« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

餅の里、一関

さすらいの現場作業員、先週から岩手県は一関に住み込み。

さっそく一関市立図書館にて調べもの。
Img_2513
地方都市の公立図書館としては非常に垢抜けたデザインで、綺麗なカフェも併設されている。
なにより社会人にうれしい、開館時間が午後8時まで。

一関市を含む岩手県南は伊達藩の影響を多大に受けていること。
そして「餅食」文化の地であることを知る。

調べていくうちに腹へってきた。あー我慢できん。
急遽、「餅膳」で知られる ふじせい に直行。
Img_2528

注文したのは、もちろん「ひと口もち膳 雑煮付」。
P1

Img_2517
こういうお雑煮付きです。

では、「ひと口もち膳」を一つずつ解説。

Img_2518
しょうが餅 具はシイタケ、根しょうがのおろし汁を効かせた「あん」がかけられている。しょうががばっちり効いていて喉にきます。

Img_2519
あんこ餅 岩手県南独特の「もち本膳」では最初にふるまわれる餅。冠婚葬祭に欠かせない一品とされ、こしあんです。

Img_2520
納豆餅 岩手県南では冠婚葬祭で餅が出されるが、納豆餅は「糸を引く」という言葉から不祝儀に出すのは禁忌とされる。

Img_2521
くるみ餅 オニグルミをすり砂糖・塩で味付けしたもの。ちなみにくるみ餅は「岩手県民の好きな餅」の上位に常にランクする餅だそうな。

Img_2522
大根おろし 甘酢で味付けされている。岩手県南伝統の「もち本膳」の中央に位置する、欠かせない一品。

Img_2523
ごま餅 黒ゴマをトロトロにすったタレ。

Img_2525
えび餅 小さな沼エビを丸ごと炒って、だし醤油であじつけした餅。岩手県南独特の餅で、食文化に関する文献を調べていて一番気になっていた餅。真っ先に箸を伸ばして喰いましたが、エビの香ばしさが餅によく合う。けれども、最初にあんこ餅を食べるのが本式の作法です。

Img_2526
ずんだ餅 枝豆をすりつぶし、砂糖・塩で味付けしたもの。本来は夏から秋の餅料理。そもそも岩手県南に餅文化が根付いた理由の一つは伊達藩の影響といわれるが、当然ずんだ餅も流入してきたものだろう。

Img_2527
じゅうね餅 「じゅうね」とはシソ科の「エゴマ」の実をさす。ゴマ同様によくすって砂糖・塩で味付けしています。かすかにシソっぽい風味です。

タレを残さずたべられるようスプーンもつきます。各小皿の餅は一口サイズなので、小食な女性の方でも全部食べられると思います。

 以前とりあげた「お茶餅」でも書きましたが、餅文化といっても、もともとは貧しい農民たちはクズ米を粉にして練り、「しいな餅」として食していました。
 古老の証言では、現在のように「白い餅」が食べられるようになったのは昭和35年あたりから、と言われています。ちょうど日本の高度経済成長の頃ですね。
 しかし昭和40年頃を境として、県南地域の結婚式から本格的な「もちふるまい」、「もち膳」の習慣・作法が消えていきました。
 ようやく生活が豊かになり、「白い餅」が食べられるようになると同時に、地方独特の習慣も消えていく。

 一方で、岩手県南の自治体では「餅食文化」としてイベントや研究会などで、古来の「もち本膳」の作法を残すべく活動が続けられています。

 初日に美味しい「ひと口もち膳」を食ったし、今週も仕事頑張ろう(自己申告)。

参考文献 : 一関もち文化研究会「一関地方に伝わる「もち膳」の再現」平成18年、 一関もち食推進会議「もちのまち」平成29年、佐藤育郎「一関お餅道場」平成20年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショウナ・コクシーはワーゲン好きらしい

イギリスのショウナ・コクシーは、フォルクスワーゲン好きらしい・・・

イギリスはシェフィールドにほど近い街・ロザラムのフォルクスワーゲン輸入代理店・バン専門店「Leighton Vans」のPR動画に出演してます。
やかましいBGMのクライミング動画と違い、ピアノをメインにした音楽がヨーロピアン風ですな↓

