« 月山、強風。 | トップページ | ロシア隊、ラトックⅠ峰断念 »

晩夏の泉ヶ岳 

土日。
所用で老母の送迎があるため、時間のかかる山に行けそうにない。
土曜日に雑事を済ませ、日曜、老母を車で送った後、宮城県に移動。
泉ヶ岳(1175m)に登る。

スキー場のゲレンデをさっさと登り、岡沼を越えてカモシカコース上部へ。

Imgp3392
以前、ガイド山行で仙台のお客様が
「泉ヶ岳は仙台市民の心の山です」とおっしゃっていた。
そのきっばりとした口調に、登高意欲をそそられたのだった。

正直「1000m少しのハイキングの山だろ」と思っていたが、カモシカコース上部の急登でしっかり汗を絞られる。

Imgp3395
登山コースも山頂も、登山者で大賑わい。
帰路は水神コースを下山したが、急勾配のルートにもかかわらず大勢のハイカー達とすれ違い、水神の石碑がある地点でも多くの人々が昼食休憩をとっている。
なるほど、仙台市民に愛されている山である。

昼過ぎに下山、車で奥羽山脈を越えて所用のため朝日少年自然の家を訪問。
それからまた山形盆地を横断し、東根市へ。

もう数年前から気になっていたのだが、

Img_2381
県道脇に立つ、「かたい桃あります」の看板。

ウチの娘、固い桃が大好き。
缶詰のシロップ漬けの果物は嫌い、生食が好き、と贅沢な娘に育ってしまいました。

訪れたお店で「固い桃ありませんかぁ~」とたずねようとしたら、

Img_2382
無人販売店でした。
ここで「ゆうぞら」という品種の桃6つで500円を購入。

交通量の激しい県道脇の無人販売だし、質の低い桃かなぁ~と思いましたが、帰宅して味見してみるとなかなかの固さと甘みでした。
東北地方も、これから秋の味覚の時期に突入~

|

« 月山、強風。 | トップページ | ロシア隊、ラトックⅠ峰断念 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/65776077

この記事へのトラックバック一覧です: 晩夏の泉ヶ岳 :

« 月山、強風。 | トップページ | ロシア隊、ラトックⅠ峰断念 »