« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

DNAは誰のものか?

コロナでうんざり。

早くワクチンできないかな~と願っている方も多いと思います。

最先端のバイオ企業では、着々とワクチン開発が進められています。

しかし、それが生身の人間の、マイノリティな人々の搾取の産物であったとしたら。

ネパールのシェルパ族は、バイオ企業に「搾取」されているのか。人類のために「貢献」しているのか。

NEPALI TIMES がコロナウイルス特効薬開発の光と影をすっぱ抜きました。

Sherpa genes for COVID-19 treatment?  by NEPALI TIMES 2020.6.23

--------------------------------------------

シェルパの遺伝子がCOVID-19の治療に?
アメリカのバイオテクノロジー新興企業による、シェルパのDNA配列研究が提起する倫理的問題

ネパールタイムズ 2020年6月23日

Nepalsherpa

写真 サガルマタ汚染防止委員会

 アメリカのバイオ企業がネパール・シェルパ族の血中DNAを研究し、高所の低酸素にもかかわらず彼らがいかに成長するかを調べることにより、COVID-19の治療法を見つけようとする試みは、一部の医師やシェルパ族によって批判されている。

 ヴァリアント・バイオ社は、シェルパ族が住む地域の空気中酸素が平地の半分しかないにもかかわらず、彼らにスタミナと持久力を与えているDNAの遺伝子コードを抽出しようとしています。

 同社は研究によって、COVID-19に苦しむ患者の治療法開発に役立つだろうとコメントする。

 バリアント・バイオ社の共同設立者で遺伝学者でもあるステファン・カステル氏は、ニュースレポートの中で「COVID-19では低酸素症で死ぬこともある」と述べる。「おそらく、その住環境の中で健康に保つ方法があるだろう。」

 しかし公衆衛生の専門家は、そのような研究の科学的根拠に疑問を投げかけ、一部のシェルパ族の研究者は、研究の倫理的な問題を提起しています。

「世界中の先住民や辺境地に住む人々の遺伝子がどのように研究にされ、悪用されてきたかを知っています。彼らが私の故郷の人々を民間企業の利益のために利用しようとしているのではないかと危惧しています」

 アメリカ・アリゾナ州立大学、地球宇宙探査学部博士課程の学生であるソナム・フティ・シェルパは語る。

 彼女によると、バリアント・バイオ社のプロジェクトは、ネパール現地の人々がこの研究について知らず、研究に関わるクーンブのシェルパ族でさえ、研究の目的を知らされていない可能性があるため、ゲノム研究、法律、倫理について緊急の警告を発したという。

「この研究はいくつかのレベルで非倫理的です。国際臨床法によると、薬品が特定の地域社会によって開発された場合、その地域社会は薬品からの利益を得るべきであり、そうでなければ非倫理的であり、最終的には違法となります。」と説明する。

 科学者たちがヒマラヤの住人の秘密、標高の低い場所に住む人間が動けなくなるような高度でシェルパ族が活動的である理由を明らかにしようと試みたのはこれが最初ではない。エドモンド・ヒラリーは、かつてネパールのクンブ地域を「世界で最も調査され、検査され、採血され、人類学的に解剖された地域」と表現したことがある。

 COVID-19に対するワクチンと薬物療法の研究は、急性症状を持つ患者に対して絶望的な手段に頼らざるを得ない医師の注目を浴びる。あるニューヨーク市の医師は最近、COVID-19の患者が肺の低酸素症状に苦しんでいたため、高高度肺水腫(HAPE)の治療に使用されるダイアモックスのような薬を推奨した。

「急性高山病用の薬を使ってCOVID-19を治療するのは、全く異なる要因があるため論理的ではありません」と説明するのは、高所医学の専門家であり、イギリスの医学誌にこのテーマに関する論文を共著したBuddha Basnyat氏である。「COVID-19を治療するために高山病の薬を使用することは、潜在的に危険な結果をもたらす可能性があります。」

 しかし、バリアント・バイオ社は、シェルパの遺伝子がCOVID-19だけでなく、代謝障害や免疫反応に関する薬品開発に役立つ秘密が隠れていると確信している。

 過去に開発された多くの医薬品は、世界各地の民族の特質を生かし複製されてきたとして研究を擁護している。 例えば、抗コレステロールの処方薬の幾種類かは、遺伝的に病気になりにくいアフリカ人から抽出されたDNA配列に基づいて開発された。

