« ロベール・パラゴ逝去 | トップページ | 後ろを振り向いてはならない。 真室川町 病追い(やまいぼい) »

神田神保町 ろしあ亭 

平日に公休取得、セックスと暴力に彩られた街・東京へ。

午前中に野暮用を済ませ、午後からは所属するガイド協会の会議。

その前に神田神保町でランチ。

Ru1ランチセットのボルシチと、

Ru2

白いビーフストロガノフでエネルギー充填。丸いのはライスではなく蕎麦の実。

 中学生の頃からオストロフスキー『鋼鉄は如何に鍛えられたか』やレルモントフ『現代の英雄』に親しんでいた私は、社会人になって東京に行く機会の度、ロシア料理店に通った。

 でも、パミール高原で高所登山の経験があるTさんいわく、「ロシアの黒パンは最低だ。あれだけは二度と喰いたくない。」と私の夢をぶちこわしてくれた(笑)。

 そのTさんもK2登頂を夢見ながら病に倒れ、世を去った。

 東京のロシア料理で腹ごしらえしてから、重たい課題が待ち受ける午後の会合へ出発。

|

« ロベール・パラゴ逝去 | トップページ | 後ろを振り向いてはならない。 真室川町 病追い(やまいぼい) »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロベール・パラゴ逝去 | トップページ | 後ろを振り向いてはならない。 真室川町 病追い(やまいぼい) »