔は妊婦の栄養食として、また梅雨があけた時には「体に溜まった湿気を抜く」と称して厚着をして汗をかきながら山羊汁を食べたという。
 たしかに脂っこいヤギ汁でしたが、さて、来週も仕事がんばろう。

参考文献:名護市史 本編9 民俗Ⅱ 自然の文化史 名護市史編纂委員会

« UP AND ABOUT | トップページ | 嘉津宇岳はシークヮーサーの香り »

日常」カテゴリの記事

民俗・風土」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/64858530

この記事へのトラックバック一覧です: ひんぷん山羊料理店:

« UP AND ABOUT | トップページ | 嘉津宇岳はシークヮーサーの香り »