« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

岩谷十八夜観音例祭

8月18日、山形県中山町の山奥に位置する、岩谷十八夜観音の例祭を訪れる。

P2_20190825132001

 この観音堂は眼の病を治す観音堂で知られると共に、山形一帯にかつて存在した『オナカマ』の総本山としても知られる。オナカマとは、いわゆるイタコ、口寄せなどとも呼ばれる、霊を呼ぶ巫女のことだ。

 私の実家の祖母・・・ここでは詳細は省くが、直接の血縁ではない・・・が、かつてオナカマだった。「祖母」は私が生まれる前に他界したので詳細はもうわからない。

P

観音堂裏のガラスケースには、オナカマ達が使った儀式の道具が展示されている。なにか小動物の頭骨を用いた数珠にミステリアスなものを感じる。

P1_20190825133101

私が到着した時には、もう地元の方で境内はいっぱい。

P6_20190825133201 

火渡り儀式の前に、観音堂のご住職が弓で破魔矢を射る。縁起物の矢を手に入れようと、見学者達が我先にと落下する矢に集まる。

P5_20190825133701

護摩談に火が付けられ、ご住職が炭をならし、塩をまき、参拝者が歩きやすいようにさらに材木を敷く。

P7_20190825134001 

そして、つめかけた多くの参拝者が火の上を渡っていく。

破魔矢の儀式から火渡りまでを動画で記録しました。↓

 

私も撮影を終えてから、火渡りの列に混じり渡ってきました。

ここの例祭を訪れるのは今回が2度目。ガイド資格をいただいた頃、中山町の里山を調べているうちにたまたま訪れた行事で、その頃は今のように民俗学にはさほど関心がない時期でした。

今回は、家族のこと、会社の仲間、ガイド仲間の安全、ブログ読者様の安全まで欲張りに願掛けしてきました。

火渡りを終えて帰り際、「大滝さん?」と声を掛けられる。

ふりむくと、先日の某登山用品店様主催のガイド山行で御一緒した顧客のお二人。

「今日は山じゃないんですか?」

 「あ、今日は民俗行事優先です!」

ガイドとして不特定多数の方々と山に行っていると、思わぬところで声をかけられる機会がある。普段の行動も気をつけよう、いやそんなに悪いことしてないけど。

| | コメント (4)

夏休み in 東京

東京で買い物したいという娘のリクエストに応え、娘と共に日帰りで上京。

娘と夕刻の待ち合わせ場所等を確認し、渋谷駅に送り届けた後、上野に戻る。

私の上京の目的は、東京国立博物館の特別展『三国志』の見学。

以前のブログにも書いてますが、前々から三国志好き

T1

 

ユニークにも、日本の横山光輝氏の漫画いわゆる「横山三国志」の原画も展示しながら、2~3世紀の貴重な文化財が展示されている。

待ち時間なく会場に入れたが、結構な混雑。漏れ聞こえる会話から、見学者には中国人も多いようだった。

今回参考になったのは、魏・呉・蜀の三国鼎立時代は現在よりも寒冷な気候で人口も5000~6000万人程度だったということ。

T2

2009年に発掘・実証された曹操の墓の発掘物はじめ、三国志の登場人物で唯一「印」が発見されている曹休の印。

T3_20190818215301

特に印象に残るのは、魏国の竹製の定規。(3世紀) 日本ではまだ場所すら確定できない邪馬台国があったとされる頃、古代中国では高度な文明の下、行政が機能していたことが伺える。

 映画、テレビドラマだけではわからない三国時代の文化財に囲まれ過ごす東京の休日。

T5

東京土産は、横山三国志のクリアファイルです。

| | コメント (0)

朝日連峰・鳥原小屋で感じたこと

13日。

昨年に引き続き、盆の墓参りを夕刻にさせてもらい、日中の時間を利用して朝日連峰・鳥原小屋を訪問。

今年は工事中の登山口視察を兼ねて古寺鉱泉から登る。

これまた昨年同様、登高途中で訪問目的である鳥原小屋管理人・鈴木正典さんとばったり出くわし、お互い苦笑。

「昼までには戻るからっ!小屋で待ってて!」

正典さんは途中にデポしてきたビールを回収するための下山とのこと。私は後の面会を楽しみにしつつ登高。

P4_20190816113201

正典さんの字で、古寺鉱泉に立つ標識から『鳥原小屋推し』が凄い・・・

決め文句は「ビールあります」と「大朝日小屋にはビールありません」(笑)

