« 本日よりしばらく | トップページ | ポーランド隊、冬季K2登頂を断念 »

笑う子供達

 神奈川県某所の出張先から一時帰宅させてもらい、山形県朝日少年自然の家企画事業『ブナ雪原探検隊』の第2日目日程にサポーター参加。

 Img_2823
今年も晴天に恵まれました。

Img_2824
豊富な積雪のおかげでヤドリギも間近に観察することができる。

Img_2826
斜面は滑り台に早変わり

Img_2830
今年の参加者は小学生7名、保護者の方1名。
学校が異なるのでスタッフの方も雰囲気作りに気を配ったとのことでしたが、皆打ち解けて補食(行動食)のお菓子を交換したりしている。
所長いわく「大人より子供達の方がすぐに打ち解けるよね」
横で聞いていて、人間関係の構築が下手な私は反省。

「一本ブナ」と呼ばれる大木のところまで来ると、たいてい女の子たちは「ここでお昼にしようよー」 「つかれたー」という声が出て歩くペースも落ちてくる。

隆ちゃん(所長の奥様)から「キットカット配るよー」と差し入れの声がかかると、

P4
これぐらいの勢いで駆け寄ってきた子供達↓

Img_2832

Img_2835
いつもの小ピークは冷たい風があたるため、風のあたらない沼地に移動して昼食。
何が可笑しいのか、女の子4人組の笑い声がいつまでも響く。

P2
雪の斜面があれば、そこが遊び場。

Img_2837
私は静かな昼食時間を過ごさせてもらいました。
本日のガイド講師、月山朝日ガイド協会事務局の横山さんともガイド談義。

Img_2836
昼食時、お湯とコーヒーを配って歩くスタッフのお三方。
今年度も朝日少年自然の家での行事ではお世話になりました。

この日は別れの集い前に、退出させていただく。
自宅で山道具を手早く片付けた後、ふたたび神奈川県某市に車で移動。
また明日から現場作業の日々に戻ります。

|

« 本日よりしばらく | トップページ | ポーランド隊、冬季K2登頂を断念 »

ブナ林ガイド」カテゴリの記事

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑う子供達:

« 本日よりしばらく | トップページ | ポーランド隊、冬季K2登頂を断念 »