« ヤーニャ・ガンブレッツ、オリンピックとコロナウイルス問題を語る | トップページ | 春のブナ林へ »

コロナが吹けばFD食品が

コロナウイルスが猛威を振るうアメリカ。

アウトドア愛好家皆様におなじみのフリーズドライ食品ブランド「マウンテンハウス」が、パニックに陥り備蓄食料を求める消費者によって大変なことになっています。

 

Coronavirus Is Causing a Freeze-Dried Food Freak-Out  by Outside 2020.2.28  

 

 1月31日未明(日本時間)のWHOによる緊急事態宣言が発令されてから、マウンテンハウスの販売元であるオレゴン・フリーズドライの売り上げが異常なまでに急上昇。2月の取引額は前年比で1093%増、10倍以上増となったもの。

 このためコストコ(アメリカ)ではマウンテンハウスの販売サイトを閉鎖、マウンテンハウスのウェブサイトも注文受付停止という事態になっています。

 この事態に対し、オレゴン・フリーズドライの担当者ベクテル氏は

 「在庫切れではなく、長い付き合いのある顧客との商取引の優先順位を付けている段階」であり、すでに発生しているマスクの再販価格高騰のような事態を防ぐ方策でもあると説明。

 同社は4月から7月にかけてバックパッキングが盛んになる時期に向けて増産体制に入っており、バックパッカーはオレゴン・フリーズドライの顧客の根幹の大部分を成す人々であり、失望はさせないとコメント。

 3月6日の続報でも、同社は増産に励んでいるとのこと。

Mountain House tries to keep pace with virus-prep demands  by KOIN.com 2020.3.6

Rice

え?

いや私もストックしたFD食品整理しておこう・・・

|

« ヤーニャ・ガンブレッツ、オリンピックとコロナウイルス問題を語る | トップページ | 春のブナ林へ »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤーニャ・ガンブレッツ、オリンピックとコロナウイルス問題を語る | トップページ | 春のブナ林へ »