P6_20190816113401

 

強い日差しの中、高湿なブナの道を登る。

暑い。蒸し暑い。

ストームゴージュアルパインパンツも吹き出す汗で繊維が飽和してしまい、ピタピタと脚にまとわりつく状態。

P8_20190816113601

ユージン・スミス調に木陰から鳥原小屋を眺める。

正典さん手書きの案内の効果か、木道で行き交う登山者から

「ここビールあるらしいよ」という声が漏れ聞こえる。

汗だくになった鳥原小屋では、正典さんの奥様と初対面。デポしたビールを回収に行った正典さんが到着するまで、小屋で待たせてもらうことにする。

P9_20190816113901

「蕎麦食べていきませんか」という奥様のご厚意に甘え、調理いただいている間、小屋外のベンチで汗まみれの身体を乾かす。

高湿な空気の中に見え隠れする蔵王連峰を眺めたり、

P14

近くのヨツバヒヨドリを眺めたり。

湿原に囲まれたベンチで、静寂な空気の中、ウグイスの声が途切れなく聞こえる。汗まみれの身体に夏の日差しが心地よい。

ルートのことも、お客様のことも、山頂に立つことも考えず、山の中に座っている安らぎ。

先月から続いたガイド山行では味わうことの無い、ゆったりした時間。

先日の某登山用品店主催の山行では、自己紹介で「登山初心者です」という方が多かった。

そういった方に、私は何をガイドしたのだろう。登山を始めたばかりの人たちに、こんな時間、こんな過ごし方、こんな空間があることを知らせたい。

大混雑する月山ばかり登っていた私にとって、今座っている鳥原小屋の光景はまさに別世界だった。

そんな風にぼーっとしていると、「そば茹で上がりましたよー」と奥様から声がかかる。

P10鳥原小屋のアイドル犬ポチは神社の前でお昼寝中。

 奥様と一緒に雑談しながら蕎麦をご馳走になっていると、「あ、来た」と奥様が外に出る。正典さんが戻ってきたらしい。

 私はなんの気配も感じず、「おおー夫婦の絆か!」と思いきや、正典さんが鳥原小屋に近づくと愛犬ポチが反応するらしい。凄い・・・

 汗まみれでビールを担ぎ上げてきた正典さん、沢水でさっぱりしてから小屋に入り、1年ぶりの対面。

 インドヒマラヤの未踏峰を数々陥し、冬季ローツェ南壁にもトライした正典さん。知り合った頃はインド、パキスタンにある未踏峰の名前もすらすらそらんじている程だったが、今やそれらの峰々もほとんど既登峰になってしまった。

 高所登山の話題も出ず、もっぱら鳥原小屋をとりまく朝日連峰の話題に終始する。お互い、年齢を重ねたのだ。

 時間帯はちょうど昼、大朝日岳から下降して鳥原小屋にやってくる登山者もぼちぼち現れた。私も夕方の墓参りに備えて下山しなければならない。正典さん御夫婦に挨拶して鳥原小屋を離れる。

P11

昨年の同じ時期に鳥原湿原を彩っていたチシマゼキショウ、今年はまだ咲き始め。

すれ違う人々に「どこから登ってきたんですか」「今日はどこまで行くんですか」とたずねられる度、「鳥原小屋までです」と答える。

山頂も気にせず、のんびり過ごす。

アルパインクライミングの大センセイには怒られそうだが、ただ安らぎと人との出会いを求めて山に入るのも、いいものでした。

| | コメント (2)

