« 初夏キャンプとブナの森探検 2019 第2日目 | トップページ | 5~6月お仕事日記 »

金比羅樽流し 山形県中山町 川向地区 2019

金比羅信仰。

香川県琴平町「金刀比羅宮」を敬う信仰として水上安全祈願から江戸時代以降は諸願成就の神様となり、全国各地に「請」が組織され参拝が行われた。

この信仰が北前船で日本海、最上川を経由して山形県内各地へと伝わったのが「樽流し」の風習である。

しかし山形県内でもその風習は次々と途絶し、今現在は山形県中山町 川向地区に残るのみとなった。以前から見学したいと思いつつなかなか機会が得られなかったのだが、令和元年の6月1日、ようやく見学できる機会を得た。

P1_9

樽流し祭礼を控えた、中山町川向地区の「金比羅山」石碑。

石碑には大正三年と刻まれている。樽流し行事に関する資料は、大正三年の古文書が最古のものでそれより古いものは残されていない。山形県内の金比羅山石碑の年号が寛政年間(1789~1800)に集中していることから、それ以降に始まった行事と推測されている。

行事は朝9時から、長崎地区の天台寺門宗光秀院住職(地元の人は法印と呼ぶ)の法螺貝と読経、関係者の玉串奉納と続く。

それから樽、注連縄を持ち出して目前を流れる最上川に流される。

この行事は請の方も高齢のお二人だけとなり、途絶が懸念されたが、「樽流保存会」が結成され、中山町町長、山形県観光課課長も参列する行事になっていた。

P2_8

請の関係者、町長、県の課長も参列する行事とはいえ、ときおり農作業や地元の方の車が通る度、通行スペースを空けなければならない。ドライバーは祭事には全く関心が無いそぶりで通過していく。

人々の関心が薄れていく中で、樽流し行事を継続させていった地元関係者皆様の努力に頭が下がる思い。

P4_4

流される樽。かつては近隣の長崎地区の樽職人がいたのだが亡くなってしまい、今は山形市内の樽屋から3500円で購入したものを毎年使い回ししている。

 本来は中に酒を入れ、川に流す。下流で拾った人は中の酒を飲み、また酒をつぎ足して流してやるという。文献によっては、つぎ足すなどということもせずそのまま流すことが多かったと記録されている。

P5_4

文献では、復活した樽流し行事では樽がなかなか入手できないため、下流で網で樽を回収すると記録されているが、現在は樽にシャックル(U字型の金具)をとりつけ、ロープで結び、カヌーで樽を曳航する形式で行事が進められる。樽が流れる演出である。地元の方の話によれば、樽を流す場所は昔は水流があったのだが、今は水の流れが緩やかすぎて樽が流れていかないのだという。

 樽と注連縄を流す様子を動画に記録しました。↓

 

樽と注連縄を流し終えた後、石碑の前の捧げ物をみてみました。

P6_3

米と塩、御神酒とスルメです。スルメは千切って「御護符で皆に配れや」と関係者の方が指示していました。仏教では禁葷食のネギがささげられていることが印象に残ります。こちら中山町は山形で有名な「芋煮会」発祥の地と呼ばれ、ネギも地元の産品なので捧げられているのでしょう。

Img_4117 

奉納金を持参してお伺いしたところ、このような手ぬぐいを頂きました。樽曳航のカヌーにも貼られていた手ぬぐいです。川の流れと樽をシンプルに表現したデザインが秀逸です。また芳名帳に記入したところ、後日丁寧な御礼のハガキを頂きました。関係者皆様のご健康と行事の継続をお祈りいたします。

参考文献:山形県教育委員会編『山形県の民俗芸能』1995、野口一雄著『山形県の金毘羅信仰』2004、川向金比羅請中・中山町川向金比羅樽流保存会作成パンフレット『中山町川向金比羅樽流し』2019

|

« 初夏キャンプとブナの森探検 2019 第2日目 | トップページ | 5~6月お仕事日記 »

民俗・風土」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初夏キャンプとブナの森探検 2019 第2日目 | トップページ | 5~6月お仕事日記 »