 バリアント・バイオ社はまた、糖尿病の遺伝的治療薬を発見するために、他民族よりも炭水化物を代謝させる傾向があるニュージーランドのマオリ族の血液からDNAサンプルを取っている。また、フェロー諸島とパキスタン人も対象に研究を行っている。

 同社は、その方法論から倫理的な批判に備えていたようで、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団で感染症研究を率いていたCEOアンドリュー・ファーナム氏は、「治療法を見つける利点が他の懸念事項を上回る」ことをブルームバーグで示唆した。

 バリアント・バイオ社はネパールのシェルパ族の医師を雇い、現地の行政に呼びかけ、10月からネパールで2,000人の血液サンプル採取を支援しているという。同社は、シェルパ文化に関する本の翻訳費用や、クーンブの学校改修費用を負担することで、現地コミュニティに補償する予定という。

 ソナム・フティ・シェルパは「納得していない」とメールでネパール・タイムズにコメントした。
「同社はまだネパール保健研究評議会の許可を得ていないまま、サンプル収集を開始する予定です。民間企業がシェルパや他民族の遺伝子の『著作権』を所有すべきではない。」

-------------------------------------

以上引用おわり

 補足します。

 文中にヒラリーが引用されていますが、ヒラリーはエベレスト登頂に成功後、マカルー登頂を狙った際、標高5300mの高所に「銀の小屋」と呼ばれるプレハブ小屋を建て、自分たち登山隊メンバーを実験台に高所衰退・高所順応の医学実験・調査を行っていたものです。バリバリのバイオ企業の製薬研究と一緒くたにされるのは不本意ですな。

 現実として、世界各地の民族固有の体質そのものが医薬品開発に「貢献」している現代、コロナウイルスワクチン開発という御旗のもとに、いくつもの企業が国家から莫大な支援を受けて研究開発を進めています。

 冒頭に書いたように、特定の民族から得られるDNAデータは搾取の賜物なのか、人類への貢献なのか。

 なんでもかんでも AI に判断をお任せしようという現代、ますます「倫理観」が問われる時代になってきていると考えます。

| | コメント (0)

アンジェイ・バルギェル、コロナウィルス罹患

An_20200721220401

 2018年、K2山頂からのスキー滑降に成功したポーランドのアンジェイ・バルギェルがコロナウイルス陽性であることが判明しました。

Andrzej Bargiel ma koronawirusa."No i mnie dorwalo" by Sport.pl 2020.7.20

報道によれば症状は嗅覚障害がある程度の軽症、自宅療養中ながらも自宅でトレーニングは続けている生活とのこと。

完全なる回復を祈るとともに、我々も気を付けましょう。

| | コメント (0)

2020年ピオレドール生涯功労賞は、

Catherinedestivelle_1

フランスのカトリーヌ・ディスティベルに決定した模様です。

| | コメント (0)

夏山の始まり

18日は休養を取り、19日、予約のあったガイド山行。

クライアントは若い男女ペア。といいつつ、実は私の甥と彼女の2名。

どんよりと朝から分厚い雲に覆われている月山。

姥沢から登り始め、稜線でも冷たい風に吹かれていたが、山頂で昼食をとる頃に青空がひろがる。

P1_20200719215101

 今日の庄内側は厚い雲で何も見えないが、一昨日は雲海で見えなかった村山盆地が見え始め、昼食をとっていた大勢の登山者たちが一斉にスマホを向け始める。

P2_20200719215201

 私たちが昼食を取り終える頃、青空が見え始めて30分もたたないうちにあっという間に暗いガスに覆われ、大粒の雨。

 「女心と山の天気は・・」と、どこかで聞いたようなフレーズがあちこちから聞こえる、昼の月山山頂。

 鍛冶月光を1/3降りたころには、再び暑い日差しが照り付ける。

 周囲の空には積乱雲。長い雨の日々を過ごして、ようやく夏山の始まりを感じる。

| | コメント (2)

雲と雲の間

17日、朝日少年自然の家所員の皆様を引率して月山・姥沢ルートへ。

P1_20200719213501

 どんよりした曇天だったが、登ってみれば雲海だった。

20200717_114002

頭上は高層雲、下界は厚い雲に覆われ、雲と雲の間を登った感じ。

梅雨の大雨が大気中の塵を洗い流したためだろうか、牛首から上り詰めた稜線からは粟島、佐渡島まで眺めることができた。

セカンドを歩く板垣所長が両膝にサポーターを装着した状態のため、なるべく段差の少ない歩みができるよう、コースどりに気を遣う。

20200717_164638

山行を終え、自然の家に戻ってミーティング後、解散。

自然の家駐車場でネジバナを眺める。

今手掛けている作業現場の敷地内も、ネジバナの盛り。

同じネジバナでも、今日は安堵感の中で眺めるネジバナだった。

| | コメント (0)

