« 雪解け水の彼方 | トップページ | 朝の憂いと火打岳 »

神室通い

今日から2日続けて神室連峰。

P3
山全体がしっとり。

P2
地上天気図では高気圧に覆われているはずが、寒気が流入しているのか最上地方はどんよりと曇っている。
涼しすぎるほどの気温だが湿度は高く、急登に汗を絞られる。

休憩中は、新緑から夏山の緑に移ろうとする木々の姿に目を向ける。

P4
山の中はエゾハルゼミの大合唱。

P6
シャクナゲは、ちと早かったようです。

午後は自宅で身体を休め、明日ふたたび神室の山へ。

|

« 雪解け水の彼方 | トップページ | 朝の憂いと火打岳 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/65424022

この記事へのトラックバック一覧です: 神室通い:

« 雪解け水の彼方 | トップページ | 朝の憂いと火打岳 »