パンと水。

山の日。

某登山用品店様主催の月山縦走ガイドに出動。

山の日、日曜、晴天ということもあり、月山は以前に一度経験したかどうかという位の大混雑。

牛首からは登山者の行列が延々と続く。

その状態で、私が率いていたグループの80歳超の女性の足が止まる。足の疲労らしい。

後方に延々と登山者の列が連なっていることもあり、道の脇で休んでもらう。

ツアーの他の参加者を足場の良いところで休ませ、私は下降し足の動かない女性の元に走る。

足が攣っている状態。同行の娘さんが看護師ということ、添乗スタッフSさんが付きそうということで私は再び走って登り返し、待機しているツアー参加者の元へ。

そのままツアーを山頂神社に引率。

携帯電話で確認すれば済むともいえるが、自分の眼で確認したいので、参加者の昼食休憩の時間を利用して私は再び山頂から下降、3人の様子を見に行く。

大混雑の中、下っても、下っても、3人の姿は無い。

結局3人と合流できたのは、3人と別れた場所からさほども登っていない所だった。添乗のSさんから姥沢側に下山することを伝えられる。

登山用品店スタッフの女の子Iさん、鈴木ガイド、私の3人で残る全員を連れて羽黒側に抜けるしかない。

みたび、大混雑する月山山頂直下の急登「鍛冶月光」を走って登る。

『大滝さん、ガイドもメシ喰える時に喰っといた方がいいですよ』

鈴木ガイドから言われた事を思い出し、何か焦っている自分にブレーキをかける。

鍛冶小屋跡でザックを下ろし、セブンイレブンの小さなレーズン入りバターロールパン2切れを水で流し込む。

結局、これが今日一日に口にした行動食の全てだった。

フラッシュバックのように、結婚したばかりの頃、本場のクライミングガイドがどんなものか経験したくてアメリカに渡った時を思い出す。航空券購入で精一杯だった私は、一週間、食べたものは巨大スーパーで買ったオニオンベーグルと、水だけだった。

Img_4161

晴天に恵まれ、大混雑の山頂小屋周辺

 粗末な行動食でシャリバテする程ヤワではないが、少しは工夫しよう。

 長い羽黒側への下山を終えるが、予定していた入浴予定の温泉地は祝日で大混雑、お客様達には入浴断念をお願いする他ない状態だった。

 山形に戻った時にはもう日が暮れていた。

 ガイド山行後、主催の登山用品店側との事務仕事が増え、月山朝日ガイド協会事務局の横山さんに連絡。あれこれお願いし、「明日ご在宅ですか?」と尋ねるが、「いいよ送るよ、盆休みだろ」と言われ、はっとする。

 嗚呼、世間では盆休みなんだ。

Img_4162

ちょっと頭を冷やすため、本日は奮発して280円のセブンのカフェラテショコラで1人打ち上げ。

濃厚な甘さが売りらしいが、疲労して脱水気味の私には心地よい甘さだった。

本日の月山縦走で、いったん私のガイド業務はお休み。

既に予約が入っている9月の山行控えて、また準備の日々です。

| | コメント (0)

リンクサール主峰、ついに陥つ

Link

 1979年、立正大学体育会山岳部登山隊が東面から挑み退却、以後も欧米の先鋭クライマーの挑戦をはねのけ40年間未踏を誇ったパキスタン・カラコルム山脈のリンクサール(Link sar)主峰7041mがついにアメリカ隊によって登られました。日時・ルート詳細は不明です。

 メンバーは今回が4度めのトライとなるスティーブ・スウェンソン(65)、グラハム・ジンマーマン(33)、クリス・ライト(36)、マーク・リッチー(61) という老若取り合わせた4名。

American Team Summits 7,041-Meter Link Sar  by ROCK AND ICE 2019.8.7.

2015年7月、イギリスのジョナサン・グリフィスらによって北西面から西峰は登頂されていました。

参考サイト:当ブログ カラコルムの未踏峰リンク・サール西峰陥つ

 

未確認ながら、スティーブ・スウェンソンらは今回も東面から登頂した模様。同氏はリンクサール峰の情報を得るため、わざわざ我々立正大学山岳部に問い合わせしてきており、1979年の登山隊報告書も読んでいます。4度めの挑戦にして登頂を果たしたアメリカ隊に賛辞を送ります。

 

 リンクサール西峰が登頂されたとき、お世話になっている山岳部の大先輩からいただいた言葉が、「青春が終わった感じ」。

 私が彼女もいない寂しい青春をささげた8000m峰など、今や登山素人の芸能人が登る山に成り果てましたが、「それも時代の変化」と、私は自分を誤魔化してきました。

 感情的な言葉など聞いたことがない大先輩の「青春が終わった・・・」という一言を目にしたとき、リンクサール峰は、先輩にとってはそういう山だったんだ、と少し衝撃をもってその言葉を受け止めていました。

