« キリル文字の夜 第一夜 | トップページ | キリル文字の夜 第三夜 »

キリル文字の夜 第二夜

東京ロシア語学院、通学2日目。

P2
教室は机が3列ほど並ぶ、小さい教室だ。
受講生は私を含めて7名。男性2名、女性5名という構成。
担当講師は滝野泰志先生。

授業はひたすらキリル文字(ロシア語のアルファベット)の発音。
各文字の発音、イントネーションの解説が終わった後、子音には母音を付け、各文字の項目では例文(例「単語」)が出てくるので、
「はい大滝さん、この単語を初めから読んでみて下さい」
と受講生全員が一人ずつ音読していき、次の文字に移る、という流れで授業は進む。

今日は初めからロシア文字「P」の発音に悩まされる。
ロシア文字「P」は舌を震わせてラ行の発音になるのだが、この舌を震わせて発音するのが難しい。
受講生皆さん、ロシア語学習に思い入れがある方ばかりなのか、皆さん舌を震わせるのがなかなか巧い。

さらに厄介なのが「ы」。
日本語の「い」の口の構えのまま、舌を奥に引っ込めた状態で発音する。
先生曰く、「日本語にも英語にも無い発音、これは練習が必要です」。

もっとも、テキスト独習ではできないナマの発音を知りたくて、わざわざ仕事帰りに専門学校に通っているのだが。

2日目はロシア文字発音の困難さの洗礼を受けてトボトボ帰る。

|

« キリル文字の夜 第一夜 | トップページ | キリル文字の夜 第三夜 »

ぷち大学院ライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キリル文字の夜 第二夜:

« キリル文字の夜 第一夜 | トップページ | キリル文字の夜 第三夜 »