« 餅が舞う夜 小樽稲荷神社編 | トップページ | 2018年ピオレドール生涯功労賞に、アンドレイ・シュトレムフェリ »

銭函天狗山 536m

休日。
小樽市東方に位置する銭函天狗山(536m)へ。
Dsc00221

登山行程の上半部には花はほとんど見られませんでしたが、それを補ってあまりある景観の素晴らしさ。
Dsc00220
頂上直下で石狩湾、札幌方面を望む。

Dsc00225
標高536mでこの雄大な登山道。

Dsc00223
山頂でコーヒータイム。
スーパーで買い求めた「べこ餅」。先日に景星餅菓商で買ったものと異なり、オーソドックスな二色の餅です。

Yoichi
山頂から遙か彼方に望む余市岳。
基本的に私、会社の出張で小樽に来ているため、登山装備は最低限のものしか持ち込んでない。
余市岳も考えていたのですが、雪の残り具合から、また次の機会かな。

帰路は自然観察しながら。

Dsc00228
ガレ場が始まる所に生えていた桑の木。実はまだまだ青いです。

Dsc00231
登山道前半を彩るイワハタザオ

Dsc00232
一輪だけ見つけた、たぶんノビネチドリ

Dsc00209
ハナウド

Dsc00234
オドリコソウ

銭函天狗山、その標高にかかわらず素晴らしい山でした。

全行程を通じて滑りやすい土の道で、雨天やその翌日などは要注意。

Dsc00233
登山口から間もない場所にたつ「銭天山荘」、隣接したトイレは「使用可」の掛札が下がっていましたが、トレペは残り少なくなっていました。トイレ利用される方は紙を持参した方がよいです。

|

« 餅が舞う夜 小樽稲荷神社編 | トップページ | 2018年ピオレドール生涯功労賞に、アンドレイ・シュトレムフェリ »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銭函天狗山 536m:

« 餅が舞う夜 小樽稲荷神社編 | トップページ | 2018年ピオレドール生涯功労賞に、アンドレイ・シュトレムフェリ »