ショウナ・コクシーはプライベートでもフォルクスワーゲンのバンを愛用してるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロシア隊、プンギ南東壁完登

 信頼できるロシア情報筋によれば、ロシア人ペアがネパールヒマラヤ、プンギ(Phungi 6538m)南東壁の登攀に成功しました。

Phungi

メンバーはアレクセイ・ロウチンスキー(2014年タムセルク南西壁中央バットレス初登)、ユーリ・コシェレンコ(2003年ワレリー・ババノフと共にヌプツェ東峰南東バットレス初登)の2人。

10月26日にBCを発ち、雪氷壁をたどって10月28日16時30分に登頂、30日にはBCに無事下降。
登攀中はひたすら寒かった、とのコメントを伝えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンドラ(Pandra 6,700m)北東壁、陥つ

 去る10月18日、カンチェンジュンガ山群のパンドラ(Pandra 6,700m)北東壁がフランス隊によって完登されました。

Pandra4

Mathieu Détrie, Pierre Labbre y Benjamin Védrines abren una gran línea al Pandra (6.700 m) by Desnivel 2017.11.3

マシュー・デトリー(Mathieu Détrie)、ピエール・ラブレ(Pierre Labbre)、ベンジャミン・ヴェドリーヌ(Benjamin Védrines)のトリオは10月16日に北東壁にとりつき、6000m、6400mでビバーク、18日14時に登頂、19日にはBCに無事下降した。

2016年の日本隊 (2015年の谷口けい隊か?) のラインを踏襲するのではなく自分たちのラインをたどったとしている。

Pandra_2
今回のフランス隊のライン

Pandra2
10月16日、北東壁にとりつく

Pandra3
10月18日、頂上直下の雪壁

彼らが登攀した北東壁のラインは「Peine plancher」(短期懲役刑)、(1200 m、ED、WI6、M6)と命名されました。

Pandra5
フランス隊の3名。キャプションが無いので誰が誰だかわかりません。
先日のヌプツェ南壁を登攀した「髭ギャング」にならって「ハゲギャング」にしたとか。流行なのか!?

公開されている散髪の様子↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年 ピオレドールアジア賞は、

11月3日18時より韓国・ソウルで開催されたピオレドール・アジア賞の審査および表彰式において、

2017年ピオレドール・アジア賞はシスパーレ北東壁の平出・中島ペア、
Po2
2歳の我が子と共に表彰台に立つ平出氏

2017年ゴールデン・クライミングシューズ賞は、韓国のチョン・ジョンウォンに決定しました。
Po3
表彰台に立つチョン・ジョンウォン氏

そしてピオレドールアジア・生涯功労賞は、
Po1
インドのハリシュ・カパディア氏に贈られました。

本家ピオレドールの生涯功労賞は欧米・西ヨーロッパ人に偏向していますが、ハリシュ・カパディア氏がインドヒマラヤ登山に貢献してきた功績を考えるならば、十分に本家ピオレドールの生涯功労賞の資格があると当ブログでは主張しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月山・姥沢口の県道通行止め 【2017年11月2日現在】

所属する月山朝日ガイド協会からの告知です。
10月30日の降積雪のため、姥沢登山口に通じる県道が早めに閉鎖になりました。

以下引用開始
--------------------------------------

 志津から姥沢に向かう県道は、当初11/6の冬季閉鎖予定でしたが、10/30の積雪のため、早めに閉鎖になりました。志津の積雪はすぐ消えましたが、姥沢は積雪が残っている可能性があります。
 博物園入り口のところで閉鎖となっていますので、ご注意ください。
 また、強い寒気が入ると博物園までの道路や、国道112号もいつ積雪するかわかりませんので、夏タイヤの方は天気予報や国道ライブカメラなどチェックして無理のないようお願いします。

--------------------------------------
以上引用おわり

山形県の庄内・内陸を結ぶ国道112号線では既に降雪がみられています。
山越えして晩秋の登山を計画されている方、道路状況にはじゅうぶんご注意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »