« 追悼 生亀知侑先生 | トップページ | アメリカ日記 2018 出発~到着編 »

ピオレドールロシア2018 ノミネート

ロシア山岳連盟が選定する『ピオレドール・ロシア』。
今年2018年の候補として、最終的に次の4隊がノミネートされました。

Шорт-лист премии "Золотой ледоруб России" by Alpfederation.ru 2018.11.17

コティン峰(Шайтанхана峰)4521m北西壁中央バットレス初登 6A 1300m
イワン・テメレフ、イゴール・スザルトセフ、アントン・カシェフニク、ティムール・アルディン・ケーレル
2018年7月22~25日
1

キルギスタン キジル・アスケル南東壁新ルート 
エジゲニー・ムリン、イラ・ペニャエフ
2018年7月24~8月1日
1_2
イネス・パペート、ルーク・リンデックが開拓したルートの左に該当します。

2
きわどい場所でビバークしながらの登攀だったようです

4810m,峰(オデッサ峰) カペイカ・ルート開拓 6B 1000m
イワン・テメレフ、イゴール・スザルトセフ、アントン・カシェフニク、ティムール・アルディン・ケーレル
2018年7月29日~8月4日
2_2

6
11ピッチめ登攀の模様

キジル・アスケル主峰中央バットレス 第2登 6B 1500m
ナガーエフ・R、マティニャン・A、トリコゾフ・M
2018年7月25日~8月3日
4

5
16ピッチめ登攀の模様

当初はアバラコフ峰や劇的な救出作業が行われたラトックⅠ峰などの高所登山も含む13隊がノミネートされていましたが、今年はビッグウォールの4隊に絞られました。

毎年指摘していますが、ピオレドールロシアに関して日本はじめ西側諸国の山岳メディアはなぜかスルーしていますが、mountain.ruの該当記事をご覧いただければおわかりのように、ノミネートされたクライミングの詳細な報告・トポが共通した書式でPDFファイルで公開され、審査過程がなかなか表に出ない他のピオレドールと異なり、後進のクライマー達にとって参考になるシステムになっています。(隊によってはPDFファイル12MBとか巨大なので注意)
ピオレドールは競争ではないとか御託を並べる前に、こういった点は関係者に見習ってほしいものです。

2018年ピオレドール・ロシアの選定結果発表は12月1日の予定です。

|

« 追悼 生亀知侑先生 | トップページ | アメリカ日記 2018 出発~到着編 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピオレドールロシア2018 ノミネート:

« 追悼 生亀知侑先生 | トップページ | アメリカ日記 2018 出発~到着編 »