« 著作について話しましょう ベルナデット・マクドナルド インタビュー | トップページ | クリス・ボニントン、コロナ危機によるロックダウンを語る »

ハーケンの品格

4月のお仕事日記

 

4月×日

 現場作業員と現場管理の二足の草鞋を履く会社員生活。

 今まで長年愛用していたASUSのモバイルPC、キーボードが故障し、使い物にならなくなる。 

 新型コロナウイルス流行にもひるまず、中国・上海から

20200424_191301

11インチの軽量モバイルPC 「Ideapad slim 150」が届く。

CPUが最低レベルのAMDのため、動きはもっさり。しかし出張の多い身、現場写真整理と作業日報作成ができれば事足りる。

会社支給のcore i 5搭載ノートPCはメイン機にして、こちらはサブ機。

本社と工場を行き来し、社内でノマド的な勤務形態をとっているので、これから頼りにします。

 

4月×日

 一昨日は、工事機械を搬入のため東北自動車道を大型トラックで爆走。

 昨日は、故障した機械を修理に出すために宮城県を大型トラックで爆走。

 管理職になって最近あまりトラックに乗ってない親方、久しぶりの運転で機嫌も良く「よし、エンジンも温まってるし、オイル交換に出すぞ!」と意気込んでいる。

 助手席に座っていた私の携帯にメールが届き、各種書類作成の指令。

 「すみませーん、俺午後から内業します・・・」

 午前中はトラックにクレーンにバリバリ働く時間を過ごし、午後は事務所に缶詰になって数字と格闘。

 

4月×日

 金曜日、公休。

 しかし公休とは名ばかり、朝から携帯に取引先からの電話、書類の修正、夕方は携帯から離れた隙に、またまた取引先から電話。

 老母の様子を見に行くべく出かけた矢先、車中のハンズフリー通話で取引先と再度、電話連絡を取る。

 休みという名の、在宅勤務。

 隙間時間をみて、散らかった部屋をひっくりかえすと、

20200424_191531_20200427221701

え?何これ?

みたいな感じでアングルハーケンやらロシア製チタンスクリューやらが出てくる。

いや俺クライマーじゃない、ハイカーだし。

でもコロナが収まった将来を見据え、行きたい●●に備えてまた戸棚に仕舞っておく。

 

4月×日

 土曜日。

 私のジョギングコースには山形市内の里山も含まれている。

20200425_094753

 いつもなら早朝登山の爺婆しかいないのだが、今日は元気な親子連れ、ヒョウ柄のシャツ着たおばちゃん、トレイルランナーとすれ違う。

 コロナ禍の影響だろう、みんな外に出たがっている。

20200425_095050ツツジのつぼみがあちこちに。春も飛び越えて初夏も近いようだ。

20200425_100416

 現場仕事とデスクワーク、そしてコロナ騒ぎで家に籠っている間に、桜の花は道路脇の地面を埋め尽くしていた。

 

4月×日

 さすらいの現場作業員、本日から岩手県某所でビジホ暮らし。

20200427_191503

 現場管理するようになって、出張道具に電卓が欠かせない。(スマホの電卓はタッチパネルが頼りなくて使えない)

 メシはスーパーの総菜頼り。常食しているのは「もずく酢」。

 歳でしょうか、焼き肉とか丼物とかよりも、現場帰りは「酢の物」が喰いたい。

20200427_191729

あ、しっかり炭水化物も取らなくちゃね。

一関市・小松屋だんご店の「ずんだ餅」ゲット。

昔々、実家で作る「ずんだ」って、実際にすり鉢で豆すりつぶし、砂糖控えめだったのをよく覚えている。

自分達の親類家族が手掛けてきた「味」を学ぶことなく失われつつあるのを、最近ちょっと後悔しつつある。

|

« 著作について話しましょう ベルナデット・マクドナルド インタビュー | トップページ | クリス・ボニントン、コロナ危機によるロックダウンを語る »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 著作について話しましょう ベルナデット・マクドナルド インタビュー | トップページ | クリス・ボニントン、コロナ危機によるロックダウンを語る »