« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

休息の山

東北地方も低温の日々から一気に蒸し暑くなる。

どうにか仕事を片付けて土曜の公休をもぎとり、月山・姥沢ルートへ。

始発のリフトに乗り歩き始めるが、時々寒気がする。高湿な中、身体は既に汗びっしょりなのに。

P1_20190728220801

ヤッケが欲しくなるような冷涼な日々から、一気に蒸し暑くなった。

昨年は出張で寒い程の北海道・小樽で過ごした後、猛暑の山形に戻った際に体調がおかしかった

今回も同様のパターンだろうか。姥ヶ岳に到達したところで、どうも身体が本調子でないような感じ。

私は野蛮人なので、

Bj

 

こ の ま ま 登 っ て 治 す 」とハラを決める。(※良識ある登山者の皆様は、体調不良を感じたら下山してくださいね)

P3_20190728221401

月山の稜線、笹の陰に隠れていたゴゼンタチバナ。

鍛冶月光の急坂のゴゼンタチバナよりも、なぜか姥ヶ岳~牛首稜線のゴゼンタチバナの方が大きい。

P4_20190728221601

私の好きなヤマハハコも、あちこちで花開き始めました。

やっぱ高山植物も結婚相手も地味な方がいいですね。(何か変なこと書きました?)

P5_20190728221901

前述のとおり私は野蛮人なので、山頂直下の鍛冶月光を登っているうちに身体の寒気も収まり、調子が出てきた。

山頂はハクサンフウロの真っ盛り。

私の得た情報では、14時には雨雲が襲来することを掴んでいたため、さっさと下山。

えらい元気で下山も速い、若い女の子2人組と前後して下りる。

P8_20190728222301 

土曜日、昼前の鍛冶月光はこれから山頂に立とうとする登山者の行列が牛首から続く。

前述の女の子たちがぼそっとつぶやく。

「台風だから、みんな関東から逃げてきたんだね~」

プライベート山行で息抜きも兼ねてマイペースで登り、昼12時前には車で国道112号線まで下りる。

P7_20190728222601

本日も飯より先に「かたくらだんごや」に立ち寄る。今回は変化球でしょうゆとぬたを注文。

下界は37℃の猛暑の中、激冷えの麦茶も美味い。

 

今週は猛暑の中の現場作業。

不本意な人事でうちの部署に来た若者くんが暑さで座り込む中、私と相棒はかまわず撤収作業を続けて引き揚げてきた。

会社に戻った後は、各現場から戻った若手社員が帰宅するのを見送りながら、仕事のデータの整理、図面を眺めながら明日の作業の準備。

事務所を施錠して職場を退出し、実家の老母を訪ね、それから帰宅。

メシと寝るまでの短い間が、ガイド山行の準備タイム。

次回は、誰もいない低山でゆっくりしようと思います。

| | コメント (0)

ガイド殺すにゃ刃物はいらぬ

ガイド殺すにゃ刃物はいらぬ、雨の3日も降ればいい。

とは、某ガイドの名言。

朝日少年自然の家夏季キャンプの登山下見のため、一ヶ月以上も前から休暇を確保し山行に臨んでいたのですが、収集した情報では昼前から雷雨の気配。

天候判断も頼まれていた私、雷予報が出ている事、昼過ぎから天候が崩れることをお伝えしたところ、担当の山口さん経由で、板垣所長のご英断があり山行は中止。

Garain

下界の山形市内は青空も見える曇天ですが、ピンポイントで月山は凄い天気になってました。

脳味噌はいつも休止状態の私ですが、今日は身体も休めたいと思います。

| | コメント (0)