雨の中

Imgp0011

蝦夷アジサイが咲き乱れる、雨の月山へ雪渓の偵察。

Imgp0001_20200712194901

リフトを下りたところで、「タッキー!」と声をかけられる。

 バラエティ番組『それスノーマンにやらせてください』で無謀な若手タレントを一喝しつつも、親切に月山湧水地に案内、ツイッター世界トレンド2位を記録した今やレジェンドな真鍋ガイドに声をかけられる。今日は山形県自然博物園の企画事業、清掃登山とのこと。

 なりゆきで、若手ホープ伊藤ガイドと共に姥ヶ岳雪渓のカッティング作業に加わる。姥ヶ岳の雪渓も融解して2箇所になっていた。

 姥ヶ岳で皆さんと別れ、私は牛首へ。

Imgp0004

雨天ならではの、美しい光景もある。まだチングルマがたくさん。

Imgp0009 

コロナ禍の影響で今年は東北の山を目指そうという初心者山ガールの皆様、月山では可憐なアオノツガザクラが皆様をお待ちしております。

Imgp0003
今年は月山でも行ってみようかという元・山ガールの皆様、有毒植物のコバイケイソウが皆様をお待ちしております。

牛首到着11時。下から登ってくる登山者もおられましたが、私は風と雨の様子をみて牛首から下山。

Imgp0007

 金姥~牛首の稜線にて。

 左側に明瞭な踏み跡がみられますが、ここは登山道ではありません。植生保護のためにも、雪渓をお進みください。

 (正規の登山道は石畳で雪の下です。)

Imgp0008

最近の悪天で雨水が雪渓下を流れて雪渓を溶かし、雪渓末端が非常に薄くなっています。

雪渓の入り口・出口での踏み抜きにご注意下さい。

(バスンと音をたてて巨大な雪塊と共に体が沈んだりと、本日は私も数回踏み抜きました)

Imgp0012

姥沢の駐車場に下山、帰路はツルアジサイ、蝦夷アジサイを眺めながら帰る。

| | コメント (0)

さすらいの作業員日記 2020年初夏編

県外移動解除明け、さすらいの作業員生活。

6月×日

 気仙沼に出張。

P1_20200705220201

夜のお供は、「かわらけかりんとう」。

 

6月×日

 所用で山形から岐阜県某所へ。コロナ対策もあり、若手E君と運転交代しながらハイエースで岐阜に移動。

 岐阜県某所の名物・栗きんとんを買う暇もなく、途中の梓川SAで、

P2_20200705220601

信州土産はやっぱりコレです。

 

7月×日

 現場作業も終え、日曜。

 近所からのもらい物の「ビワ」を受け取る。

P3_20200705220701

梅雨の季節の、自然の恵み。

| | コメント (0)

民衆を叩く人々 アメリカ・パークポリス

毎日ニュースで話題になっている、アメリカの大規模デモ。

デモ参加者を容赦なくぶちのめす警官隊。

彼らの正体は、アメリカ国立公園局に所属する「パークポリス」でした。

一見、政治的事案と何の関係もない国立公園の所属部門であるパークポリスがいかにして民衆を弾圧する精鋭部隊となったのか。

その一端を、自然保護団体シェラクラブ機関紙が記事にしていました。

Why Does the National Park Service Have a SWAT Force? by SIERRA 2020.6.15

以下記事引用開始

-------------------------------------------------------

Police

警察は2020年6月1日、ラファイエットパーク周辺のエリアを排除しました。 Photo by AP通信 ALEX BRANDON

オピニオン記事

執筆者 JEREMY MILLER(ジェレミー・ミラー)
※ここで表明された意見は、執筆者の意見であり、必ずしもシエラクラブの公式見解を反映するものではありません


 2週間前、ワシントンDCで起こった警察による恐ろしい暴力行為-大統領警護チームが教会の前での写真撮影のため、平和的なデモ参加者を排除したことで、今後何十年にもわたり記憶に刻まれることになるだろう。6月1日、ホワイトハウス近くのラファイエットスクエアに数千人のデモ参加者が集まり、ミネアポリスの警官によるジョージ・フロイド氏殺害に抗議した。何の前触れもなく、「US Park Police」と書かれた盾を持った警官たちが群衆に襲い掛かった。現場にいあわせた非暴力のデモ参加者やジャーナリストたちは、催涙ガスを浴びせられ、警棒で殴られ、「低致死性」の銃弾で撃たれた。

