« 桜吹雪の中で | トップページ | 鳥海山LOVE第3弾 鳥海荘ラスク »

鳥海山 矢島口(祓川) 2018年4月30日

P1
山スキーで鳥海山(七高山)を矢島口から往復。

P2
登っても、登っても、

Dsc00030_2
近づかない頂上(笑)

山頂直下の急斜面はもうグズグズのザラメ雪、スキー板を夏道にデポし、兼用靴にアイゼンを装着して七高山を往復。

行動食をかじっていると、背後から会話が聞こえる。
「○○さん、今日お帰りですか」
「いえ、今日もう一泊して、この山の別ルートを登ってみます」
その中年女性は車中泊で鳥海山を攻めまくっているらしい。
これだけの人気を誇る鳥海山。地元の人間として、もっと経験を積まなければ、と思う。

超ウルトラスーパー久々の山スキー、冷や汗かきながら斜面を滑りながら自然観察。
Dsc00050
雪の中から顔を出したシャクナゲ、つぼみが付いていました。

Tm2
祓川山荘最寄りの駐車場は車で満杯。
私はその手前の駐車場に停めていたが、朝6時には空いていたが12時に下山してみると車でぎっしり。

スキーバムが多いらしく、車中泊の装備が詰まった荷室、ハッチドアにはウェアが干してあったりと、表現は悪いが『難民キャンプ』状態。皆さんバリバリ滑りまくってるな-。

私も駐車場で装備を乾燥させてから、温泉めざして駐車場を発つ。
ときおり、植物観察するため車を停めながらの移動。

Dsc00053
車道の雪壁から突き出た枝は、マンサクの花盛り。

Dsc00057
山麓にはタムシバが咲き始めてました。

Dsc00065
新緑の中にヤマザクラが満開でした。

山スキーと早春の緑を味わいながら、帰宅の途につきました。

|

« 桜吹雪の中で | トップページ | 鳥海山LOVE第3弾 鳥海荘ラスク »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥海山 矢島口(祓川) 2018年4月30日:

« 桜吹雪の中で | トップページ | 鳥海山LOVE第3弾 鳥海荘ラスク »