« 子供達と化石を掘る2018 | トップページ | トレーラー日和 »

中国人ペア、ミニヤコンカ峰に新ルートから登頂か

 去る10月18日16時45分、難峰として知られるミニヤコンカ主峰(7556m)に中国人の李宗利(Li Zongli 39歳)、童海軍(Tong Hijun 23歳)のペアが登頂に成功しました。
 ミニヤコンカ峰登頂としては昨年のチェコ隊に続き通算で第10登、中国人としては61年ぶりの第2登となります。

 蜀山之巅,蜀人来了! by 人民網2018.10.18

Li1
登高中の李宗利

Litong
下山を果たした、顔面の凍傷の生々しい李宗利(左)、童海軍(右)

2人は10月12日に成都を出発、14日に標高4000mのBC入り、17日には6700mのC3に到達、18日午前5時20分にC3を出て登頂に至ったものです。
下山途上、高度障害のせいか李宗利が突然失明状態に陥るアクシデントを乗り越え、生還しました。

彼らの申告では、登頂ルートは「北壁~北東稜」をアルパインスタイルで登攀したとのことで、詳細な報告が待たれます。彼らが携帯したスマホでは7495.9mまで記録されており、その後スマホが故障したとのこと。四川省登山協会では彼らの登頂を認定する方向で動いているようです。

今回登頂に成功した李宗利は四川省運動技術学院でレスリングを学び、そこから登山に転進した変わり種ですが、中国登山協会が招いたフランス人コーチの指導を受け、中国登山界における山岳ガイドの先駆け的存在です。
2016年に仲間2名と共にミニヤコンカ北東稜に挑んでいますが、この年は6700mで敗退。今回は8月にボゴダ山群で高所順応を済ませてのトライでした。

中国マネーにモノを言わせた、商業登山隊利用の8000m峰14座登頂者を続々輩出している中国登山界ですが、久々に中国人アルパインクライマーの実力を感じさせる報道です。

|

« 子供達と化石を掘る2018 | トップページ | トレーラー日和 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国人ペア、ミニヤコンカ峰に新ルートから登頂か:

« 子供達と化石を掘る2018 | トップページ | トレーラー日和 »