 その直後、ドナルド・トランプは鎖でガードされたホワイトハウスから現れ、ペンシルベニア通りを渡り、セントジョンズ・エピスコパル協会に向かった。武装した警官の間をすりぬけ、しかめっ面とにや笑いを浮かべ、トランプは娘がデザインしたハンドバッグから聖書を取り出し、高く持ち上げた。

 多くの批判は警察の対応の悪質さと大統領の写真撮影の政治的破綻に焦点を当てていたが、より根本的な質問には答えられていない。トランプの個人的な暴力集団として行​​動した警官たちは何者なのか?なぜ彼らはここにいるか?そもそも、そのような部隊は存在すべきなのか?

 ウールのセーターにハット姿、笑顔のレンジャーで最もよく知られている連邦政府機関所属の国立公園局。USパーク・ポリスは、首都と周辺の連邦政府のランドマーク保護を任務とする、国立公園局の特別部署である。USパークポリスは、ニューヨーク市とサンフランシスコの連邦施設でも警備を担当しており、全国の市警同様に、伝統的な警察というよりも、準軍事部隊のような存在である。USA Todayの取材によると、 議会の予算削減により講演管理局は2005年以降、法執行スタッフの20%削減を余儀なくされましたが、デンバー警察より大規模な1750人以上の隊員を擁している。

 その強力さは、ここ数週間、ホワイトハウスの周辺にチェーンバリケードを設置し、抗議者を公園から排除し、リンカーン記念碑やワシントン記念碑からも遠ざけたことで明らかになっている。

 市民たちのデモに対するパークポリスの暴力行為は 違憲である可能性が非常に高い。その強硬な戦術は「この世代と将来の世代の楽しみ、教育、インスピレーションのために、国立公園システムの自然および文化的資源と価値を損なわないよう保存する」という国立公園システムの使命にも反している。

 皮肉なことに、国立公園局の近代的な警察組織は、警察の不正行為による悪名高いエピソードにまで遡ることができる。記事「その銃は熊のためのものか?」の筆者であり研究者のアリス・B・ケリー・ぺナズ氏によると、「1970年のヨセミテ暴動は、 7月4日の週末に約500人の若者がヨセミテのストーンマンメドウに集まった時に始まりました。集会はすぐに、アルコール、ドラッグ、ヌードなどの反社会的な「ハプニング」に変化しました。公園のスタッフは、すでに混雑したヨセミテバレーの他の訪問者への迷惑になることや、草原の生態系へのダメージを懸念して、若者たちと対立し、衝突した。緊張が高まるにつれ、若者たちは草原を「占領区」と宣言した。ある者は「殺し屋のレンジャーが我々の聖域を奪おうとしている」とニューヨーク・タイムズに語り、あるものはヨセミテバレーを奪還するために「10,000人の軍隊をよこせ」と要求しました」

 拡大する群衆を分散させようと、公園局は夜間外出禁止令を出しましたが、自称占領者たちはこれを無視しました。その後、パークレンジャーは暴力で対応しました。ある目撃者は、暴動の最初の瞬間をこのように説明しています。「パークレンジャー、整備作業員、さらには建設ヘルメットを着用し、斧の柄で武装したナチュラリストまでもが草原に出てきた」  他のレンジャーは馬に乗って、警棒と催涙ガスを使って群衆を一掃しようとした。群衆は、道路に火をつけ、パトカーを転覆させ、反撃した。数時間後、公園スタッフは最終的に彼らを鎮圧した。周辺の町から警察官の応援を得て、レンジャーは130人以上を逮捕した。後日の調査では、寄せ集めのヨセミテ警備チームが多くの違法な取り締まりを行っていたことが明らかになった。不適切に没収された金品の目録を作成し、違法な捜索を行ったことに加え、レンジャーは「ヒッピー」を鎮圧するために過剰な暴力を行使したと目撃者から非難されています。


 ペナズ氏によると、ヨセミテの暴動は分水嶺だったという。「暴動は、法の執行と国立公園局内でのレンジャーの姿について、二極化した見解になっていたものを先鋭化した」とペナズは述べる。「公園局が法執行プログラムを専門化し、訓練を強化し、法執行官としてのレンジャーの役割をより明確にする必要があると考える人々がいました。その一方で、法の執行に反対する人や、公園内では法の執行は見えないままでいてほしいと考える人もいました」

