« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

快 晴

コロナ禍を経て久々の月山。

快晴、しかも乾燥しているためだろう、稜線からは飛島、粟島、佐渡島まで一望できる。

P1_20200531072001

いわゆる「アフター・コロナ」の登山を探ることも本日の山行の目的。

30人前後の登山者をみかけたが、なんとなくよそよそしい雰囲気の中、すれ違う時はやはり「こんにちわ」と挨拶を交わす。

山頂直下、鍛冶月光の登りはやはりマスク着用は無理。普段でさえ高齢の登山者の多い月山、コロナ後の登山として検討されているマスク、マフラーやスカーフを着用した登山は現実的ではないと感じる。

「自粛」が言われている県外からの登山者だろう、年配の男性登山者が「リフト駅で身分証確認されました?」と尋ねている。

そんな姿をみて、正直何か世知辛いものを感じる。

P2_20200531072601

金姥近くのシラネアオイはどれもつぼみ。今週か来週あたり楽しめるでしょう。

残雪を利用して速攻で登り、下山は花の咲き具合を観察しながら下る。

「巣ごもり生活」で貯えた脂肪(世間では太ったと表現するらしい)を燃焼させ、3時間半ほどで山頂往復を済ませ、車で山形県自然博物園に移動。来週の朝日少年自然の家行事に備えてブナ林遊歩道をまわる。

 P3_20200531073001

 新緑のブナ林の遊歩道を行く。

 自粛明けのためだろうか、残雪期の博物園遊歩道は初めての方には迷いやすいのだが、親子連れはじめ結構な人数が入山していた。

 P4_20200531073201

 周海沼では腰を下ろして休む。

 鳥の声と水の音。

 コロナウイルス禍の真っただ中、日本アルプスや八ヶ岳方面では登山自粛をめぐって喧々諤々の議論が続いているが、私自身は4月後半から建設業の方がバタバタしており、それどころでない、というのが現実だった。

 寝るときもyoutubeで「森の音」の動画を聞きながら眠りにつくほど精神的に疲れていた。

 今、目の前で「森の音」がライブで聴ける。あらためて精神的な休息をとる。

 ブナ林を巡った後、自然博物園事務所に立ち寄り、近田ガイド、真鍋ガイドに挨拶と今夏の月山登山の展望について話込む。

 月山から車で下り、所用のため月山朝日ガイド協会前事務局の横山さん宅を訪ね、ここでも今夏の月山について色々話を伺う。

 横山さん宅を訪れる度、奥様から出される梅の砂糖煮が美味い。美味いだけでなく、その鮮やかな紫蘇の紅色に心奪われる。

 用事を済ませ、自宅に戻り、休日は終わる。

 

【注意】

 月山・姥沢のリフトは現在スキー用に運用されており、リフトで下りの乗車ができません。

 2020年6月16日(火)から18日(木)までの3日間は終日運休、リフトの架け替えが行われます。

 リフトでの登り・下りが可能な夏山リフトは2020年6月19日(金)から開始されます。

 詳細は 月山観光開発ウェブサイト をご覧ください。

| | コメント (0)

5月上旬お仕事日記

5月×日

20200507_191945

巣ごもり生活とやら始まって久しい。

今夜のおかずは、カミさん実家から貰い物のコシアブラ。季節を感じるのは食卓だけという日々。

 

5月×日

 本日は在宅勤務。

 携帯は着信の連続。

 夕方6時過ぎまで、なんだかんだで電話の応対。一日振り返ると、スマホには22件の着信記録。

 ただの現場作業員やってた頃には、音声通話なんて2~3日に一度なんてことも珍しくなかったのに。

 本日の私の心象風景 ↓

 

5月×日

 必要緊急の用件が発生、親方と2人で大型トラックを運転し、日帰り神奈川県出張。

 途中の首都高の車の少なさに、緊急事態宣言下であることを実感。ただし大型トラックやトレーラーは多い。

 マスコミは医療関係者ばかりを取り上げるが、運輸業や建設業はコロナウイルスの脅威の下、平常運転だ。

 神奈川での用件を終え、海老名SAで買物タイム。

 本日は 皇朝 のシューマイセットをお買い上げ。

20200516_183609

翌日の夕食、家族皆で皇朝のシューマイを喰う。

 

5月×日

 今回も、

20200517_222847

 自然公園指導員委嘱を賜る。

 今シーズンはコロナウイルス禍もあわせて山あり谷ありのシーズンになりそうだ。

| | コメント (0)

復習するは我にあり

コロナウイルスという災厄下の連休日記。

5月×日

 連休直前に、出張班から関連会社への提出物を預かる。

 その他諸々の内業もあるので、通いなれた工場の事務室に出勤。連休後半初日で無人の事務室。

 各地から戻った出張班の若い衆たちのツナギ服が山と積まれているので、洗濯しながら、事務室で内業をこなす。

 工場の事務室、エアコン有り、大型モニター兼テレビ有り、wifi電波有り、コーヒーとお湯有り、山形新聞の配達有りと、1人で過ごすには最高の設備である。

 ダメ元で関連会社に電話をかけてみると、取締役のUさんが休日出勤していた。嗚呼、ここにも日本の企業戦士が一人。

 恐縮ながら事情を話し、車で数分の所にある関連会社へ行き、提出物を預かってもらう。

 時間をみて洗濯機から洗濯物を取り出し、まだ残っているツナギ服を洗濯機に入れ、また内業するというループ作業。

 内業を一区切りつけ、山形新聞を読む。今日の占い欄、2月生まれは・・・

20200503_175315

『仕事を忘れ、愛する人と共に過ごす時間吉』と書いてある。

 洗濯を終え、事務所を施錠し、さっさと帰る。

 

5月×日

 20200502_221150

 先日の夕食のおかずの豆苗(とうみょう)、  茎と葉を切り取った種子の部分を水に漬けておく。ここ最近の暑さで、凄いスビードで成長。台所で生命力を感じる一コマ。

 

5月×日

 20200503_182132

 世の人々は退屈だというが、こちとら身に着けたい知識はまだまだある。

 いつも会社の机に入れてある『測量トレーニングノート』。立正大学で測量学の単位は取得したが、就職して実務で測量を行うとなると、いわゆる測量士・士補の資格試験テキストは枝葉が多すぎて、あまり役立たない。実践的でかつ偏差値50の私の頭でも理解できるよう、社会人になってから購入した、農業高校生向けのテキストが一番わかりやすく、今でも愛用。連休利用して読み返す。

 復習するは我にあり。

 

5月×日

 山に行かない日々、里山をジョギングし、昼は老母の買物に付き合い、午後はのんびり読書というルーチンワーク。

 20200505_082605

里山とはいえ、いろんな花が咲き始めた。

20200505_082930

里山登山口にある植栽のツツジは紅色なのだが、山上のツツジは淡いピンク。その淡さが野性味を感じさせる。

20200505_085406帰路の河川敷も春の花で彩られている。コメツブツメクサ・・・かな? 

黄、白、青、各種の花の鮮やかさに『雑草という名の草は無い』という昭和天皇のお言葉を思う。

 

5月5日

 20200505_151052

カミさんから出された柏餅に、「ああ、子供の日だっけ」と思い出す。

来る日も来る日も報道はコロナばかり。

メディアでは子供の日の明るい話題は無いが、家族が元気に過ごしていてくれれば、それで十分。

| | コメント (0)

会津山岳会発行『すかり 小谷部明追悼号』

20200503_181913

 ご縁があり、郡山在住の登山家 保坂昭憲氏より会津山岳会発行『すかり 小谷部明追悼号』を送っていただいた。

 故・小谷部明氏は2018年に北日本海外登山研究会K2登山隊を隊長として成功に導き、2019年2月、中央アルプス宝剣岳で亡くなられたクライマー。

 室蘭工大ワンゲルOBである氏は山スキーと沢を得意とし、会津山岳会でも存分にその才能を発揮。

 それだけでなく日本山岳耐久レース、山岳スキー競技会、MTBオリエンテーリング世界大会など、狭い分野にこだわらず貪欲に活躍していた。

 驚かされるのはその几帳面さと研究熱心さ。厚い追悼集の大部分を占める小谷部氏自身による手記は、失敗も成功も、まるで医師のカルテを覗いたように (いや、たとえでして、私医師のカルテ読んだことないけど) 冷静に綴られている。

