« ロシア・ポーランド隊、ジャヌー東壁へ | トップページ | ブナ雪原探検と雪山遊び 2019 第1日め »

山の神を迎える人々

2月24日、山形県鶴岡市 戸沢地区。

戸沢地区で行われる、山の神を迎える神事 「山の神迎え」を見学させていただく。
集落に2箇所ある山の神の社(やしろ)の大木に、藁で作った巨大なノサ(御幣)を掛けるという行事である。

P5
会場は戸沢自治公民館の体育館。
バスケのゴールに荒縄で吊した藁束から、御幣の「綱ぶち」が行われる。

P6
幾本もの綱が伸ばされていく。
戸沢集落の青年8名、指導役1名で作業が進められる。

P7
昔は女人禁制だったが、現在は女性が御神酒の接待役にまわる。
御神酒を口にしながら、作業は進む。

P8
伸ばした綱を巻き上げてまとめ、床に下ろして仕上げ。
「結び目はこうで・・・」
「正面はこっちで・・・」
と、指導役の方の指導に従い、男性達が藁をない、まとめていく。
今年は集落内で不幸があり、参加人数も少ないとのこと。

13時半頃に始まった「綱ぶち」、ノサ(御幣)2つが完成したのは15時55分だった。

P1
ノサ(御幣)を担ぐ役2名、まさかりを担ぐ役2名が講堂で正座し、御神酒を授かる。

それから皆は公民館2階の和室に設けられた「神域」に入り、神事が始まる。
拝礼、謡、御神酒、そして

P2
担ぎ役の4名は顔に米のシトギ(水に浸した米を砕いて粉にして固めたもの)を塗りつける。

これら神事が終わった後、皆が部屋を出ようとしたところで、指導役の方から
「結界切れよ!」
と声が飛ぶ。
和室にはしめ縄が張ってあり、それを切ってから外に出よ、ということらしい。
神事では皆さん整然と謡を唱え、結界を築いている。
きわめて厳粛に神事が進められ、伝統が守られていることを感じる。

外に出て、担ぎ役は二手に分かれて集落を練り歩く。
「こちらの方が見学にはいいと思いますよ」
と、私に移動距離の短い組を進めていただき、ついていく。

P11
大声で『オヤマカセーッ』と唱えながら、山の神の社をめざす。

P9
お社の中で、あらためて拝礼、謡を唱える。
そして、お社に隣接した大木にハシゴがかけられる。

P3
綱を担ぐ役の方は大変そうだが、無事に今年のノサが大木に掛けられた。
正面は近隣の菅野代集落の方に向けるという。
昔はよじ登り、木のてっぺんに掛けるほどよいとされていたそうだが、今は「ハシゴで登れるところまででいいぞ」とされているようだ。

この後、民家を廻り自治公民館に戻って直会となる。余所者の私は大木にノサを掛けたところを見届けて退出させていただいた。

ノサ(御幣)の綱ぶちから大木のノサ掛けまでを動画に収録しました。

帰路、鶴岡市内を車で走っていると、雄大な月山・東面が夕陽でほんのり紅く染まり始めていた。
P10

紅く染まり始めた月山の、人間を寄せ付けないような美しさ。
山の神を迎える人々の信仰心を、改めて強く感じた瞬間だった。

|

« ロシア・ポーランド隊、ジャヌー東壁へ | トップページ | ブナ雪原探検と雪山遊び 2019 第1日め »

民俗・風土」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山の神を迎える人々:

« ロシア・ポーランド隊、ジャヌー東壁へ | トップページ | ブナ雪原探検と雪山遊び 2019 第1日め »