 公園内での「見えない」法の執行を求める人々は、すぐに、そして確実に排除された。1971年、議会は法の執行に力を入れ、人材育成と訓練に50万ドル以上の予算を計上した。過去50年間、国立公園局は数十億ドルもの税金を投じて警察能力を強化してきた。1975年、国立公園局は特殊部隊を設立、オートバイ、警備犬、航空隊、そして完全装備のSWAT部隊を含む。公園局のWebサイトによると、SWAT部隊は「サブマシンガン、アサルトライフル、スナイパーライフル、および低致死性武器を含む様々な武器に精通している」という。9.11後の「テロとの戦い」では、手榴弾やM-16ライフルなどの軍用兵器が公園局に流入した。今日ではアメリカ西部の国立公園、ほとんど人が訪れることのない国立公園でも、法執行機関のレンジャーが大型のピックアップトラックやSUVを運転しているのを目にすることは珍しいことではない。

 トランプ政権が国立公園管理局の予算削減(ホワイトハウスが提案した2021年予算案では、内務省の予算を14%削減)を提案しているのにもかかわらず、国立公園管理局は「特殊部隊」プログラム、特に行政府の高官の警備プログラムに資金を注ぎ込もうとしている。2021年の予算では、公園管理局は内務長官を警護するための専用警備部隊のために140万ドル近くを要求した。その理由は、「長官はテロ行為、暴力行為、外国情報機関の脅威、嫌がらせの標的になる可能性があるからだ」というものです。予算要求によると、追加職員は警護するだけでなく、「内務長官に向けられた不適切な通信、脅迫、組織的抗議、市民的不服従などの潜在的な要素を積極的に嗅ぎつける」ことになるという。

 2週間前のラファイエットスクエアでの抗議者への虐待に戻ろう。パークポリスが動員されたのは、史跡を守るためでも、市民が平和的に抗議する権利を保証するためでもない。その数時間前にはホワイトハウスの地下の地下壕に退却したと報じられた大統領を守るためである。 これは単に連邦政府のリソースの浪費であり、米国の数少ない真に愛すべき連邦機関の一つを汚しただけでなく、米国の「best idea」を守るために作られた警察組織の悪用でもある。

 これに対して、下院自然資源委員長のラウル・グリハルバ率いる民主党議員は調査を要求し、警察に命令を出した政府関係者の身元を明らかにし、暴力行為に関与した他の法執行機関のリストを要求した。上院では、上院エネルギー・自然資源小委員会国立公園委員会のメンバーであるメイン州の無党派議員アンガス・キング氏が、6月1日の事件について懸念を表明するため、内務長官デビッド・バーンハート氏に書簡を提出している。「これらのデモの間、パークポリスは、他の警察機関の中でも、過剰な暴力、催涙ガス、低致死性弾丸を使用して、公園から無差別に抗議者を排除したとみられる。」


 グリハルバ議員とキング議員は、懸念事項のリストに加えて、最後通告を要求することを提案した。

 アメリカのパークポリスが国立公園局の民主的な価値観を守ることができないのであれば、政治的なデモ参加者を攻撃するための実行部隊にまで矮小されているのであれば、解散すべきである、と。

----------------------------------------------------------

以上引用おわり

 文中のSWATとは、サディスティック・ワースト・アメリカン・チームの略(嘘です。アメリカのジョークです)ではなく、Special Weapons And Tactics の略で、要は特殊部隊のことですね。

 アメリカ国立公園局にこのような部署が存在することは、私も不勉強ながら記事を読むまで知りませんでした。

 クライマー、クライミングを長くやっている連中なら、ヨセミテキャンプ場でのパークレンジャーとのいざこざや、著名クライマーの「武勇伝」なんかを聞いたことがあるかと思います。

 日本でも、そんなヒッピー文化の影響を真に受けたバックカントリースキーヤーやクライマーの爺が「登山は反社会的・・・」と持論を唱えてますが、この記事を読む限り、アメリカ国家権力の恐ろしさを知ってて書いてんの?という気がします。

 香港を蹂躙する国家保安法に対して中国と対立するアメリカですが、民衆を弾圧する国家権力機関が国立公園管理局にも存在するという、私にとってもショッキングな記事でした。

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »