« マルコ・プレゼリ氏の言葉 | トップページ | 月山・湯殿山 アプローチ交通情報 【2017年6月現在】 »

菖蒲たたき 山形県西村山郡大江町 左沢四区

Img_2173
金曜。
東京に日帰り出張。山形新幹線の最終便で帰る。
東京駅のホームの隙間から、不夜城のような東京のビルを眺める。

土曜日、公休。
溜まった原稿書き。
残念ながら、山岳雑誌のガイド記事執筆・・・などではなく、社内報の原稿二つ抱えている。あーブログの戯言書く程度に日本語も怪しいのに。

日曜日。
予定していたガイド山行は催行人数に至らずキャンセル。
朝のランニングを終え、再びはかどらない原稿書き。
その隙間をついて、大江町で開催される「菖蒲たたき」を見に行く。

P1
大江町の左沢四区、左沢駅前を車で移動すると、民家の前に菖蒲が無造作に置かれているのが目立つ。

狭い路地で、法被姿の子供たち、大人たちが何かの塊を中心に集まっている。
この左沢四区の「菖蒲たたき」、他の地区でみられるような棒状の菖蒲を地面にたたきつけるのではなく、俵状に編んだ菖蒲を集団で地面にたたきつけるのが特徴である。
まずは動画をご覧あれ。

行列のはじめに女性陣が先行し、御神酒をふるまい、菖蒲湯用の菖蒲を配り、御賽銭を預かる。
そして四区の各家庭を一軒一軒廻って「菖蒲俵」を地面に打ち付けるのだ。

口上は、『 5月の節句 菖蒲たたき ワッショイ ワッショイ 勝ったー勝ったー とても四町内にゃ かなうまいかなうまい ジャガホイ ジャガホイ 』

地元の方いわく、この「菖蒲俵」をまたいで歩くと叱られるという。地面にたたきつけるという行為は、五月という農業にとって最も大事な時期、神様に御成り戴き、豊作を祈願し、神と人が交わる神事であるという。

一昨日訪問した、無機質なビルが立ち並び、金と欲、経済と効率性に支配された東京。

そこから新幹線で三時間、神と人が交わろうとして人々が地面をたたきつける風土、山形。
たたきつけられた菖蒲が香りを放つ左沢の街並みを、私はしばらく眺め続けた。

参考文献: 山形県西村山郡大江町左沢四区著『菖蒲たたきは神の道』平成9年発行

参考サイト:山形県東根市 藤助新田 菖蒲叩き by 当ブログ2015.6.7

|

« マルコ・プレゼリ氏の言葉 | トップページ | 月山・湯殿山 アプローチ交通情報 【2017年6月現在】 »

民俗・風土」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/65371105

この記事へのトラックバック一覧です: 菖蒲たたき 山形県西村山郡大江町 左沢四区:

« マルコ・プレゼリ氏の言葉 | トップページ | 月山・湯殿山 アプローチ交通情報 【2017年6月現在】 »