謙虚であり続けるのは難しい

Dsc00704

筆者愛用のBD社レイブンウルトラのブレード 

 ガイドで月山山頂を往復したときのこと。

 休日で混雑する月山山頂小屋の前での事だった。

 人がやっとすれ違える狭い道で、某旅行社の団体ツアー一行が来たので道を譲る。

 最後尾のガイドらしき女性とすれ違った時、なにか光るものが見えたのでとっさに身をかわす。

 彼女はザックのピッケルホルダーにピッケルをくくりつけていた。カバーもせず、鋭利なブレードがむき出しではみ出たままに。

 石垣に挟まれた狭い登山道、しかも登山者で混んでいる休日でのその格好に怒りを通り越して呆れてしまう。

 意識高い系の登山者の皆さんにはすみませんが、多人数のお客様を前に行程説明中の同業ガイドを怒鳴りつける勇気は無く、私もお客様と共に移動中だったのでその場を離れた。

 いや、冗談抜きで黒澤映画『椿三十郎』の仲代達矢みたいにブレードでバッサリやられるところでした(ネタバレですんません)

 下山後、気持ちも落ち着き、思ったこと。

 

 ガイドは山の中では、立ち居振る舞いを他人から見られる。自分も気をつけよう。

 

 インターネットのスポーツ記事って質の低い記事も多いのであまり読まないのだが、最近ダイヤモンドオンラインの『なぜ大坂なおみは急に世界で勝てなくなったのか』という記事に感銘を受けた。

 最も印象に残ったのは、次の一節である。

『謙虚であり続けるのは難しい。だが、謙虚さを失った者の多くは、足下をすくわれる。どこかに隙が生まれ、常勝を呼び込む流れにほころびが生じる。』

 ガイドの資格をいだたき、年数が経った。私は未だに下っ端ガイドのつもりでいるのだが、最近はガイド協会会員加入の推薦を頼まれたり、少年自然の家はじめ登山講師を頼まれたりする。時折自分の高慢さを戒める時もある。

 人の落ち度をあげつらうよりも、自分も気をつけよう。そう言い聞かせた、夏山登山の1日。

-------------------------------------------

ちなみに私はピッケル(アックス)を装着するときはザックのピッケルホルダーは使わず、サイドポケットに刺しています。

学生時代、ピッケルを所持して大型ザック姿で山手線や混雑する新宿駅を往来することが多く、若さゆえ・未熟さゆえに苦い経験もしました。そのためカバーしていたとしても石突やブレードが人の顔に当たらないよう注意していました。

Dsc00702

カバーはマジックマウンテン社の薄手ナイロンのカバーを愛用。これなら行動中に急に必要になっても、かさばらずズボンのポケットに収まるため使い続けています。

| | コメント (0)

人を呼ぶ山

15日、個人ガイドのため月山山頂往復。

登山は初心者の方で、雪渓の対応のためガイドをお願いしたいというご依頼。

一緒に歩くためクライアントの経験を探ることも兼ねて色々お話を伺っていると、登山は初心者だけど、月山に何か呼ばれているような気がしてどうしても登りたいとおっしゃる。

Dsc00699

登山は初心者という割には大変健脚な方で、ガイドする方はだいぶ楽をさせていただく。

とはいえ、姥ヶ岳の雪渓では念のためショートロープを用い、下りの四ッ谷沢川雪渓ではポールを使って頂き、軽アイゼン装着も全てフォローして無事に月山・姥沢コースを周回。

 かくいう私、現在のように月山のガイドに携わっているのは、きっかけがある。

 大昔の若かりし頃、某8000m峰で最終キャンプに帰ってきた時のお話。

 誰もいないテントに帰ってきたので、自分でお湯作りを始める。凍った指を解凍するためだ。

 お湯を沸かしているとテント内の気温も上がり、指の解凍を始めると体温も上昇して一気に眠くなる。

 うつらうつらしながら、頭の中には春先の、『黄色い菜の花が揺れる最上川河畔の彼方に、白い残雪をいただく月山』の光景がひろがっていたのだ。

 はっと気がつくと、そこは無機質な8000mのテントの中。

 そんな事を一晩で何回も繰り返した。実は、それまで山形県人でありながら、月山には関心は無かった。月山に素晴らしいブナ林があることも知らず、県境を越えて福島の燧ヶ岳を訪れ、南会津のブナ林に浸るのがそれまでの休暇の過ごし方だった。

 そんな私が、なぜ高度8000m超のテントの中で月山の光景ばかりイメージしたのか、未だにわからない。

 帰国したら月山に行こう。

 それから人の御縁に恵まれ、おかげさまで月山を案内する立場にいる。

 高所登山の事を話すと自慢話に近くなるので、「昔海外の山に行ったら、月山が頭の中に思い浮かびまして・・・」程度にお客様に話すと、お客様いわく、

「月山って、人を呼ぶ山なんですね」

とおっしゃる。

「そうですね」

と相づちをうち、私たちは下りのリフトで姥沢登山口に帰着。本日も無事、ガイド活動完了。

| | コメント (0)

ローストチキンの夜

山形県朝日少年自然の家企画『サポーターのつどい』に日帰り参加。

メインの活動はダッチオーブンによるローストチキン調理。

ダッチオーブンが日本に出回り始めた頃、取り扱いやメンテが面倒そうなので結局使わなかった私はダッチオーブン初体験。

Dsc00691

健脚で過去のトレッキング行事でも頼れる仲間、中根さんと組んでチキンの下ごしらえにとりかかる。

Dsc00692

ぶつぎりにしたジャガイモ、人参、玉葱、鷹の爪、ニンニクを放り込み、ハーブソルトをすり込んだチキンを入れ、準備完了。

Dsc00694

炭火を熾してダッチオーブンを置き、上フタにも炭を置きます。これで30~40分放置。

Dsc00695

30分経過時に中を覗く。野菜の水分だけで、チキンも野菜もいい感じに仕上がってます。我らのシェフ・柏倉さんもビックリのできあがり。

一口食べてみた感想は、

Kai

料理が完成したところで、サポーター仲間や職員の皆さんと会食。Dsc00697

今回は2台のダッチオーブンを用い、ハーブソルトとペッパーソルトの2種類で作り分けたのですが、どちらも美味。ぶっとい人参も柔らかくなっており、圧力鍋でもないのにホント不思議な調理器です。

夕食をとりながら、高校生サポーターの男の子から「月山の自然環境」「山岳ガイドのやりがい」等のテーマについて宿題をいただく。山の自然環境、山を生業にする人についてレポートを書きたいらしかったのだが、山岳ガイドなど連絡の宛てもなく困っていたのだという。まあ、日本社会では山岳ガイドってまだまだマイナーな職業だよね。

山形県朝日少年自然の家では、年間を通じて随時サポーター(ボランティアスタッフ)を募集しています。

アウトドアや登山に詳しくなくてもかまいません。子供達や参加者達と共に野外活動を楽しめる方であれば大丈夫です。

お気軽にご参加下さい。詳細はこちら

| | コメント (0)

極上の青

姥沢口より月山山頂往復。

朝の月山は濃いガスに覆われ、小雨。雨具着用で登高。

Dsc00679

ヒナウスユキソウには、雨の滴がよく似合う。

 

Dsc00680

ミヤマリンドウも咲き始めました。

Dsc00681

月光坂を登っていると、雨もガスも強風と共に去り、青空が現れる。近くの登山者達の歓声が聞こえる。

Dsc00685

山頂に到達する頃には、雲海の世界へ。鳥海山も少し顔を出してくれました。月山では久々の青空が素晴らしい。

Dsc00690

シーズン初めは月山神社でお祓いしてもらいます。あんなこと、こんなことを願掛けしながら。

今年の登拝認定証は、社務所(お守りを頒布している所)に置いてあります。

年号が令和になったためでしょう、社務所は御朱印帳を携えた登山者でにぎわっていました。

 Dsc00689  

昨年は月山山頂神社社務所で「職場円満守」を求めましたが、今春の人事異動でますます人間関係もカオスになったために今年は「月山守」を求めました。

会 社 で の 災 難 除 け で す 。

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »