« 嵐の前に | トップページ | 学 食 »

茶屋かたくら

月山姥沢ルートの巡回を終え、山形県自然博物園へ。
ブナ林散策路に入る。

Imgp3480
ちょうど『もりのようちえん』イベント開催中。
子供達が「きのこさん、さようなら~」 「でっかいなめくじいる!」とにぎやかだ。
年少の子供達の自然に感動する姿は、純だなあ-。

Imgp3477
ブナ林のナメクジ。これでも小型です。

Imgp3478
桑の実がいい感じに実ってました。

Imgp3482
ツアー登山で豪雨に出くわした際に代替案としてブナ林散策する場合もあるので、ガイドネタ探しに来たのですが、やはりブナ林の中にいると落ち着きます。

Imgp3488
静寂のブナ林広場にて。
もうすぐやってくる子供達、ここではどんな大発見をするのでしょう。

Imgp3492
帰路、ヤマホトトギスを見つける。このシュールな形が好き。

Imgp3496
山形県自然博物園。
ここでは休園日(毎週月曜)を除く毎日、9時30分と13時30分発でインタープリターによる無料のブナ林ガイドが行われます。(参加希望者は15分前までに博物園カウンターにて手続きください)
ここを目的に月山に来ても十分楽しめる内容です。皆さんぜひどうぞ。

ブナ林を歩き終えて西川町に下ると、かたくら茶屋が開いている。

ここ数シーズン、月山の帰りに立ち寄りたくてもいつも「本日だんごは売り切れました」の貼り紙だったが、今日は大丈夫のようだ。

Img_3475
本日は「ぬた」と「あんこ」をチョイス。左のコップの中身は麦茶です。
山の帰りは風呂よりも甘いモノ優先。うめー。

|

« 嵐の前に | トップページ | 学 食 »

山岳ガイドの甘味処」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶屋かたくら:

« 嵐の前に | トップページ | 学 食 »