« 酒仙の墓 | トップページ | 蜂の巣駆除 »

今日、浄土を見た

P1_20200628202401

7月1日の山開きを控えて、月山・姥沢ルートへ。

P2_20200628202501 

姥ヶ岳一帯はチングルマが絶賛大公開中。

P5_20200628202601

月山山頂にて、クロユリと対面。昨年、一昨年と数が減少していたが、今年は比較的多くみられるようだ。

P7_20200628202801 

山頂小屋前の細道に入り、クロユリの群生を確認。

梅雨模様で気象予報の情報も安定しない。

午前中は大雨の予報を承知の上で、着古した雨具をいつでも出せるようにパッキングしてきたが、結局降られずに済んだ。

山頂の花畑で強風にあおられる。

ふと上を見上げると、

P6_20200628203101 

ガスが風で飛ばされ、うっすらと青い空、一面ハクサンイチゲが咲いている向こうに月山神社が姿を現す。

突然、「浄土って、こんな景色かな」という思いが頭をめぐる。

豊富な残雪を利用して下山。

今日は花の咲き具合を観察しながら登ったので、下りは残雪を利用して速攻下山。

速く下りないと、手作り茶屋だんご かたくらの団子が売り切れる!!

P10_20200628203601 

浄土を見た後は団子だよね(意味不明) 本日は直球勝負であんことぬた。

 

-----------------------------------

月山残雪情報 2020年6月28日現在

P11_20200628203801

 姥が岳の斜面は大部分が雪渓に覆われています。中腹部は勾配のきつい斜面が続きます。慣れない方(雪上歩行の経験のない方)はアイゼン必携です。

 姥ヶ岳~金姥の間の雪渓は消失しました。

 P3_20200628204001

 牛首は完全に残雪に埋もれています。(画像中央の黒点は牛首の道標の頭) 一部登山道が露出していますが、鍛冶月光(月山山頂直下の急坂)下部まで雪渓が続いています。画面上部の赤線は、鍛冶月光にむかう登山ルートです。視界不良時のためのロープは張られていますが、道案内のロープのため体重はかけないでください。

P4_20200628204301

鍛冶月光下部に至る雪渓 雪上歩行になれない方はアイゼン着用推奨します。

牛首から四谷沢コース(谷筋を行くコース)の下りも大部分が雪に覆われており、中間部に急斜面があり、過去に幾度も滑落事故が発生しています。アイゼン着用を推奨します。本日の私は鍛冶月光下部の雪渓はキックステップで降り、牛首からはアイゼン着用で下降しました。

ここまで「アイゼン」と表記してきましたが、山開きはじめの時期は軽アイゼンではなく、8本爪以上のアイゼンでの行動をお勧めします。

P8_20200628204501

四谷沢コースからリフト上駅に至る登山道は、いくつもの雪渓で覆われています。(赤線は登山ルート)

P9_20200628205001

上記画像のように、沢筋に雪渓が残っています。これからの雪解け時期、薄い雪渓の踏み抜きによる負傷にご注意ください。

※当記事の雪渓に関する情報は筆者の個人見解であり、月山朝日ガイド協会の公式見解ではありません。雪渓の状況は気温、降水により日々変化します。現地の最新情報を参考にして登山を楽しんでください。

|

« 酒仙の墓 | トップページ | 蜂の巣駆除 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

山岳ガイドの甘味処」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酒仙の墓 | トップページ | 蜂の巣駆除 »