 その生涯で3度挑んだK2登山の記録。初めての遠征では高所順応に苦しみ、周囲のメンバーとのプレッシャーを感じながらも、決して自分のペースを乱すことなく行動している点に、強靭な意思が現れているといえよう。

  また、このような会報を出版物として発行できる会津山岳会の「地力」に敬意を表したい。

 かつて『山と渓谷』、『岳人』の数ページを彩っていた「山岳団体の会報紹介」のページは各団体の動向を知る手がかりとなっていたのだか、WEB全盛の今では知る人も少ないのではないだろうか。

 紙の出版物なんて古いと言われそうだが、近年になってニフティやヤフーがホームページサービスから撤退し、貴重な山行記録がWEB上からあっさりと消えている現実を思えば、そうとも言えまい。

 まだまだ活躍が期待される年齢であった故・小谷部明氏にあらためて哀悼の意を表します。

| | コメント (0)

クリス・ボニントン、コロナ危機によるロックダウンを語る

 イギリスの「社会派」アウトドアサイト grough にて取り上げられていますが、クリス・ボニントンがバーグハウス社を通じてyoutubeでコロナウイルスによるロックダウンに関するコメントを公表しました。

Sir Chris Bonington likes Covid-19 lockdown to being holed up in expedition tent  by grough 2020.5.1

 タイトルにあるように、コロナウイルスによるロックダウン(封鎖)を遠征登山での停滞になぞらえ、かつ「stay active」、身体を動かし続けることの大切さを語っています。

 当ブログのテキトーな文字起こしは次の通りです。

『 遠征登山に赴くこと、それは素晴らしいものです。

  家庭から抜け出し、育児やあらゆる責任から逃れ、多くの時間があります。

  テントや雪洞で何日間も何もできず停滞しているときは、あなたはただ時が流れることに身をゆだねるだけです。

 それをやりましょう。それが私たち皆がやらなければならないことです。しばらくの間、最高にやりたいこと、素敵なことを考えることができるのです。

 最初は夢のようなものですが、あなたが本当に行ってみたいところ、やりたいことを見つけることです。

 私は今までで気に入った、最も美しい場所を尋ねられましたが、1960年代初めにサザーランドにあるシルヴェン(Suilven)という山に行きました。

 私と仲間達だけでシルヴェンに登り、湖と小さい島々が織りなす原野を見渡すことができて、私の人生で最も素晴らしい経験の一つでした。

 今、何が起こっていても、実際に外に出ることができますし、運動することも奨励されています。

 私はカンブリアに住んでいて、家の裏には丘があるので好きなだけ歩けますが、ロンドンにも公園があり、ストリートを歩くだけでも、楽しむことができます。

 座らないで、歩き続けること。私は座るのが嫌なんで、ゆっくりと、ゆっくりと、ゆっくりと着実に歩き続けること、それが重要です。

 3か月後、おそらくは6か月後には収束します。でも丘は私たちのために、常にそこにあるのです。

 本当に重要なことは、政府のガイドラインを遵守し、見守りましょう。

 私たち皆がやりたいことをすぐにでもやれるように、あらゆることの推移を見守りましょう。』

 好天に恵まれた連休、自粛自粛の最中で麓から山を眺めるだけの、ストレスフルな日々を送っている方も多いかと思います。

 日本とイギリス、社会や文化、政策の違いはありますが、日本を遥かに上回る死者を出したイギリス社会に住み、豊富な遠征登山の経験を持つクリス・ボニントン氏が発するコメントに耳を傾けてもいいでしょう。

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »