« 雷 | トップページ | 曇天を突き抜けて。 »

ロシア隊、ラトックⅠ峰北壁へ

今夏特に注目すべき登山隊として、ロシア隊が難攻不落のラトックⅠ峰北壁に挑みます。

Latok1

信頼できるロシア情報筋によれば、メンバーはタムセルク南西壁中央バットレスを初登したアレクサンドル・グコフ、冬のナンガパルバットを経験しているワレリー・シャマロのペア。
7月27日、2人はロシアを出国、パキスタンに向かった模様。
ルートの詳細は明らかにされていませんが、ジム・ドニーニ、ジェフ・ロウらが挑んだラインが挙げられています。

ロシア隊によるラトックⅠ峰北壁のトライは2012年に続く試み。このときは6200mに到達したところでメンバーの体調不良もあり断念という結果でした。

アレクサンドル・グコフ、ワレリー・シャマロはいずれもロシアのアルパインクライミングにおけるトップクライマー。
幾人ものクライマーを退けたラトックⅠ峰北壁に、この2名がいかに挑むのかが注目されます。

|

« 雷 | トップページ | 曇天を突き抜けて。 »

expedition」カテゴリの記事

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/65595710

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア隊、ラトックⅠ峰北壁へ:

« 雷 | トップページ | 曇天を突き抜けて。 »