« 食べてみた・飲んでみた | トップページ | マルコ・プレゼリ氏の言葉 »

曇天の下

早朝、蔵王エコーラインから熊野岳を目指す。
気温6度、視界の全く効かないガス、霧雨。
立っていられない強風のため、車を出て5分もたたずに退却を決める。

蔵王中央高原に転進。
荒天時の代替ルートの下見として、コースタイムを細かく計りながら歩く。

無数に茂るマイヅルソウはまだ固いつぼみ。

Imgp2995
アカヤシオもこれからでした。

Imgp2999
ミネザクラは見頃。
山形のソメイヨシノが咲く頃、私は現場作業で西日本を巡っていたので遅い花見です。

P1
コース中、一輪だけツバメオモトが咲いてました。

蔵王中央高原の散策コース、ほとんど人と会わない静かな山歩きでした。
稜線から300~400m高度が下がり、樹林帯の中を行くため強風の影響もあまり受けないお手軽コースでした。

下山してから公立図書館でもろもろの資料を閲覧・借り出し。
ぼつぼつ夏山登山の依頼も頂戴してるので、山情報の整理中。

|

« 食べてみた・飲んでみた | トップページ | マルコ・プレゼリ氏の言葉 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/65342481

この記事へのトラックバック一覧です: 曇天の下:

« 食べてみた・飲んでみた | トップページ | マルコ・プレゼリ氏の言葉 »