 65歳にしてリンクサール峰に登頂したスティーブ・スウェンソン氏。

 面識はありませんし、岩と雪の高所登山を目指す情熱など私にはありませんが、自分のやりたいことを追求する執念を教えられた思いです。

| | コメント (0)

言 葉

Dsc00795

某企業様からご依頼をいただき、社員旅行の一環としての月山登山をガイド。

私もガイド資格取得以来、こんなのは記憶にないというくらいに月山山中も猛暑。牛首を通過しても吹き出す汗が止まらない。

クライアントの若い女の子が疲労のためか、歩くのが極端に遅くなり田中ガイドが付き添う。

私は先行して他の皆さんを率いてベンチ場で休憩していたところ、田中ガイドから携帯に連絡か入る。背負い搬送でいくので荷物を分担する用意をしてほしい由。

「搬送しますので、恐れ入りますが若い男性の方、荷物の分担に御協力お願いします」

と私が声をかけたところ、同行している若い女性たちから

「はんそう!」

「そんなに具合悪いんですか!」

私たちガイドが何気なく使う「搬送(はんそう)」という言葉、「救急車での搬送」のようなイメージを持たれてしまったらしい。あわてて背負い搬送であることを説明する。

田中ガイドがハーネスを巧く使ってザック搬送。私は先行してフォローにまわる。

ワンピッチ歩いたところで体調不良の女性を下ろす。他のお客様が付き添って歩ける程になっていたので、背負い搬送を解除。

ちょうどそのとき、同行していた小学生の男の子が「おしっこしたい」と言い出す。

リフト上駅への登り返し、藪の多い登山道の手前まで来ていたので、田中ガイドがそのまま男の子を連れて行くことになった。

「このおじさんに連れてってもらうんだよ」

とお客様達が言うと、田中ガイドが

「いや、おじさんじゃなくて、お兄さんと呼んで欲しいなあ~」

その一言で、女性の搬送で緊張しきっていたお客様皆さんがどっと笑い、一気に緊張がほぐれる。

 

私のようにうかつに「搬送」の一言で無用な緊張を与える場面もあれば、田中ガイドのようにさりげない一言で大勢の人間の緊張を消し去る場面もある。

 

言葉って、難しい。

| | コメント (0)

In Orbit

会社での勤務日をはさみ、土曜、再び山形県朝日少年自然の家へ。

本日はチャレンジキャンプ2019の「最上川いかだ下り」の手伝い。

昨年は悪天続きで月山ダムでのカヌーとなったが、今年は夏前半の雨のおかげでいかだ下りが可能となる。

だが最近の猛暑続きで水位が低下、スタッフの皆さん、我々サポーターもだいぶ苦労させられることとなる。

Dsc00777

浅瀬や急流ポイントで子供達が乗るいかだを待ち受ける。水位が低いため、浅瀬でひっかかり止まったいかだを我々が人力で押し・引っ張り、流れへと戻す。

Dsc00783

毎年恒例、橋の上からアイスクリームの差し入れ。

Dsc00785

子供たちも「アイス!アイス!」と必死で漕ぐ。

Dsc00787

差し入れを受け取った子供達は、再び最上川の彼方へ漕ぎ出す。

Dsc00788

私たちスタッフ・サポーターは先廻して、昼食会場の準備、いかだの引き揚げ。

この後、昼食会場から再び漕ぎ出した子供達は無事ゴール地点にたどり着く。

Dsc00793

所に戻った後、スタッフの皆さん、我々サポーターの人海戦術でいかだ資材、子供達のライフジャケット、ヘルメットの洗浄と片付け。

後片付けをしていると、夏が終わったような気がする。

子供達の歓声が建物の奥から聞こえる中、所の風呂で入浴させてもらい、サポーターのはじめさんと共に所を退出。

今年は「別れのつどい」で子供達の成長した姿を見てみたかったのですが、明日はガイド出動です。

| | コメント (0)

