« ブナ雪原探検と雪山遊び 2019 第2日め | トップページ | あれから8年 »

オスプレイの軍門に下る

P17
今まで散々「オスプレイはゴタゴタしていて豆腐の角に頭ぶつけて▲ね」とこきおろしてきた私ですが、今シーズンからオスプレイ社のバリアントを使用。

 発端は、バックカントリーまたは冬季用のザックを新調するため、天童市のマウンテンゴリラの誉田さんと二人で様々なザックを物色。
 時には誉田さんが「こんなの安っぽいぞ」とダメだし、時には私が 「このピラピラはダメ」とダメだし、結局消去法で残ったのが、オスプレイ社のバリアント。色はもちろん何も考えず、私の好きな「赤」です。

 かさばるスノースコップを外付けできるポケットが使いやすい。
 オスプレイ社製品を毛嫌いしてきた自分を素直に反省。

 でも今度ザックを新調するときは、やっぱりシンプルデザインのクライミングザックになると思う。

|

« ブナ雪原探検と雪山遊び 2019 第2日め | トップページ | あれから8年 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイの軍門に下る:

« ブナ雪原探検と雪山遊び 2019 第2日め | トップページ | あれから8年 »