« 2018年ピオレドール生涯功労賞に、アンドレイ・シュトレムフェリ | トップページ | 鮭の玉葱煮 »

菊原餅菓商、みなともち 【北海道小樽市】

6月某日、現場作業が早めに終わる。

この機会を逃さず、日曜休業・平日は早めに閉まる餅屋を訪問。

もう何度も訪問の機会を逃した「菊原餅菓商」に突入。
Img_3288

Img_3286
平日の早い時間、なんとか商品も残っている。
この中から、本日は
Img_3296
紅色の大福と草餅を購入。
大福は皮が厚く、いかにも「餅を喰っている」感じがして◎。
草餅は以前に訪れた開福屋の草餅と異なり綺麗にヨモギが粉砕されて草餅を形作っている。もちろん草餅の風味は失われることなく◎。
この菊原餅菓商、国道5号線の目立つ通りに
Img_3289
「もち専門」の堂々たる看板。

続いて、「みなともち」を訪問。
Img_3290

きさくなおばさんに「もう大福売り切れちゃったのよ~」と言われつつチョイスしたのは、
Img_3292
大島まんじゅう(左)と小樽市民おなじみべコ餅(右)
大島まんじゅうは、いわゆる温泉まんじゅうと同じです。ただし皮が分厚い。私個人的には皮が極薄の温泉まんじゅうより、こっちの大島まんじゅうの方がいいです。

こちらのお店でも他の餅屋同様、切り餅が店頭に並んでいる。
おばさんに、小樽の人はどんな時に切り餅を買うのか・食べるのか、たずねてみる。
「この切り餅、夕食じゃなくて昼とかに雑煮にしたり焼いて海苔巻いて食べたりするのよ。腹持ちがいいでしょ。」
という回答。
もちろんスーパーでも大手メーカーの切り餅売ってますが、こういう餅専門店の切り餅も需要あるんでしょうね。

山形から来たということで「あら米どころでしょ、餅食べるでしょ」と、北海道と山形の餅談義で少し立ち話させてもらいました。

|

« 2018年ピオレドール生涯功労賞に、アンドレイ・シュトレムフェリ | トップページ | 鮭の玉葱煮 »

山岳ガイドの甘味処」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菊原餅菓商、みなともち 【北海道小樽市】:

« 2018年ピオレドール生涯功労賞に、アンドレイ・シュトレムフェリ | トップページ | 鮭の玉葱煮 »