« ウォルシュ・ピラミッドの花 | トップページ | ケアンズお役立ち情報 »

Bush walking 体験記 熱帯雨林のダグラス、スミストラックを行く

5月12日。
ホテルで早めに朝食を済ませ、レンタカーでバロンゴージ(Barron Gorge)国立公園のSpeewahキャンプ場を目指す。

BushWalking。
オーストラリア特有のトレイル歩きである。
かつて高所登山から帰国した際、世界各地をまわりたいと思い、ロンリープラネット社によるオーストラリアBushwalkingガイド本を買っていたのだが、結婚して家庭を持ち、「あ、オーストラリアなんて行ってらんねえや」と思い廃品回収に出してしまっていた。今回つくづく後悔。

 幸いにも現在は、オーストラリア・クイーンズランド州政府が国立公園およびBushwalkingに関する情報をウェブで提供している。
 さらに地元・ケアンズのCairns Bush walker Clubにメールでコンタクトをとり、クラブの事務局長であるPeter Storrs氏からは様々なコースを推薦・情報をいただいた。

 ケアンズからもアプローチもよいバロンゴージ国立公園に的を絞る。
 Map_2
今回歩いたコース(赤のライン クイーンズランド州政府公開の地図に加筆)

 バロンゴージ国立公園に設定されているウォーキングトレイルはワンウェイ、つまりスタートとゴールが異なるコースが多いのだが、Speewahキャンプ場を起点に周回するコースを選択した。
 Bushwalkingコースとして知られるダグラストラック、スミストラックを巡る「一粒で二度美味しい」コースだ。歩行距離は7.9km、所要時間は5~7時間、グレードは「Easy-Moderate」とされている。

 ケアンズのホテルから車で40分、Speewahキャンプ場に到着。
 さあ、ザックを背負って出発だ。

P1
 Speewahキャンプ場、Djina-Wuトラックの出発地

P2
 出だしは整備された木道から、

P3_2
まもなく熱帯雨林の道に入る。

P4
道は狭くなっていく。

P6
Djina-Wuトラックは765mで終わり、スミストラックに入る。

P7_2
熱帯雨林だけでなく、ケアンズ周辺でよくみかける蟻塚。
帰国して知ったが、巨大な蟻塚のシロアリは食用になるらしい。味見してみたかった・・・

P8
スミストラックでみかけた花。綺麗な花らしい花は、これ一輪だった。

P9
名前不明。バロンゴージ国立公園各地に落ちている木の実。エンドウ豆っぽいが非常に硬い。
落下する実が頭に当たったら確実に怪我する硬さである。

P10
見事に地面に突き刺さっている様子。こうして芽吹くのだろうか。

P11
ずっと熱帯雨林の似たような光景の中を歩いていると、頭がぼーっとする。
気分転換に苔を眺める。

P13
オーストラリア、人もでかいが蝉の抜け殻もでかい。

P14
ストーニー・クリークロードとの合流地からは広い林道のような道が続く。

P17
薄暗い道が続くが、水がしみだしてるのだろう、突然に草が繁茂した道になる。

P18
水を求めて繁茂したのだろう、植物の葉にしたたる水滴に見とれる。

P19
10時、Yalbogie トラックとの分岐に到着。ここで行動食をとり休憩。

P20
 本日の行動食はベリー味のグラノラバー。

P21_3
 花もあまりみかけない熱帯雨林のジャングルの中で、甘酸っぱいグラノラバー喰いながら一息つきます。

P22
 休憩を終えて出発。
 スミストラックでも、昨日のウォルシュ・ピラミッドでみた三角形の標識が導いてくれます。

P23_2
10時15分、スミストラックからGandal wandunトラックに入ります。

P24
よくみかけた、キノコとも苔とも判別つかない緑のモノ。

P25
トラップあり!
ここの熱帯雨林でははるか頭上の木の上から、鋭く硬いトゲ、しかもイヤホンコードなみに細い枝が何本も垂れ下がってるところがあります。
この枝、周囲の光景に紛れて気がつきにくい。
帽子や衣服を何度もひっかけました。細くてもかなり強靱な枝なので、歩いている身体が引っ張られます。ファイントラックの夏用薄手シャツを数カ所、毛羽だたせてしまいました。

P26
月山のブナ林と同じく、倒木のあるところに日の光が差し、次の世代が成長していく。

P27_2
寄生か、共生か。他の生体に絡みつく植物の多いこと。熾烈な生存競争か。

P28
10時40分、ダグラストラックに合流。
ここまで歩いてきて、完璧にゴミ一つ落ちていないトレイルに感心する。一つも、である。
また人工物がほとんど無い。
分岐で看板はあるが、休憩用のベンチなども無い。
これがオーストラリア流であろうか。
ダグラストラックの分岐には、ベンチの代用だろうか、切り倒された丸太が並べておかれていた。

P29
ダグラストラックに入ると、幾つもの小さな水流を越える。火照った掌を冷やしながら歩く。

P31
熱帯雨林で一番よくみかけるキノコ。
眺めているとパンケーキに見えてきた。あーなんか腹減ってきた。

そして、朝一番最初に通過したDjina-Wuトラックに戻る。
あー、もう少しでBush walkingも終わりか~とぼんやり歩いていると、オーストラリアの大自然のサプライズ!

P33
前方右手からガサゴソの大きな音と気配。
みてみると、体長1メートルはあろうかという何か巨大な、毛の生えた身体。
熊か!?

自分の気配を押し殺しながら、よくよくみてみると、ヒクイドリのつがいでした。
(そーっと近づいてデジカメのシャッターを押したのですが、↑あまり上手く写ってませんでした。とほほ)
かつてギネスブックで「世界一凶暴な鳥」に認定されたという(そういう認定って・・・ヒマなのか?)巨大鳥・ヒクイドリ。
最後の最後に、野生のヒクイドリに出会えた喜び。
忘れられないBush Walkingになりました。

|

« ウォルシュ・ピラミッドの花 | トップページ | ケアンズお役立ち情報 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/65287370

この記事へのトラックバック一覧です: Bush walking 体験記 熱帯雨林のダグラス、スミストラックを行く:

« ウォルシュ・ピラミッドの花 | トップページ | ケアンズお役立ち情報 »