« 岩谷十八夜観音例祭 | トップページ | エナジーチャージ »

百宅(ももやけ)、ダムに沈む集落。

 エコプロの真鍋ガイドをチーフガイドに、期待のホープ伊藤ガイド、オマケの私の3名体制で一泊二日の鳥海山ガイド。

 秋田のモニターツアーということで、1日目は現在計画進行中の鳥海ダムに沈む集落、百宅(ももやけ)をお客様と共に見学・散策する。

 P1_20190927232301

山スキーの帰りの入浴でおなじみ、鳥海山荘でお昼。ミズのムカゴのおひたしに、「あー山に来た」

P2_20190927232301

この光景も、

P4_20190927232401

 この風景も、

やがてダム湖の水に沈む。

過疎化が進む農村ゆえ、反対運動もなく、住民の移転交渉が進んでいる。

私たちは地元の鳥海・飛島ジオパークの方々にガイドされながら、集落を歩いた。

百宅地区にはまだお住まいの方もおられる。ときには、地元の方に暮らしぶりなどを伺いながら。

P5_20190927232401

百宅地区の方が家の前に植えていたマリーゴールド

 過去に当ブログにも書いているが、私はガイド資格を得る前、西日本某県のダム建設現場に1年2ヶ月ほど赴任していた。

 そこは計画から反対運動を経て38年かけ着工となったダムだった。

 人々の営みが消えていく現場を目にするのは2度目となる。

P3_20190927232301

集落の外れに立つ栗と梨の巨木。今年は豊作とのお話のとおり、無数の栗・梨が実っているが、採る者は誰もいない。

 翌日にロングコースの鳥海山ガイドを控えながら、私が山岳ガイド資格を志す遠因となる、ダム現場の日々に思いを巡らせた。

|

« 岩谷十八夜観音例祭 | トップページ | エナジーチャージ »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岩谷十八夜観音例祭 | トップページ | エナジーチャージ »