Wild Heart

今年も山形県朝日少年自然の家『チャレンジキャンプ2019』の月山登山を引率させていただく。

前日まで猛暑の中の現場作業。

ハードな作業にくわえ、大量の発汗で疲労も著しい。宮城県での仕事を終え、会社での後始末を済ませ、自宅で入浴と装備確認。

移動の車中で軽い夕食を経口補水液で流し込み、既に三日目となっているチャレンジキャンプの会場、西川町・志津キャンプ場へ。

子供達の様子を探るため、前日乗り込みが自分に課した鉄則である。なんとかスタッフミーティング終了間際に到着。子供達の様子を伺う。

例年同様、朝4時に起床してキャンプ場を離れ、月山方面の空を観察。

気象予報はいずれも快晴だが、月山本峰にはガスがかかっている。何より気になったのは、ガス、雲の動きの速さだ。山頂付近は風が強いと予想する。

Dsc00762

登山当日の朝食は毎年恒例、「朝からバーガー」。さすが女の子はマーガリンを塗るのもセンスが良い。

Dsc00764

筆者作の「朝からバーガー」。

F3これで今日一日頑張ります。

Dsc00765

子供達も頑張ってくれました。例年写真撮影・昼食休憩している山頂広場は強風。一旦山頂神社に行き、風の穏やかな神社斜面で昼食。

問題は下山。

以前のチャレンジキャンプで悪天のため姥ヶ岳経由の下山を試みた際、子供達の姥ヶ岳の雪渓下山に苦心した経験があるため、雪渓の距離は長くとも四ッ谷沢川ルートの下山を選択する。

 子供達のスニーカーには荒縄。それだけでは身体のバランスがとれないと予想し、自然の家職員の皆さんに頼んで全員分のストックを用意してもらったのだが・・・・その結果↓

F2

子供達にとっては、ストックを突いて斜面で身体のバランスをとるという行為自体が「わからない」。

事前の協議で雪渓の入り口・出口には自然の家スタッフに立ってもらい、自在に雪渓を往来できる私が全体を視ることにしてもらっていた。

なかなか下りられない子供に付き添い、足を置くところを指示し、時にはピッケルでカッティングし、下ろす。

雪渓の状況は日々変化する。

二つ目の雪渓下部には、雪解けの渓流の音が聞こえる「落とし穴」が生じている。

子供達は危険性もわからないため、ずりずり滑ってくる。

緊張をほぐすため、「おい、このまま先に行くとバラエティ番組のドッキリみたいな落とし穴があるから、こっちに進もう!」

と声をかけるが、「え!落とし穴見てみたい!」と興味津々な子供達には逆効果。

下山できたのは、リフト終了15分前の16時15分。なんとか間に合った。

今年も自然の家職員スタッフの皆様、サポーター仲間、そして子供達自身の頑張りに助けてもらったことを実感。

Dsc00767

キャンプ場では押野次長、滝口支配人、柏倉さんが、美味しいスタミナ丼に味噌汁を用意して下さっていた。

Dsc00771

今年の子供達は例年に比較して元気いっぱい。夕食に群がる子供達。

Dsc00772

大滝さんどうぞ、と柏倉さんに真っ先に盛っていただくが、あまりに申し訳ないので他のスタッフの皆さんと同時に「いただきます」。今年もごちそうさまでした。

F1

夜はキャンプファイヤー。例年のボンファイヤーではなく、盛大に薪を積み上げてのキャンプファイヤー。マイムマイムを子供達と踊りました。みんなあれだけ「月山登山は疲れた」と言っていたのに、火の周りでは元気だなー 。

そしてキャンプファイヤーの後は、ナイトウォークという名の、

F6 き も だ め し

私も前職の工藤さん、井上さん、プロハイカーの斉藤さんらと組んで、脅かす係です。

会社から休暇をもらい、こんな夜中の月山山麓の森の中で、遊歩道のあずまや陰の地面に伏せている。一体俺って何やってんだろう?

でもでも、子供達の絶叫と「あ、山登りの人だ!」「タッキーだ!」と反応をみるのは面白い。

ナイトウォークも終わり、子供達が滝口支配人差し入れのスイカを食べている間、そっと退出させていただく。

8月の課題の一つが終わった。

志津キャンプ場から車で下山し、西川町のセブンイレブンでアイスコーヒーを買う。

Img_4151

ここ久しく、激しい発汗の現場作業続きのため、コーヒーは控えていた。久しぶりに、1人打ち上げとしてアイスコーヒーを口にする。

 

Two Steps From Hell の『Wild Heart』を車の中で聴きながら、深夜の国道を走る。

明日もいつもどおり現場作業、そして次のガイド山行が始まる。

| | コメント (2)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »