« ロシア隊、グレートトランゴ南西壁に新ルート「インシャラー」開拓 | トップページ | お茶のひととき »

『 Walls Are Meant For Climbing 』 壁は登るためにある。

『 Walls Are Meant For Climbing 』
壁は登るためにある。

North

アメリカのノースフェイス社が打ち出した、新キャンペーンのフレーズです。
賢明なクライマーの皆様お察しのとおり、これはトランプ大統領の政策「アメリカ・メキシコ国境に壁を建設する」や、大統領選に伴う「国民の分断」に対する強烈なアンチテーゼになっています。

Not THAT Wall. In New Campaign, North Face Says, 'Climb On' by mediapost 2017.8.16

以下、かなりテキトーな訳で引用開始
----------------------------------------------

 Wall は、昨年においては「激しい対立」を示す名詞でした。
 ノースフェイスの新しいキャンペーンは、何よりも「クライミング」することを望んでいます。 新たなキャンペーンのフレーズ「壁は登るためにある」は、スポーツがもつエリート主義のイメージを払拭し、通っているジムで自由にクライミングすることを推進します。

(中略)

 クライミングジムに集う都市部の若者(訳注:原文ではMillennials 2000年前後に生まれた世代をさす)の間で人気が高まっているロッククライミングは、依然としてマイナーなアクティビティです。
 新たなキャンペーンは、人々が「信頼とコミュニティの構築について、そして壁を乗り越えること」の対話を始めることを意味する、と同社は発表した。
 「壁は私たちを分断することを意味するものではなく、私たちを結び付けるものです。壁はクライミングのためのものです。」

 人々の多くは同意していない。 最近の世論調査によれば、多くのアメリカ人は、トランプ大統領による「メキシコとアメリカを分断する壁の建設」計画を嫌っているものの、いまだに支持を得ている。 最近のワシントンポスト/ ABCニュースの世論調査では、有権者の67%が壁に反対し、37%が賛成している。

 カリフォルニア州アラメダに本拠を置くノースフェイス社の広報担当者は、「そのキャンペーンは単に一つの問題よりも大きい意味合いをもつ」とマーケティング・デイリー紙にコメントしている。
「 『 Walls Are Meant For Climbing 』は、ヨーロッパ、中国、メキシコ、カナダで展開するグローバルキャンペーンとなります。 私たちの目標は、アウトドア愛好家として、クライマーとして、人間性の素晴らしさを信じる者として、政治体制や一個人に左右されず、社会を築き上げることについて人々に考えてほしいのです。」

----------------------------------------------
以上引用おわり

この記事を掲載した Mediapost は、マーケティングや広告専門の話題に特化したメディアです。
CBSやNBC、ニューヨークタイムスと関係をもっているところから、政治的には中道から左派寄りのメディアでしょうね。
記事には続きがありまして、「屋外でのクライミングがアメリカではまだまだマイナーなアクティビティ」であることが具体的な数字と共に示されているのですが、そんなニッチな世界からも拒絶されているトランプ大統領の政策。

私個人としては「意識高い系」パタゴニア社ではなく、我が愛するノースフェイス社 (過去の海外登山ではNF社のウェア使ってました) が政治的・・・というよりも人道的なメッセージをキャンペーンフレーズに込めたところは歓迎したいと思います。

|

« ロシア隊、グレートトランゴ南西壁に新ルート「インシャラー」開拓 | トップページ | お茶のひととき »

アウトドア」カテゴリの記事

クライミング」カテゴリの記事

マ ス ゴ ミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/65684846

この記事へのトラックバック一覧です: 『 Walls Are Meant For Climbing 』 壁は登るためにある。:

« ロシア隊、グレートトランゴ南西壁に新ルート「インシャラー」開拓 | トップページ | お茶のひととき »